ギフトが1,000円貰えるキャンペーン再開

MacBookProのUSB-Cハブの比較・おすすめしたい10モデル

MacBook Pro おすすめUSB-Cハブ

「USB-Cポートが足りない」
「Apple純正コネクタ、ダサい」

新しいMacBookProには「USB-C」端子しかないので、今ままで使っていたUSBは使えません。

二口しかない

iPhoneの充電ケーブルも旧USB規格なので、使うことが出来ません。これまで使っていたUSB機器を使うためにUSB-CハブはMacBookユーザーに必須アイテム。

AppleでもUSB-C対応のハブ(コネクタ)が売られていますが、デザイン的に問題が。ピョロっと飛び出てしまって、MacBookの洗練されたデザインに合わないんです。

純正コネクタはダサい
/img/yome_c.jpgヨメ

デザインを捨てて使い勝手を取るか、我慢してデザインを取るかの二択…

「おしゃれなハブを使いたい!」
「MacBookProがダサくなるのは絶対嫌!」

と思っている方は多いのではないでしょうか?

本日は、MacBookのデザインを損なわないおしゃれで高機能なハブを紹介します。MacBook Proの周辺機器も、おしゃれなものに統一しましょう。

製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。

 MacBook ProにおすすめUSB-Cハブ(一体型)

これ一つで全てがつながる。外出時もこのハブ一つを抜くだけで全てを取り外し、簡単に持ち運びできるオールインワンの高性能USB-Cハブを紹介。自宅での作業が快適になること間違いなしのアイテムです。

自宅使いも持ち運びもできるUSB-Cハブ。

チェックしたいポイントは「MacBookにどれくらい馴染むか」です。好みに合わせて4種類から選びましょう。

LENTION

おすすめUSB-CハブLention

持ち運び据え置き

コスパ
(4.0)
端子の数
(3.5)
オススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)

フラットデザインがMacBook Proに自然に馴染む

側面がフラットなデザインなので、MacBook Proと繋いだ時に段差がなく、とても美しい。

紹介したUSB-Cハブはコレ!

UCOUSO

コスパ
(4.0)
端子の数
(3.5)
オススメ度
(3.5)
総合評価
(4.0)

持ち運び据え置き

合皮ケース付きでおしゃれに持ち運び

デザイン面での差はほとんどありませんが、専用のケースが付属するのが特徴です。持ち運びがおしゃれになりますね。

角が削られているので一体感は少し有りませんがおすすめです。

紹介したUSB-Cハブはコレ!

iMXPW(アイ マックス パワー)

持ち運び据え置き

コスパ
(4.0)
端子の数
(3.5)
オススメ度
(3.0)
総合評価
(4.0)

デスクのスペースが限られている人はコレ

デスクの奥行きが足りない人はこれ。他のメーカー品は外部ディスプレイに出力するHDMI端子が背面についていますが、このメーカーだけは側面にあります。

ケーブルを後ろに挿さないので、奥行きが節約できてMacBook Proをデスク奥ギリギリに置けます。デスクを広く使いたい人にもおすすめですね。

紹介したUSB-Cハブはコレ!

もっと詳しくiMXPWの一体型ハブレビューを読む

Satechi

持ち運び据え置き

コスパ
(4.0)
端子の数
(3.5)
オススメ度
(3.0)
総合評価
(3.5)

ロゴが印字されていないのでMacBook Proに馴染む

他社製品とは違い、表面にメーカー名「Satechi」ロゴが印刷されていない。
MacBookProと一体化するためには、他社のロゴなど必要ないのです。

角に丸みを持たせたデザインです。最低限のポイントはクリアしたハブ。

紹介したUSB-Cハブはコレ!

一体型USB-Cハブのおさらい

どれか一つ買っておきたい4つをハブを紹介しました。デザイン面は絶妙に違うので、悩みますよね。

ここで、ニーズ別におすすめをおさらいしておきます。

ニーズ別のおすすめUSB-Cハブ

  • MBPとフラットに一体化させたい…LENTION
  • ケース付きでおしゃれに持ち運びたい…UCOUSO
  • デスクスペースを広く取りたいiMXPW
  • シンプルな見た目で純正風に使いたい…Satechi

では、ここからはケーブルタイプのUSB-Cハブを紹介していきます。

こちらもおしゃれなものが多いです。たくさん見て、たくさん悩んでくださいね。

MacBook ProにおすすめUSB-Cハブ(ケーブル型)

外出時にMacBook Proと周辺機器を繋ぎたい時におすすめ。

持ち運ぶための携帯性を考えた、おしゃれなUSB-Cハブです。携帯性だけでなく、端子の種類も重要。

何より一番大切なのは、スタバでMacBookを広げてドヤるためのデザイン性。

AUKEY 8in1

おすすめのUSB-Cハブ

持ち運び据え置き

コスパ
(4.5)
端子の数
(5.0)
オススメ度
(4.0)
総合評価
(4.5)

シンプルで美しいアルミ加工のボディ

おしゃれなシルバーのボディ。古い会議室を借りた時などにVGA端子が必要になる場合があります。もしもの時を考えて、ついてあると助かるのがVGA端子です。

表面がアルミ加工なので、MacBookに自然に馴染みます。

USB-A2ポート(USB3.0)
USB-C1ポート(USB3.1 Gen1)
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
HDMI1ポート
DisplayPort×
VGA1ポート
イヤホンジャック×
LANポート1ポート(1000Mbps対応)

紹介したUSB-Cハブはコレ!

AUKEY
¥5,980 (2020/05/26 02:56:03時点 Amazon調べ-詳細)

UPVICH 7in1

持ち運び

コスパ
(4.0)
端子の数
(4.5)
オススメ度
(4.5)
総合評価
(4.5)
ケーブル収納できてカバンの中がスッキリ

USB-Cハブでは珍しい、ケーブルを本体に収納できるハブ。ケーブルがなくなるので、カバンの中がごちゃごちゃになりません。

とても軽く、なんと卵二個ぶんの軽さ!携帯にはベストですね。こちらもVGA端子付きです。

USB-A3ポート(USB3.0)
USB-C1ポート(USB PD対応)
SDカード×
MicroSDカード×
HDMI1ポート(4K@30Hz)
DisplayPort×
VGA1ポート(1080P)
イヤホンジャック×
LANポート1ポート(1000Mbps対応)

紹介したUSB-Cハブはコレ!

ATZEBE ドッキングステーション

据え置き

コスパ
(3.5)
端子の数
(4.5)
オススメ度
(4.0)
総合評価
(4.0)

スタンドとして使えるアイデアハブ

UCOUSO

最大の特徴は、ハブ自体をMacBook Proの下に敷けること。タイピングがしやすくなり手の疲労が軽減します。

持ち運びも可能ですし、据え置きにしてもスペースを全く取りません。「ハブ+作業スタンド」になる一石二鳥のコスパ最強商品です。

作業スタンドをまだ持っていない人は、このハブがおすすめ。

USB-A3ポート(USB3.0)
USB-C1ポート(USB PD対応)
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
HDMI1ポート(4K@30Hz)
DisplayPort×
VGA1ポート(1080P)
イヤホンジャック1ポート(in/out)
LANポート1ポート(1000Mbps対応)

紹介したUSB-Cハブはコレ!

ATZEBE
¥4,999 (2020/05/26 02:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

LENTION 6in1

持ち運び

コスパ
(3.0)
端子の数
(4.0)
オススメ度
(3.0)
総合評価
(3.5)

ベーシックな持ち運び用ハブ

定番の4種6ポートのUSB-Cハブ。発熱が心配な人は、一体型ではなくこちらを持っておくといいでしょう。

持ち運びだけでなく自宅でも使うことができます。USB-C端子、HDMIモニター出力、USBは4つついていて機能は十分。シンプルに使いたい人におすすめ。

USB-A4ポート(USB3.0)
USB-C1ポート(USB PD対応)
SDカード×
MicroSDカード×
HDMI1ポート
DisplayPort×
VGA×
イヤホンジャック×
LANポート×

紹介したUSB-Cハブはコレ!

LENTION
¥3,780 (2020/05/26 01:31:29時点 Amazon調べ-詳細)

もっと詳しくLention USB-C ハブレビューを読む

ICZI 8in1

持ち運び据え置き

コスパ
(4.0)
端子の数
(4.5)
オススメ度
(3.0)
総合評価
(3.5)

不思議な丸いデザインが可愛いハブ

円形の本体に、ケーブルをくるっと巻きつけて持ち運ぶ不思議な形のハブ。端子の数も8口と多く、重宝します。

VGA端子あり。高速充電に対応。

USB-A2ポート(USB3.0)
USB-C1ポート(USB PD対応)
SDカード1ポート
MicroSDカード1ポート
HDMI1ポート
DisplayPort×
VGA1ポート
イヤホンジャック×
LANポート1ポート(1000Mbps対応)

紹介したUSB-Cハブはコレ!

ICZI 8-in-1多機能LANハブ
ICZI

CalDigit USB-C Pro Dock

据え置き

コスパ
(3.0)
端子の数
(5.0)
オススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)

ケーブル一本で二画面出力可能な万能ハブ

10in1の超大口のUSB-Cハブ(ドッキングステーション)です。シンプルなデザインでデスクの邪魔になりません。

最大の特徴は、ケーブル1本でモニターを二画面出力できること。4K60Hzの高画質・大画面の作業ができます。

前面にUSB-AとUSB-A・SDカード・イヤホンジャックがついているので、ノートパソコンをデスクトップPCのように使えます。モニター出力はDisplayPortを利用します。

USB-A3ポート(USB3.1 Gen1)
USB-C1ポート(USB3.1 Gen2/Thunderbolt3)
SDカード1ポート
MicroSDカード×
HDMI×
DisplayPort2ポート(4K@60Hz)
VGA×
イヤホンジャック1ポート(in/out)
LANポート1ポート(1000Mbps対応)

紹介したUSB-Cハブはこれ!

CalDigit
¥30,800 (2020/05/26 00:28:05時点 Amazon調べ-詳細)

もっと詳しくCalDigit USB-C Pro Dockレビューを読む

ケーブル型USB-Cハブおさらい

デザインや使い勝手の異なるケーブル型のハブを紹介しました。ケーブル型は抜き差ししやすいですし、位置を移動できて場所を選びません。

一体型とケーブル型の違いは、デザインだけ。ここは完全に好みで選んでしまいましょう。

AUKEY
¥5,980 (2020/05/26 02:56:03時点 Amazon調べ-詳細)
ATZEBE
¥4,999 (2020/05/26 02:56:04時点 Amazon調べ-詳細)
LENTION
¥5,880 (2020/05/26 01:10:19時点 Amazon調べ-詳細)
ICZI 8-in-1多機能LANハブ
ICZI
CalDigit
¥30,800 (2020/05/26 00:28:05時点 Amazon調べ-詳細)

MacBookおすすめハブまとめ

MacBook ProのデザインにピッタリのおすすめUSB-Cハブを紹介しました。

まとめとして、マサオカブログがおすすめするUSB-Cハブをタイプ別に3つピックアップします。

最初の1つ目におすすめ

初心者1つ目のハブとしておすすめしたいのは、iMXPW一体型ハブです。8口6種のポートを搭載した、オールインタイプの高機能ハブ。

iMXPWはMacBookに合うデザイン

表面がフラットでMacと接続した際に段差がなく美しく見えるのと、HDMIとUSB-Cが隣接しているので、必要ポートがまとまります。将来的にモニターを増やしたい人にはHDMI端子付属がおすすめです。

iMXPW
https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka.jpgマサオカ

HDMIで外部ディスプレイ・USB-Cは給電として使うことを想定しています!

レビュー記事iMXPW USB-CハブはデュアルディスプレイにもおすすめのMacBook専用ハブ

【iMXPW USB-Cハブ レビュー】MacBookProにおすすめの8口アルミニウム一体型ハブ
/img/masaoka_a.jpgマサオカ

MacBookユーザーは外付けディスプレイを使うことも多いので、HDMI端子は必須級。

クラムシェルモードで使いたい人

また、ケーブルタイプのLENTION6in1は、クラムシェルモードでディスプレイを使うときに使い勝手がいいです。

LENTIONハブ

こちらも、HDMIとUSB-Cポートが隣接しているので、配線がとても美しくまとまります。

LENTIONハブ

レビュー記事充電しながらディスプレイ出力対応!フルアルミの6口USB-CハブLention USB-C ハブはケーブルがまとまるMacBook Proにおすすめのフルアルミハブ

LENTION USB-Cハブ【LENTION 6in1レビュー】充電しながらディスプレイ出力対応!フルアルミの6口USB-Cハブ

モニターを二枚増やしたい人

MacBookにモニターを2つ接続したい場合は、間違いなくUSB-C Pro Dockがおすすめ。

USB-C ハブ ドック

DisplayPort1.2出力でモニターを4K60Hzの高画質描写ができます。さらに、電力供給やSDカード・USB-C×1・USB-A×3ポートが付属。

トリプルディスプレイ方法

MacBookにはケーブル一本で全てが繋がります。コンパクトなサイズで一番高機能なハブです。

レビュー記事 ケーブル一本でディスプレイ2枚出力・MacBookの給電可能なハブ「USB-C Pro Dock」

USB-C ハブ ドックCalDigit USB-C Pro Dockレビュー|ケーブル一本でトリプルディスプレイ!10ポートUSB-Cマルチドック

MacBookProにディスプレイを増やす方法はこちらの記事「ノートパソコンにディスプレイを増やす方法」で紹介しているので、合わせてご覧ください。

自分の使い方をよく考えて、最適なUSB-Cハブを選びましょう。

本日はここまで。ありがとうございました。マサオカ(@iMassa07)でした。

/img/yome_a.jpgヨメ

まだ悩んでる人は…
下のリンクをクリックするとページ上まで戻ります。もう一度見直してしっかり悩もう!

一体型のハブをもう一度見る

ケーブル型のハブをもう一度見る

AUKEY USB-CハブCB-C65AUKEY”CB-C65”はコスパ最高の持ち運びUSB-Cハブ レビュー おしゃれなおすすめ電卓デスクが映えるApple風おしゃれ電卓おすすめ3選 MacBookスタンドMacBookのPCスタンド比較!おすすめ8選【クラムシェル・作業用】 MacBookPro周辺機器まとめ【2019】MacBookProにおすすめの周辺機器・アクセサリーまとめ おすすめモバイルモニターMacBookのモバイルモニターおすすめ3選【持ち運べるデュアルディスプレイ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です