絶対読みたいおすすめ漫画

MacBookProのUSB-Cハブの比較・おすすめ10選

「USB-Cポートが足りない」

「Apple純正コネクタ、ダサい」

2016年以降のMacBookProには「USB-C」という規格が採用されています。今ままで使っていたUSBは使えません。

二口しかない

 

iPhoneの充電ケーブルも旧USB規格なので、使うことが出来ません。これまで使っていたUSB機器を使うためにUSB-CハブはMacBookユーザーに必須アイテム。

AppleでもUSB-C対応のハブ(コネクタ)が売られていますが、デザイン的に問題が。
ピョロっと飛び出てしまって、MacBookの洗練されたデザインに合わないんです。差込口も足りないので、やはりUSB-Cハブは必須だといえます。

純正コネクタはダサい

ヨメ
デザインを捨てて使い勝手を取るか、我慢してデザインを取るかの二択…

「おしゃれなハブを使いたい!」
「MacBookProがダサくなるのは絶対嫌!」

と思っている方は多いのではないでしょうか?

本日はMacBookのデザインを損なわない、おしゃれで高機能なハブを紹介しますね。MacBook Proの周辺機器も、おしゃれなものに統一しましょう。

製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。

 MacBook ProにおすすめUSB-Cハブ(一体型)

これ一つで全てがつながる。外出時もこのハブ一つを抜くだけで全てを取り外し、簡単に持ち運びできるオールインワンの高性能USB-Cハブを紹介。自宅での作業が快適になること間違いなしのアイテムです。

自宅使いも持ち運びもできるUSB-Cハブ。チェックしたいポイントは「MacBookにどれくらい馴染むか」です。好みに合わせて4種類から選びましょう。

LENTION


コスパ
(4.0)
端子の数
(3.5)
オススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)

持ち運び/据え置き

フラットデザインがMacBookProに自然に馴染む
側面がフラットなデザインなので、MacBook Proと繋いだ時に段差がなく、とても美しい。

紹介したUSB-Cハブはコレ!

UCOUSO


コスパ
(4.0)
端子の数
(3.5)
オススメ度
(3.5)
総合評価
(4.0)

据え置き/持ち運び

合皮ケース付きでおしゃれに持ち運び
デザイン面での差はほとんどありませんが、専用のケースが付属するのが特徴です。持ち運びがおしゃれになりますね。

角が削られているので一体感は少し有りませんがおすすめです。
紹介したUSB-Cハブはコレ!

iMXPW


コスパ
(4.0)
端子の数
(3.5)
オススメ度
(3.0)
総合評価
(4.0)

持ち運び/据え置き

デスクのスペースが限られている人はコレ
デスクの奥行きが足りない人はこれ。
他のメーカー品は外部ディスプレイに出力するHDMI端子が背面についていますが、このメーカーだけは側面にあります。

ケーブルを後ろに挿さないので、奥行きが節約できてMacBook Proをデスク奥ギリギリに置けます。デスクを広く使いたい人にもおすすめですね。
紹介したUSB-Cハブはコレ!

Satechi


コスパ
(4.0)
端子の数
(3.5)
オススメ度
(3.0)
総合評価
(3.5)

持ち運び/据え置き

ロゴが印字されていないのでMacBook Proに馴染む
他社製品とは違い、表面にメーカー名「Satechi」ロゴが印刷されていない。
MacBookProと一体化するためには、他社のロゴなど必要ないのです。

角に丸みを持たせたデザインです。最低限のポイントはクリアしたハブ。
紹介したUSB-Cハブはコレ!

一体型のUSB-Cハブおさらい

4つを紹介しました。デザイン面は本当に微妙に違うので、悩みますよね。

ここで、ニーズ別におすすめをおさらいしておきます。

ニーズ別のおすすめUSB-Cハブ

  • MBPとフラットに一体化させたい…LENTION
  • ケース付きでおしゃれに持ち運びたい…UCOUSO
  • デスクスペースを広く取りたいiMXPW
  • シンプルな見た目で純正風に使いたい…Satechi

では、ここからはケーブルタイプのおしゃれUSB-Cハブを紹介していきます。

こちらもおしゃれなものが多いです。たくさん見て、たくさん悩んでくださいね。

MacBook ProにおすすめUSB-Cハブ(ケーブル型)

外出時にMacBook Proと周辺機器を繋ぎたい時におすすめ。持ち運ぶための携帯性を考えた、おしゃれなUSB-Cハブです。携帯性だけでなく、端子の種類も重要。

何より一番大切なのは、スタバでMacBookを広げてドヤるためのデザイン性。

AUKEY 8in1

おすすめのUSB-Cハブ
コスパ
(4.5)
端子の数
(5.0)
オススメ度
(4.0)
総合評価
(4.5)

持ち運び

シンプルで美しいアルミ加工のボディ

おしゃれなシルバーのボディ。未だ古い会議室を借りた時などにVGA端子が必要になる場合があります。もしもの時を考えて、ついてあると助かるのがVGA端子です。

表面がアルミ加工なので、MacBookに自然に馴染みます。
紹介したUSB-Cハブはコレ!

UPVICH 7in1


コスパ
(4.0)
端子の数
(4.5)
オススメ度
(4.5)
総合評価
(4.5)

持運び

ケーブル収納できてカバンの中がスッキリ

USB-Cハブでは珍しい、ケーブルを本体に収納できるハブ。ケーブルがなくなるので、カバンの中がごちゃごちゃになりません。

とても軽く、なんと卵二個ぶんの軽さ!携帯にはベストですね。こちらもVGA端子付きです。
紹介したUSB-Cハブはコレ!

ATZEBE ドッキングステーション


コスパ
(5.0)
端子の数
(4.5)
オススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)

据え置き/持ち運び

スタンドとしても使えるアイデアハブ
UCOUSO
最大の特徴は、ハブ自体をMacBook Proの下に敷けること。MacBook Proの角度が着くので、タイピングがしやすく手の疲労が軽減されます。

持ち運びも可能ですし、据え置きにしてもスペースを全く取りません。「ハブ+作業スタンド」になる一石二鳥のコスパ最強商品です。

作業スタンドをまだ持っていない人は、このハブにしましょう。
紹介したUSB-Cハブはコレ!

LENTION 6in1


コスパ
(3.0)
端子の数
(4.0)
オススメ度
(3.0)
総合評価
(3.5)

持ち運び

ベーシックな持ち運びハブ

定番のUSB-Cハブ。一体型は発熱が心配というかたはとりあえずこちらを持っておくといいでしょう。LANケーブルもついているので、持ち運びだけでなく自宅でも使うことができます。
HDMIモニターと有線LAN、USBは二つついていて、機能は十分です。シンプルに使いたい人におすすめ。
紹介したUSB-Cハブはコレ!

ICZI 8in1


コスパ
(4.0)
端子の数
(4.5)
オススメ度
(3.0)
総合評価
(3.5)

持ち運び

不思議な丸いデザインが可愛いハブ

円形の本体に、ケーブルをくるっと巻きつけて持ち運ぶ不思議な形のハブ。端子の数も8口と多いので重宝します。

VGA有り。
紹介したUSB-Cハブはコレ!

UCOUSO ドッキングステーション

なんと14のポート

コスパ
(1.5)
端子の数
(5.0)
オススメ度
(3.5)
総合評価
(4.5)

据え置き

全部入りの最強ハブ

金額は張りますが、14in1の超大口のUSB-Cハブ。MacBook Proにあうアルミデザインと大量の口。そしてマックの下に敷いて使うため、作業スタンドとしても機能します。

お金があったら買いたいハブです。
紹介したUSB-Cハブはコレ!

UCOUSO USB C ハブ Type C Hub Docking Station
UCOUSO

MacBookおすすめハブまとめ

MacBook ProのデザインにピッタリのおすすめUSBハブを紹介しました。

個人的におすすめしたいのは、LENTIONの一体型ハブ。

表面がフラットでMacと接続した際に美しく見えるのと、必要最低限のポートが揃っていることが理由です。MacBookユーザーは外付けディスプレイを使うことも多いので、HDMI端子は必須級。

 

また、ケーブルタイプのLENTION6in1は、クラムシェルモードでディスプレイを使うときに使い勝手がいいのでおすすめします。

自分の使い方をよく考えて、最適なUSB-Cハブを選びましょう。最後まで読んで戴き、ありがとうございました。

ヨメ
まだ悩んでる人のために…
下のリンクをクリックするとページ上まで戻ります。もう一度見直してしっかり悩もう!

一体型のハブをもう一度見る

ケーブル型のハブをもう一度見る

 

AUKEY USB-CハブCB-C65【割引クーポンあり】AUKEY”CB-C65”はコスパ最高の持ち運びUSB-Cハブ レビュー おしゃれなおすすめ電卓デスクが映えるApple風おしゃれ電卓おすすめ3選 MacBookスタンドMacBookのPCスタンドに迷った?おすすめ8選【クラムシェル・作業用】 MacBookPro周辺機器まとめ【2018】MacBookProにおすすめの周辺機器・アクセサリーまとめ

コメントを残す