18.12.12 ブログテーマPORIPUをアップデート

MacBookProをクラムシェルで!デュアルディスプレイにするアイテム特集

トリプルディスプレイ

「MacBookProのモニターを二枚増やしたい!」
「クラムシェルモードを最大限使ってみたい」

MacBook Pro13インチをクラムシェル+デュアルディスプレイにしました。

クラムシェルモード?
クラムシェル

MacBookProのディスプレイを閉じた状態で、外付けディスプレイを使うモードです。「クラムシェル」=「貝殻」を意味する英語。MacBookProを閉じた状態が、貝殻にそっくりですね。

クラムシェルトリプルディスプレイ

クラムシェルモード

トリプルディスプレイもこの通りです。

トリプルディスプレイ

ヨメ
机の上がすごいことになっていくね・・・!
マサオカ
良い環境で作業したいからね!
この記事では、私がMacBookProをクラムシェルモードでデュアルディスプレイ化/トリプルディスプレイ化するためにまとめた情報を紹介します。

用途によって「クラムシェルモードのデュアルディスプレイ」「トリプルディスプレイ」を切り替えて使えるので、汎用性が高く快適です。

USB-CハブのみでMacBookProと繋がっているので、持ち運び時はハブを外すだけ、楽チン。

この二つができます

  • デュアルディスプレイ(クラムシェルモード)
  • トリプルディスプレイ

MacBookPro状況とクラムシェルデュアル化の理由

MacBookProの13インチTouch Bar無しモデルをカスタムして購入しました。

メモリ16GB、ストレージ512GB SSD、CPU第7世代の2.5GHzデュアルコアIntel Core i7プ‍ロ‍セッサに変えています。Touch Bar無しにしたのは、実機を触って不要だと感じたからです。

  • MacBookPro13インチ
  • Touch Barなし
  • プロセッサ intel Core i7
  • メモリ16GB
  • ストレージ512GB SSD

職場では27インチデュアルディスプレイでお仕事をしていたので、13インチのモニター1枚では作業範囲が狭くストレスに感じていました。

MacBook Proのある風景

2018年10月上旬

 

作業領域を広げるために27インチモニタを二つ増やしてトリプルディスプレイ化することにしたのです。クラムシェルを使って、自宅ではデスクトップPCのように使いたい!と思い至りました。

クラムシェルトリプルディスプレイ

ただ13インチMacBookProをトリプルディスプレイにする人は少ないようで、情報収集が大変でした。これからMacBook Proのトリプルディスプレイ化を目指す変態さんのために、私が調べたことを全てまとめます。

MacbookPro13インチならではの不安

MacBookPro「13インチ」を選んだ人は、購入時にグラフィック性能をそこまで重視していなかったのではないでしょうか?

私はそうでした。

マサオカ
映像編集しないし、13インチで十分・・・!!(つーかこれが限界)

映像編集するなら15インチを選びます。トリプルディスプレイ(クラムシェルモードでデュアルディスプレイ)にしている方も15インチユーザーが多いです。

そんな記事を読む中、13インチMacBookProユーザーは思うのです。

「僕のMacBookProはトリプルディスプレイに耐えられるの?」

この疑問を解決するために、人柱となりました。

グラフィック不足で画面がもたつく?

27インチ4Kモニター2台利用、もたつかない。
外部出力のグラフィックの性能に関しては

13インチTouch Barなし13インチTouch Barあり15インチ

MacBook Pro13インチは「Touch Bar」の有無で、「GPU(画面表示の頭脳)」のスペックが違います。

「Touch Barなし」モデルのGPUが悪いとは言いませんが、「TouchBarあり」と比べると性能が劣ります。GPU性能はCPUにも依存するので、あくまで参考程度に。

macGPU
13インチIntel Iris Plus Graphics 640
13インチTouch BarIntel Iris Plus Graphics 655
15インチTouch BarRadeon Pro 555X(4GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)
Intel UHD Graphics 630

※タッチバー無しモデルは「充電時間はTouch Barモデルより長い」といったように一長一短です。

Touch Barの有無で外部出力の性能は変わらない

ヨメ
Touch Barは関係ないから安心してOK!

13インチ「タッチバーありなし」どちらのGPUも外部出力に関しての性能は変わらないです。15インチと比べると差が出るのは仕方ないでしょう。今回の私の環境でもたつきは全くありません。

5Kモニタは性能不足になる可能性が大きい

マサオカ
5Kモニターは諦めます・・・

5Kモニタを2枚繋ぐとMBP15インチでも負荷が大きいという口コミを発見したので、Apple Storeでも販売されている5Kモニタ「LG UltraFine 5K Display」は選択肢から外します。

もともと「LG UltraFine 5K Display」を使用していた僕だが、Mac本体に負荷が掛かりすぎているという理由で「27UK650-W」を2枚出力する構成に乗り換えた。

Mac本体を閉じた状態で接続すると、出力できない外部ディスプレイが存在する|gori.me

最悪の場合、外付けGPUでグラフィック性能をあげる

マサオカ
お金に余裕ができたら欲しい・・・!!

もしグラフィックの性能が足りなずもたつきが起こってしまった場合、外付けGPU「Razer Core X」を使って、MacbookPro13インチのGPUの性能を約3.4倍まで引き上げることができます。

「Geekbench 4」を使ったMetal(アップル独自の3D描画API)の描画性能を計測したところ、13インチモデルはCPU内蔵GPUの3.4倍超、15インチモデルでも内蔵の独立GPUの2.5倍超の性能を発揮した。これまでCPU内蔵GPUしか選択肢がなく、グラフィック性能を諦めるしかなかった13インチモデルのユーザーにとっては魅力的すぎる性能アップだ。

引用:13インチモデルが爆速マシンに変身|http://ascii.jp

ただし、これはめちゃくちゃな金額の高級機器なので本当に最後の手段です。一旦この存在は忘れます。

モニターの接続上限はあるの?

モニターの接続上限は13インチが2枚、15インチは4枚。

複数モニターの注意点があるとすれば、モニターの台数には上限があること

モニターの接続上限数

外部モニターの同時接続数は、MacbookPro13インチは上限2台・15インチは上限4台可能になっています。(LG UltraFine 4K Displayの場合)

MacBookPro13インチでは、トリプルディスプレイ(クラムシェル・デュアルディスプレイ)が限界ですね。

モニター同士を「数珠繋ぎ」にできる?

できるモニターはあるが、家庭用でデイジーチェーンの動作保証をしているものはコスパが悪い。

モニタを直列で繋いで映像出力する仕組みを「デイジーチェーン」といいます。

デイジーチェーン
デイジーチェーンの接続

モニター同士を”数珠つなぎ”で繋げる接続方法で、商業サイネージに使われる技術。

MacBook Pro→ケーブル→モニター1→ケーブル→ モニター2

2枚目のモニタをパソコンに繋がないので、配線がシンプルになります。

家庭用にデイジーチェーンは高すぎる

ヨメ
予算が足りませんでした・・・

残念ながら、Apple Storeで販売しているパイスペックモニター「LG UltraFine Display」や、私が購入検討した高画質モニター「LG 27UK850-W」はデイジーチェーンに対応していませんでした。

27UK850-Wはレビューしています
【LG 27UK850-Wレビュー】ケーブル一本でMacbookと繋がるUSB-C対応4Kモニタ【HDR10 IPSパネル】

LG UltraFine 5K Display は、Thunderbolt 3 対応のデバイスやディスプレイのデイジーチェーン接続には対応していません。ディスプレイの 3 つの USB-C ポートは、USB 3 デバイスを追加で接続する用途でのみ利用できます。

Mac で LG UltraFine 5K Display を使う

DELLのモニタには数台デイジーチェーン対応機がありましたが、とても買える値段ではありませんでした。家庭用モニターでデイジーチェーンを想定しているモデルは少ないようです。

デイジーチェーンを諦め、通常の接続方式(USB-CとHDMI)でモニター接続することにします。

通常接続にしました

デイジーチェーン不可

クラムシェルモード・デュアルディスプレイの注意ポイント

クラムシェルモードで、注意しておくポイントは3つです。

こだわりポイント

  • 配線は最小限にしスッキリまとめたい
  • クラムシェルモードをおしゃれに使いたい
  • モニターアームを使って、デスクを広く使いたい

電力と映像出力を一本にまとめる

デスクにケーブルがごちゃごちゃと出てくると、美しくありません。そこで役に立つのがUSB PD(PowerDelivery)対応のモニタ。モニターとMacBookProをUSB-Cケーブルで繋ぐだけでMacBook本体の充電ができます。

USB-Cの特性

USB-Cにできることたくさんのケーブルが一本にまとまり、電源アダプタさえも要らなくなる。

MacBook本体に挿す給電ケーブルがなくなるので、デスク周りがすっきりとします。モニターにUSBポートがあれば、ハブとして使うことができます。

クラムシェルを省スペースで美しく配置したい

通常はクラムシェルモードで、デスクトップPCのように使い、必要ならMacBook Proを開いてトリプルディスプレイにしたい。スペースを抑えて、かつデザインが良いスタンドが必要です。

モニタアームを使ってデスクは広く使いたい

デスクを広く使いたかったので、モニターアームを使うことにしました。

使うディスプレイは左右の違和感がないようにするため、同メーカー同シリーズを使って一体感を出したいと考えていました。片方だけ高スペックというわけにも行かず、同等のものを二台買わないといけない。モニターはコスパを考えながら、安価で高機能なものを探しました。

クラムシェルモードのために準備したもの

27インチモニターは横幅65から70cm、並べると110mmほどです。モニタを二枚並べられるデスクなのか。横幅に気をつけましょう。

MacBookPro13インチ Retina Display

私が使っているMacBook Pro13インチには、USB-C端子が2つ。端子はこれしかありません。

USB-C2つでの利用を想定して作り上げていきます。

将来iMacを購入する可能性も考え、流用できるように27インチのモニタを選びました。

調べている途中で「曲面ディスプレイ」にも興味を持ちましたが、27インチ2枚分をカバーするサイズの巨大曲面ディスプレイにモニターアームが耐えられないと判断、そして「映像が横に伸びる」という口コミを聞いたので断念。

マサオカ
オレはデスクの間合い(27インチ)までで十分!!(つーかこれが限界)

モニター1:LG 27UK850-W 27インチ

LG モニター ディスプレイ 27UK850-W 27インチ/4K/HDR対応/IPS非光沢/USB-Type-C、HDMI×2、DisplayPort/スピーカー搭載/FreeSync、高さ調節、ピボット対応

LG UK850-W

一枚目のモニターはUSB-Cで接続して、モニタから給電しつつ・モニタ自体をUSBハブのように使います。
USBクイックチャージ(急速充電)対応を選びました。

 

LGの27インチモニタです。LGを選んだのは、このツイートでベゼルの薄さに感動したからです。

LGの27インチモニターでUSB-Cに対応しているのはLG 27UK850-Wだけです。このモニターはデザインも良く、高機能だったので「 【LG 27UK850-Wレビュー】ケーブル一本でMacbookと繋がるUSB-C対応4Kモニタ」で細かなレビューをしています。よければご覧ください。

【LG 27UK850-Wレビュー】ケーブル一本でMacbookと繋がるUSB-C対応4Kモニタ【HDR10 IPSパネル】
マサオカ
一回り小さい「USB-C対応モニター」を探してる人は、DELLの「P2419HC 23.8インチUSB-C モニタ−」おすすめです。2万円台で購入できるのはこれだけ。

モニター2:LG 27UK600-W 27インチ

LG モニター ディスプレイ 27UK600-W 27インチ/4K/HDR10対応(標準輝度:350cd/㎡)/IPS非光沢/HDMI×2、DisplayPort

LG UK600-W

二枚目のモニタはHDMIでつなぐので、USB PDの機能はいりません。モニターのデザインは統一感を出したいので、1枚目のモニタと同じ「UKモデル」から、USB-Cの機能が除かれたものを選びます。

USB-Cがないだけで、映像のスペックは同じなのに2万円安く購入できました。

マサオカ
サブモニターにおすすめ!お得!

マルチUSB-Cハブ:iMXPW USB Type-C ハブ アルミニウム (グレー)

Macbook Pro USB-C ハブ Thunderbolt 3 ハブ Macbook Pro 13/15インチ対応 40Gbpsデータ伝送/パススルー充電、4K HDMI、USB3.0ポート×3、Micro/SDカードリーダー iMXPW USB Type-C ハブ アルミニウム (グレー)

iMXPW

「USB-C」「HDMI」の端子をつなぐために使います。1枚目のモニタはUSB-Cで「映像・データ・給電」を行い、2枚目のモニタはHDMIで「映像」を出力します。

ハブを使った接続イメージ
2画面出力のイメージ

 

USB-Cハブに必要な端子!

  • モニター1・・・USB-C(USB PD対応)
  • モニター2・・・HDMI

マルチハブは「配線した後の状態」を考えて選ぶ!

ケーブルの挿し口の向き(位置)は同じ場所のマルチハブを選びます。多くのUSB-Cハブは「HDMIとUSB-Cの挿し口」が離れた場所にありますが、iMXPWのハブは隣り合っています。

USB-CとHDMIが並ぶハブ

配線を集めてスッキリさせること、クラムシェルモードでHDMIが邪魔にならないようにするためです。

【iMXPW USB-Cハブ レビュー】MacBookProにおすすめの8口アルミニウム一体型ハブ

アップル純正のハブも使えるがゴチャっとする

Apple純正品にこだわりたい人は「USB-C Digital AV Multiportアダプタ」を使えば同じ環境ができるのでは?と思いましたでしょうか。

できますが、ごちゃごちゃするので私はおすすめしません。

 

値段はほとんど変わらないです。私ならスッキリとさせる方を選びます。

MacBookProのUSB-Cハブの比較・おすすめ10選

クラムシェルスタンド:Twelve South BookArc

Twelve South BookArc アルミニウム for MacBook v2

BookArc

クラムシェルモードはMacBookProを閉じた状態で使います。そのまま置くとスペースが無駄なので、クラムシェル用のスタンドを使います。

「BookArc」はMacBookProと同じアルミボディ、色もMacに合わせているのでスタンドも純正品のようにデスクに馴染みます。

キーボードとマウスも準備

キーボードとタッチパッドorマウスが必要ですので、合わせて購入しましょう。

私はApple純正キーボード「Apple Magic Keyboard – JIS MLA22J/A」トラックパッド「Apple Magic Trackpad 2 MJ2R2J/A」を使っています。

MacBookスタンドMacBookのPCスタンドに迷った?おすすめ8選【クラムシェル・作業用】

モニターアーム:エルゴトロン LX デスクマウント デュアルモニターアーム

エルゴトロン LX デスクマウント デュアルモニターアーム 縦/横型 45-248-026

デュアルモニターアーム 縦/横型

 

モニターを支えている台座を退けるだけでかなりデスクを広く使うことができます。

そのために使うのが、モニターアームです。少し高価でしたが、稼働型のモニターアームで有名な「エルゴトロン」を購入しました。

一生使うものなので、価格よりも機能性を見て選びました。自分の使いたい場所にスルスルと移動します。このアームは買って大正解でした。

モニターの前後移動

モニターアーム【エルゴトロン】無重力!モニターアームはLXがおすすめ【45-248-026 レビュー】

補強プレート:グリーンハウス

グリーンハウス モニタアーム補強プレート ブラック GH-AMPA

GH-AMPA

モニターアームには補強プレートが絶対に必要です。一本の柱で10キロほどのモニターを支え続けるので、長期間の利用でデスクが痛むことがあるからです。

最悪の場合、マウントしている部分の木材が潰れることもあるようですので、補強プレートは必ず準備しましょう。

モニターアームの取り付け方法や注意点」も購入前に見ておきましょう。

まとめ

トリプルディスプレイ

ディスプレイは多ければ多いほどいい。でもコスパを考えて環境を作りましょう。

13インチの注意点

  • 外部モニタは2台まで!
  • USB-Cを使えば給電も可能!
  • 4Kモニタ2枚でも「もたつき」は無し!

トリプルディスプレイ(クラムシェルデュアルディスプレイ)にかかった費用

今回の構成費用

種類金額
モニター1:LG 27UK850-W67,562円
モニター2:LG 27UK600-W46,800円
USB-Cハブ:iMXPWマルチポートUSBアダプタ6,980円
スタンド:Twelve South BookArc v27,333円
モニターアーム:エルゴトロン LX デスクマウント34,572円
補強プレート:グリーンハウス モニタアーム補強プレート1,592円×2
合計166,431円

※金額は購入時点のものです。

一つ一つはそんなに高価じゃないのですが、積もり積もって値段が跳ね上がってしまいました。全部こだわって選んだので満足しています。

スタンドやモニターはもっと安いものがありますので、デザインを考えて安価なものに入れ替えれば10万以下での構成も可能です。

10万以下の構成例

種類金額
モニター1:Dell P2419HC 23.8インチUSB-C モニタ−24,820円
モニター2:Dell P2419HC 23.8インチUSB-C モニタ−24,820円
USB-Cハブ:不要0円
スタンド:LAMPO4,800円
モニターアーム:エルゴトロン LX デスクマウント34,572円
補強プレート:グリーンハウス モニタアーム補強プレート1,592円×2
合計98,516円
ヨメ
DELL最新のUSB-C格安モニターで「両面」USB-Cに対応。(マルチハブが要らなくなります)スタンドも安価なものに変えてみました!

MacBook Proに合わせるおすすめアクセサリー・周辺機器」では、デスク環境をよくする商品を紹介しているので、合わせて読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
MacBookPro周辺機器まとめ【2018】MacBookProにおすすめの周辺機器・アクセサリーまとめ


ハブやスタンドで迷った方はこちら
MacBookスタンドMacBookのPCスタンドに迷った?おすすめ8選【クラムシェル・作業用】 MacBookProのUSB-Cハブの比較・おすすめ10選

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です