iPhoneに電話しても繋がらない・かからないときの対処方法

スポンサードリンク


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

  • 電話をかけても電話が繋がらない。
  • もう一度かけると何故かつながる。

電話を2回かけないと電話が繋がらない人は周りにいませんか?

マサオカ
その人がiPhoneユーザーなら、繋がらない原因はおやすみモードの可能性があります。要チェック。

本日は、そんなあなたのiPhoneの電話が繋がらない問題を、iPhonerのマサオカがささっと解決。
おやすみモードの説明と、設定/解除の方法を解説いたします。

スポンサードリンク


iPhoneの電話が繋がらない人がいるんだけど

と、相談されることがあります。本人に言えや!って話は置いといて、理由は大体予測できます。

こういう時、前なら1から10まで私が設定を見直して解決してあげていました。それがその人のためだと思ってましたが、何処かのタイミングで間違いだと気付きました。

他人に調べさせて他人が解決するって流れを繰り返すと、そういう人たちって思考停止して学ばなくなるんです。そして何かあったら調べることもなく質問を繰り返す。

だから今はヒントを渡すだけにして、自分でやって、考える癖を付けてもらうようにしています。

マサオカ
おっと話が逸れました。

この場合、繋がらない原因は、電話をかける側ではなく受ける側のiPhone設定です。

受け側のiPhoneの受電設定を見直すだけで解決します。何人かに相談されましたけど、電話する相手がiPhoneで、知らないうちにおやすみモードがオンになっているからかからないケースが多かったです。

iPhoneの電話を繋がらないようにする設定「おやすみモード」とは

iPhoneには、指定した時間帯にかかって来た電話を繋がらないようにする機能が付いています。

それがおやすみモード。

夜中、かかって来た電話の着信音に起こされたくないよね?それなら電話を繋がらないように設定しよう!ってモードでしょう。名前的に。

電話が繋がらない原因・iPhoneのおやすみモードを確認

確認の仕方は、iPhoneのステータスバー(電池とか、電波とか表示されてるあそこ)。

このバーに「三日月のマーク」が表示されていたら、おやすみモードがオンになっている状態です。

この月のマークが出ているときは、電話がかからなくなっています。

例外設定もできるので、例えば今回の「2回かかって来たら受電する」とか、「特定の人からの着信は拒否しない」とかの設定が出来るんです。

おやすみモードを解除して電話を繋がるように設定

iPhoneの画面下、タッチパネルの領域外から上に向かってスワイプして、コントロールパネルを出しましょう。

図のように、画面枠外から、上に向かってスワイプします。

赤枠で囲ったものが、おやすみモードのボタンです。ここをタップするだけで、おやすみモードが解除されるます。ほとんどこれが、iPhoneの電話がかからない原因です。覚えておきましょう。

条件をつけて電話をかからないようにする、細かな設定

これを利用すれば、自分が出たくない時間帯にかかってきたiPhoneへの着信を拒否できます。おやすみモードの細かな設定は、設定アプリから行えます。おやすみモードを選択しましょう。

おやすみモードのオンオフの他に、以下の設定項目が用意されてます。

おやすみモードの初期設定では、繰り返しの着信がオンになっているので2回電話を鳴らすと繋がるようになるんですね(´ω`)

  1. 時間の指定
  2. 着信許可
  3. 繰り返しの着信
  4. 通知の設定

私がわざと「電話がかからない時間」をつくる意図

上に紹介しているのは、私の会社携帯の設定です。19時を回ったら、「ワンコール程度の緊急度の連絡は受電しません」という固い意志が感じられますね。自分の勤務時間とかに合わせて設定を変更して使うといいと思います。

残業中に電話かかってきても集中出来ないし、仮に帰社してたとしても、だいたい飲んでますから的確な指示は期待できない。そんな意図があります。

ちなみに、それでもどうしても電話出ないといけない人は、着信の許可の設定で追加しています。(ゲス顔)

マサオカ
2回以上かけても繋がらない場合は、着信着拒されてる可能性があります。生活態度を改めましょう。

スポンサードリンク


Facebookページをゼロからやり直しました。

記事が役に立った!と思ったらシェアお願いします|д゚)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、二児の父。採用担当兼Webマネージャー。

「読んだ人の生活の質があがるコンテンツ配信」をテーマにブログを運営してます。

iPhoneについて、仕事効率化について(ツール、思考術)、健康について、文具について。

職業上、Wordpressを扱っていますので、たまに備忘録として紹介もします。

愛読書はデビットアレン著 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術