絶対読みたいおすすめ漫画

iPhoneタッチパネルが勝手に動くゴーストタッチの直し方

iPhoneのゴーストタッチ

この記事はAppleCareに加入しているiPhoneユーザーの私がゴーストタッチになって修理した体験と、修理の方法を書いた記事です。

iPhone3GSからのiPhoneユーザー、マサオカ(@iMassa07)です。本日のテーマはiPhoneが勝手に動くゴーストタッチ。その症状と、直し方を紹介します。

ヨメ

iPhoneのタッチパネルが変。
iPhone触ってないのに勝手に動くんだよね

今回は、iPhoneのタッチパネルが変な挙動をしたときの対処法・修理方法を紹介します。
iPhoneにこんなな現象が起きている方向けの記事です。

  • 触ってないのにiPhone画面が勝手に暴走する
  • 電源を切っても本体の更新をしても直らない
  • 何もしてないのに、気がついたらアプリが消えていた!対処方法
  • iPhoneのタッチパネルが勝手に動く改善方法

 

私の場合は、フロントパネルの故障と判断されたので交換をしてもらいました。
AppleCareに加入している人は交換を、AppleCareに入ってない人向けには安い修理ショップを紹介しています。

マサオカ

以下の順番でチェックをしていきましょう。
  • 自分で行えるタッチパネル改善方法を試す
  • バックアップを取って初期化後、iPhoneがゴーストタッチするか確認する
  • 本体の異常のときは、iPhoneを無償で交換してくれる(AppleCare加入時)
  • ソフトの異常のときは、iPhoneを初期化して使う
  • 初期化のまま使うときは、iFunboxでアプリを復元するとイイ

iPhoneのタッチパネルが勝手に動く

これは、ゴーストタッチや、タッチ病と呼ばれる症状です。
症状は、本人はタッチパネルを触っていないのに、勝手にページをめくったり、アプリをタップしたりします。
まるでお化けがタップしている、ゴーストタッチと呼ばれる理由ですね。

ゴーストタッチの症状

私の場合は、ふとiPhoneを眺めたら、アプリが削除待機のまま震えていました。

新しいiPhoneケースを買ったばかりだったので、ケースの一部がパネルに干渉しているのか?とも思ったのですが、ケースを外しても改善されず。
ゴーストタッチはどんな状況でも起こります。

ゴーストタッチを放っておくと危険

このまま放っておいたら、色々な動作を私の知らない所で行われてしまう。
iPhone内にあるゲームやアプリが削除されるのは、まだ良いのです。

FacebookなどのSNSが勝手に開いて、怪しげな広告や記事「この記事の続きを読みたい方はシェア!」みたいなコアな18禁記事なんかをシェアしてしまうと、わたしの社会的な立場が危機に!

ゴーストタッチ被害者の声

Twitterでも、たくさんの方がゴーストタッチについてつぶやいています。ひどいときには本体交換を行わなければならない自体にも。

 

iPhoneゴーストタッチの修理対応は3つ

故障の修理は、3つの方法があります。

  1. 自分で修理(データ)
  2. Apple正規代理店での修理(ハード)
  3. iPhone専門修理店での修理(ハード)

※この記事は、自分で修理する方法を紹介しています。ご注意ください。

自分でやっても直らない場合は保証の加入状況によってAppleCareかiPhone修理ショップを選んで直して貰わないといけません。

次のページでは、ゴーストタッチが直ったと言われている方法を紹介してします。自分でできることを全て確認してから修理に出しても遅くはありません。

ポイントは、初期化した状態でもゴーストタッチが再現するかを確認しておくことです。

コメントを残す