ゴーストタッチ!iPhoneタッチパネルが勝手に動くときの直し方

スポンサードリンク


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

iPhone3GSからのiPhoneユーザーです。かれこれ6年来の付き合い。
会社では80台のiPhoneの管理責任者やってます。
iPhoneの専門家、マサオカです。
スタッフの画面割れの液晶交換や、修理を受け付けることが多いので、いろんなiPhoneトラブルに遭遇します。
そんな私も、初めてになるトラブルに出会いました。

マサオカ
iPhoneのタッチパネルが変
iPhone本体を触ってないのに勝手に動くんです。

今回は、iPhoneのタッチパネルが変な挙動をしたときの対処法・修理方法を紹介します。
iPhoneに以下のような現象が起きている方向けの記事です。

  • 触ってないのにiPhone画面が勝手に暴走する
  • 電源を切っても本体の更新をしても直らない
  • 何もしてないのに、気がついたらアプリが消えていた!対処方法
  • iPhoneのタッチパネルが勝手に動く改善方法

スポンサードリンク


iPhoneのタッチパネルを触ってないのに勝手動く

これは、ゴーストタッチや、タッチ病と呼ばれる症状です。
症状は、本人はタッチパネルを触っていないのに、勝手にページをめくったり、アプリをタップしたりします。
まるでお化けがタップしている、ゴーストタッチと呼ばれる理由ですね。

私の場合は、ふとiPhoneを眺めたら、アプリが削除待機のまま震えていました。


新しいiPhoneケースを買ったばかりだったので、ケースの一部がパネルに干渉しているのか?とも思ったのですが、ケースを外しても改善されず。
その現象はどんな状況でも起こるのです。

このまま放っておいたら、ゴーストタッチで色々な動作を私の知らない所で行われてしまう。
iPhone内にあるゲームやアプリが削除されるのは、まだ良いのです。

FacebookなどのSNSが勝手に開いて、怪しげな広告や記事「この記事の続きを読みたい方はシェア!」みたいなコアな18禁記事なんかをシェアしてしまうと、正岡の社会的な立場が危機に!

iPhoneのタッチパネルが変な時のトラブルシューティング

iPhoneのタッチパネルが勝手にタッチされる故障は、iPhone歴6年の私にも初めて。
どんな状況でもゴーストタッチが起こります。

原因が特定できませんでしたので、この際ということで、色々試してみました。

自分で行えるトラブルシューティング

muself

以下の方法を行ったら直ったという事例が確認されています。

セルフで行えますので、まずは確認してください。
次のページで解説していきます。
ポイントは、初期化した状態でもゴーストタッチが再現するかを確認しておくことです。
これは後ほど説明をしますが、スムーズに交換して貰うために必要です。

スポンサードリンク


Facebookページをゼロからやり直しました。

記事が役に立った!と思ったらシェアお願いします|д゚)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

27歳、二児の父。採用担当兼Webマネージャー。

「読んだ人の生活の質があがるコンテンツ配信」をテーマにブログを運営してます。

iPhoneについて、仕事効率化について(ツール、思考術)、健康について、文具について。

職業上、Wordpressを扱っていますので、たまに備忘録として紹介もします。

愛読書はデビットアレン著 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術