超薄で本革がおしゃれ!手帳型iPhoneカバーEdwardFieldを10ヶ月使ってみた

スポンサードリンク


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

EdwardField(エドワードフィールド)は革を育てる手帳型iPhoneカバー

革はいいですね。

使えば使うほど風合いがでてきます。
丁寧に手入れすれば、とても長持ちしますし「革を育てる」という楽しみも魅力。

手帳型」「薄い」「本革iPhoneカバーを探していたところ、rakunewでEdwardField(エドワードフィールド)という手帳型iPhoneカバーを見つけました。

私が購入した2016年6月時点では、日本で販売をしていなかったので、rakunew経由で販売している米国から輸入。

現在10か月程使用してのレビューをば。

スポンサードリンク


手帳型iPhoneケースのハードル「薄さ」

手帳型iPhoneカバーでよくみられるのが、iPhoneのフチをケースでホールドするもの。
2017-04-13_15h11_42

これでは、ケースの幅だけiPhoneに厚みがでてしまうのがデメリット。
使っている間に割れることも。
このEdwardFieldのiPhoneカバー、厚み問題をなんとも斬新な方法で解決しました。

購入初日の写真。こちらを御覧ください。

黒い部分、吸着性のシートが付いています。
粘着ではなく、吸着シート。
このシート、貼って剥がしてを繰り返して吸着性が下がってきても、

濡れた布で軽く拭けばまたくっつくようになるんです。
粘着ではないのでiPhone側にネバネバ跡も残りません。

お風呂に持ち込むときにペリッと剥がしてiPhone本体だけ持って入ってます。
(革製だから水は厳禁)
お風呂から出たら、iPhoneの水気を拭き取ってまた貼り付けます。
糊系だと脱着ができないので、助かっております。

この吸着シート、直接水で洗わないでください!

革の部分が痛んでしまいます!

手帳型iPhoneケースのハードル「革の質」

こればっかりはカタログスペック通りとはいかず、使い続けないとわかりません。
EdwardFieldのブラウンを10ヶ月使った感想です。

注意点
EdwardFieldのサイトでは均等に色が変化していますが
実際に使っていくと、均等に色合いが変わってはいきません。
よく手が当たる部分の革の色の方が、濃く変色していきます。
手の油分を多めに吸収しているのでしょう。

この色ムラが気になる方は買わない方がいいと思います。
この変化が革の良いところだと感じる方には問題ないですね。
参考までに10か月目の写真をば。

EdwardField マサオカブログ

金文字のロゴは、いつの間にか剥がれてしまいました。これが良い感じ。

端に行くほど濃淡がはっきりとでています。

濃淡がはっきりとでています。寄れて使用感が結構でました。

因みに、2か月に一回のペースで革のケアをしての、この状態です。

マメな方はもっといい状態になるかもです。
最初は革靴用のクリームを使っていましたが、最近はラナパーのレザートリートメントを塗っています。

毎日持っているものに塗って意味があるのかと言われるとよく分かりませんが、ほぼ気分的なものです。
あまり塗りすぎると、革の色がクリーム用のスポンジにうつってしまうので軽めに塗るのがコツです。

10か月間使って感じたこと

iPhoneは毎日手に持つアイテムなので、手の油分のお陰でほとんど手入れはいらないと思います。
心配していたステッチも頑丈でした。ほどけた箇所は今のところありません。

脱着を繰り返していると吸着シートの部分にホコリがくっつくので、たまに濡れたタオルで拭いたほうがきれいです。

DSC_0230

吸着性高いままなので、暫く拭いていませんでした…゚(;´д`)汚れてますね

このカバー、日本ではまだ取り扱ってないようなので
直接EdwardField(英字)のサイトで購入するか、英語に自信がない方は若干高くなりますがrakunew経由で購入するのがオススメです。

サイトを久しぶりに覗いたら、製品もなんかバージョンアップしてました。もう一個、欲しくなってきました。

スポンサードリンク


ブログランキングに参加しました
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へにほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へにほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

記事が役に立った!もしくはダメ記事だ!と思ったら
ソーシャルでシェアして頂けると喜びますし傷つきます|д゚)

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

興味のあるジャンルに絞って、執筆しています。
2012年から、色々なブログサービスを移設しながらブログを続けてきました。
移り気ですが興味のあるジャンルは偏ってまとまっています。

Apple製品について、仕事効率化について(ツール、思考術)、健康について、文具について。
職業上、Wordpressを扱っていますので、たまに備忘録として紹介もします。

愛読書はデビットアレン著 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術