カンダミサコ 一本挿しペンシースで万年筆を守る

スポンサードリンク


この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

人間も傷跡が残るように、物についた傷もその歴史の一部だとスティーブ・ジョブズは言いました。iPhoneだけはその考えを受け入れましたが、万年筆はそうもいきません。

マサオカです。
万年筆や高級ボールペンを持ち運ぶときに、そのままカバンの中に放り込みたくありません。

かといって、ペンケースに入れると中でガチャガチャっとなって傷がつきそう。

マサオカ
嫌だ!そんなのぜったい嫌だ!

というまだまだわかってないマサオカが、ペンを傷つけないように持ち運ぶ方法を調べていたところ、ペンシースという手段を見つけました。

万年筆をそのままペンケースに入れたくない

万年筆や、少し高いボールペンを購入して一番困るのが持ち運ぶ方法。

ロールペンケースや、手帳のペンホルダーに挿して持ち運んでいると気にならないのですが

ペンケースに入れてると文具同士が当たって細かな傷が付きそうな気がするのです。

自分が使いながらついていく傷は、歴史と割り切ることが出来るようになりましたが、ペン同士が当たってついた傷は納得出来ません。

そんな時に使えるのがペンシース

これにペンを挿して、ペンケースに入れると傷がつきにくい。

そしてペンケースを分ける必要がない。

画像ではモンブランのボールペンを挿してます。

カンダミサコのレザーペンシースを購入しました。

合わせて、ロメオのペンシースも購入。

入れる万年筆はこちらで紹介したペリカンを予定

[万年筆]Pelikan souveran M400は普段利用の万年筆

少し使ってみましょう。

Posted from SLPRO X for iPhone

スポンサードリンク


Facebookページをゼロからやり直しました。

記事が役に立った!と思ったらシェアお願いします|д゚)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

27歳、二児の父。採用担当兼Webマネージャー。

「読んだ人の生活の質があがるコンテンツ配信」をテーマにブログを運営してます。

iPhoneについて、仕事効率化について(ツール、思考術)、健康について、文具について。

職業上、Wordpressを扱っていますので、たまに備忘録として紹介もします。

愛読書はデビットアレン著 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術