ステッドラーのロールペンケースを2年使ったレビュー【コスパ重視】

スポンサードリンク


この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

マサオカです。

本日のテーマは「大人の文具」本革のロールペンケースについて。

マサオカ
革製のロールペンケースが欲しい。
くるくるして文具を出すのがカッコいい。
なによりペンに傷がつかない。

革好きかつ文具好きの私は、いつか通るだろうと思っていた道、それがロールペンケース。

スポンサードリンク


今日は、ステッドラーのロールペンケースを2年使ってきた私がレビュー。

本革のロールペンケースが欲しい

革には革の良さがあります。
使い込んでいくと、色味が深まり味が出ます。その色の変化は使い方で大きく変わります。使い込めば、世界で1つだけ、自分だけのものになるんです。

大人のロール型ペンケースリスト

いろいろと、欲しいロールペンケースを絞り込んではいました。その中でも、見た目と質感から、以下の4つに絞って検討。しかし、中々購入できずにいました。高いから。

  • 土屋鞄のトーンオイルヌメペンケース
  • ステッドラーのロールペンケース
  • ミネルバボックスのロールペンケース
  • クラフトデザインテクノロジーのロールペンケース(シナモン)

ステッドラーのロールペンケースとの偶然の出会い

たまに仕事が休みの時には文具店を巡ります。

2年前になりますが、他の市まで行ったついでに文具店を覗いたら、偶然にもステッドラーのロールペンケースが一個だけ展示されていました。「明らかに一年以上売れてない」

ちょうど欲しかった色のブラウン。買ってしまいました。

本革なのに、なんとお値段3,800円。格安。
ステッドラー。奴は本革ロールペンケース界で最安の存在…

というのが2年前の話で、現在も利用中。物持ちイイと定評のあるマサオカです。

ステッドラーペンケース使用感

この商品、ネットのレビューでは割と酷評を貰っていました。

その中でネット上のみんなが言うには「革の匂いがキツい」らしい。

革の匂い問題

2、3件そういうレビューをみたので警戒していたのですが、私のステッドラーはそんなことはありません。お店で匂わせて貰い、購入しました笑

むしろ革の匂いを感じないので、本当に本革か?と疑ったくらいです。

もしかしたら、お店のデッドストックだったから、展示している間に匂いがとれたのか?(もちろん、箱入りでした)

ステッドラーロールペンケースの質感

革の質感は、最初から柔らかく、買ったばかりの革製品によくある「硬さ」を感じませんでした。

ペンはポケットにスッと入れやすく、馴染みやすかったです。

革が薄いからかもしれません。
最初から柔らかかったし、残念ながら「革を育てる」楽しみはありませんでした。

ペンを入れてくるくると巻いたらこのようになります。

表面には、ステッドラーのロゴが型押しされていました。が2年経過して現在は薄くなりました。

ロゴを撮った上の写真なのですが、もう識別できないレベル。肉眼ではうっすら見えてるのですが、「ここにある」とわかってないと認識できません。

ステッチの処理はしっかりしています。今まで使っていて、ほつれは一切出ていません。

ステッドラーのペンケースの中身

当初は色々なペンを入れてパンパンにして使ってました。

現在は、入れるペンを選別しています。これくらいの少数精鋭型に路線変更。

  • LAMY2000(4色ボールペン)
  • ステッドラー蛍光ペン(赤・黄色)
  • 無印良品のものさし
  • 呉竹の筆ごこち(筆ペン)
  • ステッドラーのピグメントライナー(水性ペン)
  • ジェットストリームリフィル(LAMY2000用の替え芯)

嵩張るので、センバツを入れています。

ステッドラーのロールペンケース総評

何よりも、コスパが最高です。

3,800円でこの品質なら文句ありません。

他の革製ロールペンケースが7,000円から9,000円ということを考えると、取っつきやすいロールペンケースだと思います。

色は、白、青、ブラウン、黒。
ダークブラウンとか欲しかった。
残念ながらこのブラウン以外は好みじゃなかったので一択。選択肢はありませんでした。

まとめ

ということで、最初に買うロールペンケースという感じ!
しかしこんなに持ちがいいと、次のロールペンケース買えません。

スポンサードリンク


Facebookページをゼロからやり直しました。

記事が役に立った!と思ったらシェアお願いします|д゚)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、二児の父。採用担当兼Webマネージャー。

「読んだ人の生活の質があがるコンテンツ配信」をテーマにブログを運営してます。

iPhoneについて、仕事効率化について(ツール、思考術)、健康について、文具について。

職業上、Wordpressを扱っていますので、たまに備忘録として紹介もします。

愛読書はデビットアレン著 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術