大人におすすめ漫画特集

LAMYサファリは万年筆入門〜初級者におすすめしたい一本

初めて万年筆を持ちたいと考えているあなたにおすすめなのが、LAMYSafariです。

万年筆入門〜初級者用の一本でコレクションとしても人気があります。ビビットカラーとドデカイクリップがかわいい万年筆です。

本日はLAMYサファリが入門用万年筆におすすめな理由を紹介します。万年筆を持ってみたいけど、なかなか手が出せないあなたの背中を押せればいいなと思っています。

LAMYサファリが初心者におすすめな理由

Lamyサファリは初心者おすすめ万年筆

LAMYは、1930年に創業されたドイツの文具メーカー。その老舗文具店の若者向け万年筆の代表作が「サファリ」です。

モンブラン・ペリカン・ファーバーカステル…ドイツ文具というと高級な万年筆をイメージしますが、LAMYサファリの立ち位置は少し違います。

若い人でも気軽に持てる安価でカジュアルなシリーズとして用意されているんです。

ヨメ

なんか色が可愛い!
ファッションのアクセントとしても映えるオシャレさだよ!

マサオカ

LAMYのカジュアルライン、それが「YonngWrittingシリーズ」です。カジュアルなデザインと、手軽に購入できる価格がウケてたくさんの人に愛される万年筆になりました。

私が初めて持った万年筆もサファリでした。思い入れのある一本です。

ガシガシ使い倒せる持ち運びやすさ

ヨメ

特徴的なクリップだねー!

サファリの特徴はワイヤー製のペンクリップです。ペンのサイズに比べ巨大なクリップが存在感を主張していますね。文具好きなら、胸ポケットに刺さったクリップを一瞬見るだけでサファリだと判断できます。

LAMYサファリのペンクリップ

このでかいペンクリップ。カジュアル服やデニムのポケットなど厚手の生地にもはさみやすいように作られているんです。いつでもどこでも、持ち運びしやすいように作られているんですね。

手にしやすい価格帯

ヨメ

万年筆って高いイメージだけどそんなことなかった!

LAMYは、一般的にイメージされている万年筆と比べて安い。万年筆っていえば数万円しそうなイメージですが、LAMYは4,000円。この値段でもLAMY!ドイツ大手メーカーLAMY製なので品質は安心できます。

高い万年筆ほど大切に扱ってしまって使う頻度が落ちるのですが、サファリなら大丈夫です。樹脂製の軽いボディにこの価格。ガシガシと傷なんか気にしないような使い方をする日常使いの万年筆だと私は思っています。

初心者向けの硬い書き心地

マサオカ

筆圧が強めの人はコレから使おう!

万年筆は筆圧に弱い作りになっています。圧なんかかけなくてもインクがスルスル出てくるんです。

しかし、今まで鉛筆やボールペンに慣れている人は筆圧が強い。LAMYのペン先はスチールでできています。金のペン先より硬くできているので、少し筆圧が強いくらいではペン先は痛みません。

筆記感もカリカリとしていて、鉛筆やボールペンに近い書き心地です。万年筆ならではの筆圧に慣れるという意味でも、金ペンの高級万年筆を買う前にLAMYを経験しておくのがいいでしょう。

LAMYサファリの特徴

Lamyサファリ万年筆の特徴

定番でハズレがないデザイン

このサファリシリーズはメジャー。定番過ぎて、本の表紙を飾ることだってあります。

誰がみてもオシャレと思ってしまう魅力があるんですね。なんにでも合わせやすくアクセントになるカラーリングです。

サファリを使って書き物をしていると、手元が映えます。

豊富なカラーバリエーションでコレクションも楽しい

サファリはそのデザインとカラーバリエーションから、女性ユーザーの支持もとても高い万年筆です。

LAMYサファリの基本カラーは7色

カラーは7色

スケルトンカラーに自分の好きなカラーインクを入れて使うのが流行りました。

クリップとペン先の色が合わされていて、統一感がありますね。この定番カラー以外にも毎年、限定色が販売されます。コレクターが黙っていません。

 

サファリを買う前に気をつけること

サファリにボトルインクを使いたい場合は、コンバーターを買わないといけません。

ボトルインク

ボトルインク

LAMYサファリにコンバーターを付けた状態

コンバーターを付けた状態

コンバーター式の場合、ボトルにペン先を突っ込んでインクを吸い上げます。この時ペン軸にインクが付いてしまうとペン軸も染まってしまうで気をつけましょう。

濡れティッシュでシッカリこすってあげればきれいになるのですが、ちょっと面倒ですよね。

もう一つ注意点があります。万年筆の特性として仕方がないことなのですが、長時間使わないまま放置するとインクが固まって出なくなります。

ペン先をぬるま湯で半日くらい馴染ませるでインクづまりがなくなることがありますが、固まらないように注意しましょう。

 

 

さいごに自慢する

Lamyサファリは初めての万年筆

安価でガシガシ使えて可愛い。気軽に使える万年筆「LAMYサファリ」の紹介でした。

定価は4,000円。ネットで買うとだいたい2,500円くらいで買うことができます。

私のサファリはデッドストック

「LAMYサファリのイエロー」というとド定番と思われる方もいると思います。が、私のサファリは少し違います。2009年のモデルチェンジ前のものを使っています。

写真からもわかるように、写真で見ていたサファリのクリップとペン軸がブラックになっていますが、最新モデルは両方シルバーです。廃盤を手に入れるのは少したいへんでした(自慢)

 

ラミーSafari旧版

Safariデッドストック(自分のやつ)

Safari現行モデル 引用:LAMY公式サイト

 

理由は単純でブラックの方が引き締まって美しいから。2色なのが良いです。このモデルを探すためにたくさんのお店を廻ってデッドストック品を探した思い出の一本です。

インクはモンブランのロイヤルブルー

このインクはゆころぐのゆうこりんさん(@yucorin_jp)からの頂きもの。試し書きも、このロイヤルブルーを使用しています。
LAMYサファリEFの試し書き
この場を借りてお礼をさせていただきます。ありがとうございました。

軸を汚さずにインクを交換する方法も紹介しています。こちらも参考にしてみてくださいね。

万年筆の首軸を汚さずにインクを交換する方法

LAMYサファリの紹介でした。さあ、あなたも初めての一本を持ってみませんか?最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す