GROVEMADE Wood Trackpad Tray レビュー|Magic Trackpadをウォールナット仕様に仕上げる魔法のトレイ

5 min

マサオカ(@iMassa07)です。

MagicTrackpad 2の角度を調節したい・・・
MagicTrackpad 2 を木製デスクにマッチさせたい・・・

今回は、GROVEMADEグッズの第二弾。「Magic Trackpad 2のトレイ」を購入しました。

GROVEMADEの「Wood Trackpad Tray(ブラックウォールナット)」です。

GROVEMADEのMagic Keyboard専用トレー「Wood KeyboardTray」の対となる商品で、世界三大名木「ウォールナット材」が使われた経年変化を楽しむトラックパッド用トレーとなっております。

海外のGROVEMADE公式サイト以外では購入できず、本体価格$80+送料$23.35と高価。

マサオカ

マサオカ

合わせて購入した方が賢いのですが・・・GROVEMADEのアイテムってじわじわ欲しくなってくるんですよね・・・

海外発送のため、到着まで2週間ほどかかる&高い送料+関税まで取られるので、かなりコストがかかります。

ですが、質の良いオイル仕上げのウォールナット材が使われたトレーは、高い充実感をもたらします。「デスクをかっこよく魅せたい」とお悩みのMacユーザーにおすすめしたい一品です。

GROVE MADEってどんなメーカー?

日本で販売していないので、聞き馴染みのないメーカーに感じるかもしれません。

GROVEMADE グローブメイド はオレゴン州ポートランド発の卓上雑貨を取り扱う会社。

Apple製品専用設計のおしゃれな卓上グッズを販売する「デザイン重視の高級ガジェットメーカー」です。

ウォールナットやメープル・レザーなど天然素材を生かした製品が特徴的。洗練されたデザインで、海外だけでなく日本国内にも根強いファンを抱える人気メーカーとなっています。

マサオカ

マサオカ

海外のデスクセットアップでは定番すぎるくらい有名!!

GROVEMADE Wood Trackpad Trayの特徴

ざっくり紹介
  • MagicTrackpad2専用のトレー
  • オイル仕上げのブラックウォールナットを使用
  • 裏面は滑り止めになるコルク
  • 木の反りを防止するアルミプレート
  • Amazonや楽天には置いてない

GROVEMADE Wood Trackpad Trayは、Apple MagicTrackpad2に合わせて設計された専用トレー。無機質な印象のトラックパッドにウッド製品の自然な雰囲気をプラスするカスタムパーツです。

対応モデル
  • Magic Trackpad2
  • 2021 iMac Magic Trackpad2

対応しているのはキーボードは「Magic Trackpad2」「2021 iMac Magic Trackpad2」の2種類。電池駆動の初代Trackpadは非対応なのでご注意ください。

GroveMade Wood Trackpad Tray
ウォールナット
GroveMade Wood Trackpad Tray
メイプル

ウッドの材質はアメリカンブラックウォールナットイースタンハードロックメイプルの2色。木材の美しさを引き立たせ、使い続けると風合いが増すオイル仕上げです。

裏面には滑り止めのコルク・反り止めのアルミプレートが挟み込まれています。

GRAVEMADE公式サイトから購入可能です。

外観・デザイン

購入したのは「Magic Trackpad2」のブラックウォールナットモデル。高品質のウォールナットが使われており、木材の面取りまで丁寧に行われています。

木材の塗装方法は木の感触を残す「オイル仕上げ」マットで手触りが良い質感なので、ウレタン仕上げのようなテカリがありません。水に弱いのが難点ですが、卓上なので問題なし。

Wood Keyboard Trayと同じく、センターに入ったレリーフロゴが程よいアクセント。

GROVEMADE Magictrackpad Trayサイズセンチ

サイズは18.0 × 14.4cm、厚みは1.02cm。縦幅はKeyboard Trayと同じなので、ジャストサイズでキーボードとトラックパッドが並びます。

MagicTrackpad2 単体の状態よりも横幅2cm・縦2.9cmのサイズアップ

厚みは+1cmになりトラックパッドに角度がつきますが、キーボードトレーを装着した時よりも操作感は変わりません。ウォールナットの下に、補強用のアルミフレームが挟み込まれています。

キーボードは乗っているだけで固定されていません。

トレーのカット部分に指を引っ掛けるだけで取り外せます。

上から見た図。肉眼ではわかりませんが、0.1mmほどキーボードが飛び出しています。この部分に指で引っ掛けても取り外し可能。指で触るとわかる程度で、見た目はほぼフラット。

裏面はアルミプレートの上からコルクが貼られています。

Keyboard Trayと同じく四隅がポッコリしていました。ここだけは本当に謎です。

サイズ・スペック表

製品名GROVEMADE
Wood Trackpad Tray
サイズ(実測)18.0 × 14.4cm
厚み(実測)10.2mm
重さ(実測)211.0g
素材ブラックウォールナット
アルミベース
コルクのパディング
種類Apple Magic Trackpad 2
2021 iMac Magic Trackpad
▶︎GroveMadeから抜粋

GROVEMADE Wood Keyboard Trayの感想

前回、MagicKeyboard専用トレーGROVEMADEのWood Keyboard Trayを購入したところ「どう考えてもトラックパッドトレーも買うべき」と強い意志に導かれ、追加購入しました。

マサオカ

マサオカ

最初からまとめて買っていれば、今回の送料(4,000円くらい)はかかりませんでした。めちゃくちゃ失敗です。

別々で買ってたらさらに送料がすごいことになりそうなので、同時に同じシリーズのパームレストも購入済み。同じ失敗は繰り返しません。(この後、さらにデスクマットを購入してしまいました。)

一つひとつ天然のウォールナットが使われているため、届いたトレイは世界に一つだけの模様。この所有感を満たす感覚がウッド製品の魅力ですよね。

使い込むと明るく変化するウォルナットの性質と合わせて、長く使い続けていける製品です。

それでは、メリットデメリットに分けて感想を紹介していきます。

○ Keyboard Trayとの一体感が完璧

無機質なキーボード・トラックパッドとオイル加工の木の質感の対比が、それぞれのアイテムを引き立てています。

思っていた通り、GROVEMADE Wood Keyboard Trayとの親和性がかなり高く、間違いなく最初から一緒に買うべきでした。

このために送料など5,000円多く支払ってしまったのが悔しいですが仕方ありません。

キーボードとトラックパッドのフレームが同じウォールナット材を使っているため、絶妙な一体感を持っています。黒デスクには、ブラックウォールナットが鉄板。

○ 合わせるMagicTrackpadはスペースグレーが正解

GROVEMADE trackpad tray

合わせるMagic Trackpadは、ホワイトよりスペースグレーが間違いなく似合います。ウォールナットを選ぶなら、トラックパッドもスペースグレーを合わせましょう。

残念なことに、AppleはスペースグレイモデルのMagicTrackpadを生産終了しているので、店舗在庫がなくなるともう購入できません。読んでいる時点で無くなっているなら、中古などで探すしかないでしょう。

Trackpadは、私のものでも7年以上使い続けるほど頑丈です。これから買ってもずっと使い続けられるはずですよ。

× GROVEMEDE Wood KeyboardTray との微妙な段差

気はマッチするWood Keyboard TrayとWood Trackpad Trayですが、真横に並べると少し段差があるのがわかります。写真では伝わりにくいかもしれませんが、1mmくらい厚みが違うんです。

ハンドメイドによる誤差なのでしょうが、二つのトレーがフラットに並ばない点が残念でした。

× 海外からしか購入できない

GROVEMADE製品は海外での販売のみとなっていて、Amazonや楽天からは購入できません。直接公式サイトから購入するしかなく、英語なので購入までのハードルが高い。

愛媛県までの送料はShipping: $20.85 USD(+関税などで2,000円)、到着まで2週間かかりました。(Wood Keyboard Trayとは別購入)

結構いい値段します。

まとめ|Mac製品をおしゃれに着飾るトレー

ここが良い

  • トラックパッドをおしゃれにカスタムできる
  • Keyboard Trayと組み合わせるとおしゃれ
  • ウォールナット好きは絶対好き

ここが残念

  • 海外でしか売っていない
  • Keyboard Trayと並べると1mmくらい段差ができる

今回はGROVEMADEのWOOD Trackpad Trayをレビューしました。

GROVEMADEのMagicKeyboard Trayが欲しい人は絶対合わせて買った方が良いアイテム。MagicKeyboardを使っていなくても、良い感じで奥行きがでるので単体でも使いやすくなっています。

デスクのアクセントに最適なグッズでした。

GROVEMADEのKeyboard Trayもレビューしているので、このアイテムに興味を持ったなら合わせてご覧ください。

本日はここまで。ありがとうございました。マサオカ(@iMassa07)でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です