メカニカルキーボードのおすすめキーキャップ|ウォルナットキーキャップで個性を演出

2 min
ウォールナットキーキャップ

キーボードのキーって、交換できるのを知っていますか?

キーキャップ

この部分はキーキャップといい、専用の工具を使えばかんたんに取り外せます。

手軽に個性を出せるので、海外でも人気のキーボードカスタマイズの一つ。

交換用のキーキャップは、海外サイトやAmazonで「キーキャップ/keycap」と検索すればたくさん見つかります。

Keychron K6にウォールナットキーキャップ

今回は、Keychron K6Escキーをウォールナット(くるみの木)製のキーキャップに変更しました。

たった1つのキーを木製に変えるだけで、キーボードのメカメカしさが緩和されてインテリアにマッチ。

気軽に個性的なキーボードを作れるので、ぜひやってみてください。

マサオカ

マサオカ

ウォールナット大好き芸人なので、見つけた瞬間買いました!

全てのキーボードが交換できるわけではありません。
今回はCherryMX軸のキーキャップを、互換性のあるGeteron軸に取り付けました。

CherryMX互換スイッチに取り付けできるキーキャップ

本日購入したのは、escapeキー用のキーキャップ。記載にありませんが、二つ入りです。

CherryMX互換スイッチを使ったメカニカルキーボードに取り付け可能です。

CherryMX互換キーキャップ

それぞれ木目・色味の違うウォールナットが使われていて、ABS樹脂でコーティングされています。手触りはツルツル、凹凸はありません。

キャップの種類はの10種類。

全て取り付けた状態

スペースキーを除いたセット(WASD Arrow Esc 9 Key)もあり、単体で買うよりも5,000円ほど安くなります。

キャップ裏面がすこし雑ですが、見えない部分なので気にしません。

Keychron K6(Geteron軸)のキーキャップと比べても、ほとんどサイズ差はありません。

こちらのキーキャップは海外から発送になるようなので、到着まで2週間くらいかかりました。購入前に注意です。

ウォールナットキーキャップを取り付け

Before
After

Keychronのキーキャップから、ウォールナットのキーキャップに変更してみました。

キープラー

キーキャップの取り付けには、キープラーというキーキャップの引き抜き工具を使います。

持っていなければ、大手キーボードメーカーFilcoの「FILCO キートップ引抜工具」がおすすめ。

キープラーを引っ掛けて
キーキャップを外す

キープラーをキーキャップの四隅に引っ掛けて引き抜いて取り外します。そのまま替えのキーキャップをはめ込んで取り付け完了。

めちゃくちゃかっこよくなったんだが。

黒いアルミフレームと絶妙にマッチしています。デスク周りの小物との親和性まで上がりました。

満足しすぎて、別のキーも買っておいたらよかったと後悔しているところです。

マサオカ

マサオカ

スペースキーと十字キーも欲しくなってきたよ。

ちなみに、KeyChronのキーキャップと比べると少しキーの高さが変わります。タイピングの邪魔にはならない誤差程度です。

escキーだけで2,700円しますが、めちゃくちゃ満足。

細部にまでこだわりたいあなたにおすすめ

ここが良い

  • かんたんに取り付け可能
  • 好みに合わせて好きなキーキャップを選べる

ここが残念

  • 裏側の仕上げが雑
  • コスパは悪い

メカニカルキーボードのキャップをウォールナット製に変更してみました。気軽に好みのデザインに変更できるので、おしゃれなデスクを目指している人にかなりおすすめ。

木製キーキャップは主張しすぎず、デスクの小物との一体感を高めてくれます。

キーボードの色味を落ち着かせたいときや、個性を出したい時に使ってみてください。

本日はここまで。ありがとうございました。マサオカ(@iMassa07)でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です