大人が読めるおすすめ漫画40選

【AnkerPowerCore10000PD】iPhone+iPadが同時に高速充電できる小型大容量モバイルバッテリー

AnkerPowercore10000PD

スマホ中毒のマサオカ(@iMassa07)です。

iPhoneの電池切れが怖くて、出かける時にはモバイルバッテリーが欠かせません。

iPhone・iQOS・iPad Pro・OsmoPocketとたくさんの電子機器を持ち歩くことが増えたので、慢性的なバッテリー不足に悩んでいました。

iPhoneiPad ProOzmoPocketiQOS
持ち歩いている電子機器たち。

今まで、薄くて軽いモバイルバッテリー「PowerCoreSlim5000」(iPhoneXS満充電1.3回程度)を使っていましたが、足りなくなってきました。

PowerCoreSlim 5000
PowerCoreSlim 5000 (118g)
ankerpowercoreslim5000【AnkerPowerCoreSlim5000】スマホに重ねて持ち運びできる!おしゃれなモバイルバッテリー
マサオカ
iPhoneだけなら十分。だけど、他端末も充電するなら5000mAhじゃ不安。

かといって、手持ちの大容量バッテリー「PowerCore20000PD」(iPhoneXS満充電7.5回程度)は、肩掛けバッグに入れるには大きく、重すぎます。

AnkerPowerCore20000PD
PowerCore 20000PD (368g)
マサオカ
PowerCore 20000PDは大容量なので、出張のお供に最適です。

そこでSlim5000よりも大容量、20000PDよりも持ち運びしやすい”ちょうどいい”モバイルバッテリー「AnkerPowerCore10000PD」を購入しました。

AnkerPowercore10000PD
PowerCore 10000PD (196g)
ヨメ
10000mAhあれば、iPhoneXSなら「3.7回」分も充電できるよ!

10000mAhの大容量バッテリーなのに、iPhoneXと同じくらいの軽さ。

一度に2端末の充電ができ、PD対応で高速給電が可能なモデルです。

まるで、Slim5000と20000PDのいいとこを取ったようなモバイルバッテリー。

PowerCore10000PDと比較
バッテリー容量はSlim5000の倍、重さは20000PDの半分!
PowerCore10000PDってこんなヤツ
  • 10000mAhなのに小型軽量サイズ
  • 一度に2端末の充電が可能
  • PD対応で高速充電、給電が可能

それでは「AnkerPowerCore10000PD」のレビューをしましょう。

AnkerPowerCore10000PDの基本情報

AnkerPowerCore10000PD外観
特徴
  • PD対応10000mAhバッテリーでは最軽量
  • USB-C/USB-Aポートで同時充電が可能
  • PD・PowerIQ対応の高速充電
  • 小型機器にダメージを与えない低電流モード搭載

大容量なので、スマホ+αの電子機器を持ち歩く人におすすめです。

AnkerPowerCore10000PD 外観の特徴

手にすっぽりと収まる、ミニマムなデザイン。これで10000mAh(iPhoneXS3.7回分)ですから、技術力に驚きです。

AnkerPowerCore10000PD手のひらサイズ

側面にはUSB-C(PD対応)とUSB-A(PowerIQ対応)の端子が並んでいます。

AnkerPowerCore10000PDUSB

USB-CはPD対応の18w、USB-AはPowerIQ対応の10wなので、どちらもハイスピード充電が可能です。合わせると最大で28wまで出力できます。

iPhoneXSなら、30分で50%の充電が完了します。

https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/yome_c.jpg
ヨメ

PDってなに?PowerIQってなに?

https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka_d.jpg
マサオカ

簡単に言うと、充電スピードが早くなる仕組みです!
説明はするけど知らなくていいから、読み飛ばしてね!

PD(PowerDelivery)とは?

USB PDは最先端の充電規格です。接続した端末の「最適な電圧・電流」の組み合わせを読み取り、自動でもっとも効率の良い充電を行います。従来の20倍とも言われる高速充電が可能です。

USB PDには、PD対応ケーブル・PD対応充電アダプタを利用します。

PowerIQとは?

接続した機器を検出して最適な電流を流す、Ankerの独自技術です。高速充電が可能になります。

ボディ表面はストライプ状に溝が入っていて、持ちやすく手触りの良い加工が施されています。指紋汚れが目立ちにくく、高級感を感じるデザインです。

PowerCore10000PDマット加工

ストライプは全面のみ加工されていて、背面にはありません。

側面に電源ボタンがあり、ボタンを押すとLEDインジゲーターが点灯します。4段階表示でバッテリー残量が把握しやすいです。

AnkerPowerCore10000PD側面

サイズはとても小さく、11.0cm×5.5cmです。丸みのあるデザインなので、鞄に入れても邪魔にならないし、他の道具を傷つける心配もありません。

AnkerPowerCore10000PDサイズ
約11.0 x 5.5 x 2.5 cm(実測値)

重量は196g。急速充電に対応した10000mAhのモバイルバッテリーとしては異例の軽さでした。

AnkerPowerCore10000PD重さ
196.0g

PowerCore20000PD(368g)に慣れていた私には軽すぎます。驚きです。

AnkerPowerCore10000PD 付属品

付属品
  • AnkerPowerCore10000PD本体
  • 収納ケース
  • USB-C to USB-Cケーブル(90cm)

PowerCore10000PDと10000Reduxの違い

Ankerの商品に、似た名前の「PowerCore10000Redux」がありますが、これはPowerCore10000PDと同じスペックでUSB-Cが無いバージョン。

USB-AだけでOK!という方はこちらがおすすめです。

AnkerPowerCore10000PDの使用感

/img/masaoka_b.jpgマサオカ

ここからは、実際に使ったレビューです!

大容量なのに軽くてコンパクト。普段使っているショルダーバッグに気軽に入るサイズで、とても使い勝手がいいモバイルバッテリーです。

出先で電池が切れた時、カバンからケーブルを垂らしスマホを充電するのかっこ悪いですよね。

USB PDは充電時間が早い

USB PDは充電時間が早い

10000PDは高速充電PD(PowerDelivery)対応なので、このかっこ悪い充電時間が短くなります。

注意!

高速充電「USB PD」を使うには、対応ケーブルが必要です。

PowerCore10000PDは2台同時給電ができる

PowerCore10000PDは、USB-CとUSB-Aの同時充電ができます。

AnkerPowerCore10000PD充電

外出先では、iPhoneテザリング経由でiPad Pro(Wi-Fiモデル)を使います。片方が切れると作業ができないので、バッテリーが切れそうになったタイミングで繋いでいます。

AnkerPowerCore10000PD充電

この方法で丸一日使っても、10000mAhのバッテリーを空になることは中々ありません。

PD対応の充電ケーブルを準備

高速充電するなら、USB-CケーブルはPD対応を用意しましょう。上の写真では、「PowerLine+ USB-A to ライトニング」と「PowerLine+ USB-C to USB-C」を使っています。

/img/masaoka.jpgマサオカ

10000PDは高速充電に対応してるので、USB-CはPD対応を使おう!

iPadを高速充電するならコレ

iPhoneを高速充電するならコレ

PowerCore10000PD本体も高速充電できる

PDに対応した急速充電器とケーブルを利用すると、バッテリー本体への給電は3.5時間で完了。めちゃくちゃ早いです。

マサオカ
PD非対応なら9時間かかります。倍以上のスピード!

USB-Cで充電・給電の両方ができるのも嬉しいですね。昔のモデルでは、MicroUSBで給電していました。余計なケーブルを用意しなくていいのが嬉しいですね。

注意ポイント

同梱のUSB-CケーブルはPD対応ではありませんでした。高速充電を体感するなら、PD対応のUSB-Cケーブルを購入する必要があります。

PD対応のケーブルと高速充電器を準備

PD対応のケーブル

AnkerのPowerLine+PowerLine ⅡがUSB PDに対応しています。

/img/masaoka.jpgマサオカ

合わせて、PD対応の充電器も用意しましょう。

PD対応の急速充電器

Ankerの「PowerPort Ⅱ PD」や「PowerPort Atom PD 1」がPDに対応しています。私は自宅で「PowerPort Ⅱ PD」を、外出時には小型の「PowerPort Atom PD1」を使っています。

Anker PowerPortⅡ PDの全面
万能型のPowerPort Ⅱ PD

AnkerPowerPortAtomPD1
最小サイズのPowerPortAtomPD1

PD対応ケーブルと充電器を忘れず購入しましょう。

小型機器の充電も安全な低電力モード

電源ボタンを2回押す/2秒以上長押しすると、LEDインジケーターが緑色に点灯し「低電力モード」に切り替わります。

AnkerPowerCore10000PD電源ボタン

低電力モードは、Bluetoothイヤホンやウェアラブルデバイスなどの小型機器に最適な電力を流すモードです。

AnkerPowerCore10000PD電源ボタン長押し
2秒間長押しで「低電モード」に。
マサオカ
小型機器の充電をするときはこれを使おう!

結局どのケーブルを用意すればいいの?

USB PDの高速充電を行うためには、PD専用ケーブルが必要です。たくさん紹介しましたが、利用ケースに合わせて準備するケーブルはこちらです。

iPadなどUSB-C端子を充電したい

iPhoneを充電したい

PowerCore10000PD本体を充電したい

/img/masaoka.jpgマサオカ

充電器もPD対応が必要です!

PowerCore10000PDまとめ|バッグに入れておきたいバッテリー

AnkerPowerCore10000PD

Anker「PowerCore10000PD」の紹介でした。

PD対応の急速充電対応機で最軽量なので、持ち運びの負担は全くありません。サイズも小さく、小さなカバンでも邪魔にならない。

しっかり10000mAhと大容量なので、一台でたくさんのデバイスの充電が賄えます。

最近のiPhoneバッテリーはどんどん大容量になり、5000mAhのモバイルバッテリーでは足りなくなってきました。

iPhoneバッテリー容量
iPhone XR2,942mAh
iPhone XS2,658mAh
iPhone XS Max3,174mAh
iPhone X2,716mAh
iPhone 81,821mAh
iPhone 8 Plus2,691mAh
iPhone 71,960mAh

バッグの中に投げ込んでおくだけで安心できる。そんなモバイルバッテリーですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。マサオカ(@iMassa07)でした。

PowerCore10000PDの評価
サイズ
(4.5)
軽さ
(4.0)
デザイン性
(4.0)
値段
(3.5)
総合評価
(4.5)
iPhoneアクセサリーおすすめ【2019年】買ってよかった!iPhoneにおすすめのアクセサリーまとめ

コメントを残す