スマートな3色ボールペンLAMY トライペン L756

スポンサードリンク


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

もう手元にはありませんが、LAMYのtripen(トライペン)を愛用していました。

購入時の写真を見つけました。かなり気に入っていたので紹介します。

スポンサードリンク


マットな質感のラミーtriPen

現在は生産が終了されているカラー。

記憶が確かだと、このペンを買ったのが2013年。どうしても、マットブラックのこのペンが欲しくて勇気を出して買いました。

それから一年後に、このマットブラックの色が廃盤になりました。人気なかったのかな?

しっとりしたマットな肌触りと、シルバーのペングリップがいい味を出しています。

triPenの文字色

  • ボールペン
  • シャーペン
  • マーカー(オレンジ)

三色です。シャーペンとボールペンをメインで使っていたので、両方が一本で使えて細いオシャレボールペンを探していたところ見つけました。

触り心地も良く、ペン軸を回してリフィルを出すタイプの作りも気に入って、メインのボールペンとして愛用していたんです。

しかしこの数ヶ月後。

胸ポケットに入れたまま居酒屋を渡り歩いたのが悪かった。

泥酔してペンキャップの部分だけを無くします。

近くの文具店で相談し、LAMYに修理を依頼したのですが、その時には既にマットブラックが廃盤。

ペンキャップの取り寄せができなくなったのでした。

LAMY神対応

「修理はできませんが、別の色と交換ならできます。」

修理費5000円で、色違いのマットステンレス(新品)と交換して頂けたのです。新品!

それから今度はペンキャップを無くさないように大切に使っていました。

ラミートライペンとの別れ

去年のことです。

多分仕事が出来るであろう後輩がうちの会社に入社しました。

そして半年経ち、その後輩が20歳の誕生日を迎えるとのことで。

このLAMYをプレゼントしたと言うわけです。

彼はカメラが趣味なので、文具マニア×カメラマニアのコラボが実現。

もはや商品紹介とかに使う写真だよねコレ。転載ではありませんよ。

因みにトップ画像も、彼に撮影して貰いました。

こちら。こだわり文具たちです。

今でも、初めて立ち寄る文具店ではマットブラックのデッドストックを探しています。

スポンサードリンク


Facebookページをゼロからやり直しました。

記事が役に立った!と思ったらシェアお願いします|д゚)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、二児の父。採用担当兼Webマネージャー。

「読んだ人の生活の質があがるコンテンツ配信」をテーマにブログを運営してます。

iPhoneについて、仕事効率化について(ツール、思考術)、健康について、文具について。

職業上、Wordpressを扱っていますので、たまに備忘録として紹介もします。

愛読書はデビットアレン著 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術