Amazonで1,000円ゲット!キャンペーン中

CalDigit Tuff nanoレビュー|IP67防水・神速1000MB/s!ジッポーサイズの次世代SSD|【512GB〜1TB】

6 min
CalDigit Tuff nano外付けおすすめSSD

超小型ポータブルSSDに目が無いマサオカ(@iMassa07)です。

悪魔的スペックのポータブルSSD、見つけました。

CalDigitの「Tuff nano(タフ ナノ)です。

外付けSSD CalDigit Tuff nano

このタフナノ、信じられない機能が盛りだくさんの次世代SSDです。

  • データ転送速度1000MB/s
  • 防水防塵性能IP67
  • 耐衝撃バンパー付き
  • T5より小さいポケットサイズ
https://oldno07.com/wp-content/uploads/2020/01/masaoka_t.jpgトネオカ

SSDが防水?1000MB/s?どういうことだ海老川

大容量で高速転送ができるのは当たり前。(1000MB/sはこれまでの常識の倍速)

さらに防水防塵・耐衝撃性能に特化し、まさに「持ち運び」するために生まれてきたSSD。令和時代のSSD最高傑作だとマサオカは断言いたします。

外付けSSD CalDigit Tuff nano

それではCalDigit Tuff nanoを紹介しましょう。

こんな人におすすめ
  • 外での作業が多いサラリーマン
  • データ受け渡し作業が多いクリエイター
  • 大容量のデータ転送が必要なカメラマン
  • 膨大なPCデータを外付けSSDに移動させたいあなた

動画でも紹介しています

[box class=”rinker-comment”]

CalDigit Tuff nanoとは?

CalDigit Tuff nano
https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/yome_b.jpgヨメ

CalDigitってどんなメーカー?

CalDigitといえば、次世代型の高機能ドッキングステーション「USB-C Pro Dock」や「TS3 Plus」を販売するPCメーカー。

マサオカブログの作業デスクにも、トリプルモニター構築のためにCalDigitが一役を担っています。

USB-Cドックトリプルディスプレイ

このハブの性能は折り紙つきです。ケーブル一本で、4K60Hzの映像を2画面出力しつつ充電もできるというロマン仕様。どれだけ素晴らしいかは「CalDigit USB-C Pro Dockレビュー」で解説してるので、Macユーザーは絶対見たほうがいい。これはホントに。

https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/yome_b.jpgヨメ

話が逸れそうだから、Tuff nanoの説明に戻って!

と、それくらいマサオカが信頼しているメーカーのSSDが、CalDigit Tuff nano(タフ ナノ)なのです。

CalDigit Tuff nano

容量は500GB/1TBの二種類。カラーラインナップは4色、耐衝撃バンパーの色を選びます。カジュアルなデザインで、一見するとSSDに見えないオシャレさがあります。

CalDigit Tuff nano タフナノSSD
  • チャコールブラック
  • ロイヤルブルー
  • トマトレッド
  • オリーブグリーン

バスパワーなので、電源も要りません。パソコンに直挿しするだけで使えます。

Tuff nanoの特徴
  • データ転送速度1000MB/s
  • 防水防塵性能IP67
  • ポケットサイズ
  • 耐衝撃バンパー付き
  • ケーブル・専用ケース付き
  • 容量518GB・1TB

従来の2倍のデータ転送速度1000MB/s

何と言ってもまずは読み込みスピード転送1000MB/sの速さ。4K映像の編集やRAWファイルの転送も軽々です。

CalDigit Tuff nanoの転送速度

私の手持ちポータブルSSDでは最速です。名作SSDと言われるSamsung T5でさえ転送速度540MB/sが限界ですが、Tuff nanoはその倍のスピードを出しています。

その秘密は、高価なM.2 NVMe接続 PCIe SSDを使ったこと。金額を代償にして神速の転送スピードを手に入れました。

https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka.jpgマサオカ

PCIe接続のSSDは、SATA 3.0接続SSDの7倍速いと言われます。その代わりPCIe接続は高価です。

参考M.2 SSDとは?SATA接続とNVMe接続の違いについてもまとめました

もちろんUSB-C端子を採用しているので、MacBookに直接アクセスできます。

CalDigit Tuff nano

SSDなのに水に浸けても大丈夫

もう1つのポイントはIP67の防水性能

防水外付けSSD

IP67といえば、水深1mで最大30分間の耐水性能があるということ。iPhoneXと同じ防水性能。

https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka.jpgマサオカ

水たまりにドボンしても大丈夫なのです。

CalDigit Tuff nanoの防水防塵性能IP67

この耐衝撃ラバーバンパーのおかげで、もし高所からSSDを落としてしまってもラバーが衝撃を吸収してくれます。

3mの高さから落下させるテストに合格しているので、カバンからポロッと落ちた程度ではびくともしません。

圧倒的に小さくカジュアルなデザイン

デザイン周りは、いい意味でガジェットらしくないカラフルなラバーを採用しており、カジュアルでスマートな印象を持ちます。取り外しもできます。

CalDigit Tuff nanoのラバーは取り外し可能

サイズは75.9×54.4×14.5mmと同スペックのSSDと比べても小さく、本体の重さは64.5gと軽量。

CalDigit Tuff nano重さ
本体64.5g
CalDigit Tuff nano重さ
ラバー含77.0g

手に触れる部分は柔らかく弾力のあるラバーで覆われて握り心地がよく、持ち運びに最適な形になっています。

CalDigit Tuff nano握り心地がいい

付属品には着脱式のUSB-C to USB-Cケーブル(0.25m)・USB-C to USB-Aケーブル(0.25m)・専用ケースが付属します。

専用ケースはTSUTAYAのレンタルDVDが入ってる透明ケースみたいな質感。頑丈で壊れそうにありません。

  • USB-C to USB-Cケーブル(0.25m)
  • USB-C to USB-Aケーブル(0.25m)
  • 専用ケース

スペックまとめ

CalDigit Tuff nano
名称CalDigit Tuff nano
サイズ75.9×54.4×14.5mm
重さ74g
容量500GB/1TB
インターフェースUSB 3.2 Gen2 (10Gbps)
USB-C
ドライブM.2 NVMe PCIe SSD
読み込み速度1055MB/s
書き込み速度900MB/s
価格500GB:19,800円(39.6円/1GB)
備考防水・防塵・耐衝撃
ラバーバンパー付属

CalDigit Tuff nanoレビュー

CalDigit Tuff nanoレビュー
https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka.jpgマサオカ

ここからは、実際に使ってみたレビューです!

ケーブルの長さ(0.25m)がちょうどよく、カジュアルなデザインがめちゃくちゃいいですね。ガジェット”らしくない”オシャレさです。

CalDigit Tuff nano

無骨なデザインは「THE・ガジェット」感があっていいのですが、美しいデザインって持ってるだけで幸せになれるんですよね。所有欲って大切。

https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/yome_c.jpgヨメ

マサオカが「細かい」と言われる所以・・・・

ラバーバンパーの後ろに突起が付いているので、デスクに置いても滑らず、傷防止になります。これ結構嬉しい。

CalDigit Tuff nanoラバーの突起
https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka.jpgマサオカ

メインの外付けSSDSAMSUNG T5アルミむき出しなので、メラミン化粧板のデスクに傷が付かないか心配しながら使ってました。

名機SAMSUNG T5より小さい

ラバー製バンパーを取り外すと、さらにコンパクトになります。

CalDigit Tuff nano

nanoの名前の通り、サイズがめちゃくちゃ小さくなっています。

CalDigit Tuff nano

私がメインで使っているSAMSUNG T5を超える小ささ。

CalDigit Tuff nanoとSAMSUNG T5のサイズ比較

厚みはSAMSUNG T5が勝ちましたが、サイズは一回り小さくなっています。適度なサイズ感です。

ラバーをつけると、SAMSUNG T5とほぼ同じサイズ。このサイズで防水防塵・耐衝撃が付いているのだから驚きです。

https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka.jpgマサオカ

これ以上小さくなると失くなりそう!

耐衝撃・防水だから雑に扱っても大丈夫

防水防塵性能IP67、つまりiPhoneXと同じ防水性能。

CalDigit Tuff nano

SSDをお風呂に持っていっても大丈夫という謎の仕様だと思っていませんか?

CalDigit Tuff nano

これは外出時の雨や、リュックの中でペットボトルの水が溢れるというありえないような災害にあっても、大切なデータが守られるということ。

CalDigit Tuff nano
https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka_b.jpgマサオカ

もしもの時に、安心して委ねられるSSDって意外となかったんですよね。

転送速度チェック

検証にはMacbook 13インチ2018を、利用ソフトは「AmorphousDiskMark 1.2.3」を利用しました。

CalDigit Tuff nano
/img/yome_b.jpgヨメ

アイコンが可愛い!!

Tuff nanoの転送速度は公表値で読み込み1055MB/s、書き込み900MB/s。実際にはこのようになりました。

読み込みはもう少し出て欲しかったですが、それでもやはり高速。書き込みはほぼ公表値の速度を出せているようです。

USB-C 3.2 Gen2(旧B-C 3.1 Gen2)かつM.2 NVMe接続 PCIe SSDを利用して驚きの速度を実現しています。

実際のファイル転送スピード

毎回実験しているのと同じ環境で転送速度を測ってみます。MacBookPro13インチで、3GBのデータを移動させました。

caldigit tuff nano転送速度

転送速度は約4秒。今まで使っていた500MB/s系のSSDと比べ、体感でわかるくらいに転送速度がめちゃくちゃ速い

https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka_b.jpg

過去イチで早いぞ!!!

SSDは安心のTOSHIBA製

CalDigit Tuff nanoの内蔵SSDは、「東芝/Kioxia NVME SSD」を利用しています。

TOSHIBAはHDD故障率の低さから、たくさんのPCオタクユーザーに愛用されている信頼のメーカーです。

他のメーカーの記録媒体がバシバシ故障していく中、東芝製だけは故障率0%という驚異の数字を叩き出した実績もあります。

2019年第1四半期は東芝が提供している5TBと4TBのハードディスク(MD04ABA500V、MD04ABA400V)の故障率が0%だった点が注目される。これは該当期間に1台もハードディスクが故障しなかったことを示している。東芝の5TBモデルのドライブ障害の発生は2016年第2四半期が最後だったという説明も掲載されており、低い故障率が続いていることがわかる。

東芝製HDDの故障率はゼロ、2019年第1四半期Backblaze調査|マイナビニュース

そんなTOSHIBA製のSSDが内蔵されているので、安定稼働への信頼感がありますよね。

https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka.jpg

ちょっと高いけど、TOSHIBA製なら安心!(昔、痛い目にあった)

ケーブルの短さがちょうどいい

デイリーユースで意外と気になるのが、ケーブルの長さ。通常のケーブル(例えば0.7mとか)だと、無駄に長くなってしまいます。

Tuff nano付属のケーブルは0.25mとすごく短いので、パソコンに直挿しするときの取り回しがすっきりします。

CalDigit Tuff nano
https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka_b.jpg

こういった細かな配慮がCalDigitのいいところ。めっちゃ細かいところまでユーザー目線なんですよね。嬉しい。

[box class=”rinker-comment”]

ここが良い

  • データ転送速度1000MB/s
  • 防水性能IP67
  • 耐衝撃性能
  • ナノサイズ

ここが残念

  • お値段19,800円と高価
  • 発熱がすごい

CalDigit Tuff nanoレビューまとめ

神速のデータ転送速度1000MB/sに加え、防水・耐衝撃対策まで施されたミニマルなポータブルSSD「Caldigit Tuff nano(タフ ナノ)」のレビューでした。

caldigit tuff nano
https://oldno07.com/wp-content/uploads/2019/07/masaoka.jpgマサオカ

まさに”タフ””ナノ”ないいとこ取りのSSDです!

値段は500GBで19,800円(1GBあたりの単価39.6円)と高価ですが、金額を代償に圧倒的な速度を手に入れたと考えてください。

caldigit-tuff-nano

それに、大切なデータを失うリスクと比べれば安いでしょう。私は大切なデータを入れる箱として、このタフでナノなボディをガシガシ使っていきます。

本日はここまで。ありがとうございました。マサオカ(@iMassa07)でした。

名称CalDigit Tuff nano
サイズ75.9×54.4×14.5mm
重さ74g
容量500GB/1TB
インターフェースUSB 3.2 Gen2 (10Gbps)
USB-C
ドライブM.2 NVMe PCIe SSD
読み込み速度1055MB/s
書き込み速度900MB/s
価格500GB:19,800円(39.6円/1GB)
備考防水・防塵・耐衝撃
ラバーバンパー付属

10/10

神速・防水IP67性能・高度3m耐衝撃の外付けSSD決定版
外出でも気兼ねなく使え、自宅でもハイスペックな機能を余すことなく発揮するオールマイティーな外付けSSD。汎用性の高さは随一で、どこにいても大切なデータを保護します。
まさに”タフ”で”ナノ”なポータブルSSDの名機。1000MB/sのデータ転送速度で、ストレスも置き去りにします。

ここが良い

  • データ転送速度1000MB/s
  • 防水性能IP67
  • 高度3mの耐衝撃性能
  • 衝撃のナノサイズ

ここが残念

  • お値段19,800円と高価
  • 発熱がすごい

おすすめポータブルSSD

マサオカ

マサオカ

Webデザイナー

「生活の質がちょっとよくなるアイテム」をレビューしています。
子供の頃からインテリア雑貨が好きで文具・デスク周りのPCガジェットを収集するようになりました。

LINE公式アカウントではブログの更新情報を月数回、Twitterでは自由に発信しています。

プロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

FOLLOW

カテゴリー:

この商品をお得に安く購入する方法

Amazonで1000円貰えるってホント?

ヨメ

ヨメ

マサオカ

マサオカ

ギフト券5,000円買うだけで、1000円分のポイントを貰えるキャンペーンをやってるよ!

  • 初回チャージ1,000円分のポイントをゲット(還元率20%)
  • 購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲット

公式Amazonチャージの特典

一回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円~19,999円0.5%1.0%
20,000円~39,999円1.0%1.5%
40,000円~89,999円1.5%2.0%
90,000円~2.0%2.5%

\Amazonをお得に使うキャンペーン/

  • たった3秒で作業は終わります
  • 使うほどお得なキャンペーンです

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です