18.12.12 ブログテーマPORIPUをアップデート

MAMORIOは使えない?世界最小の落とし物トラッカーをレビュー

落し物トラッカーMAMORIO

「落としものトラッカー」は、2015年あたりから徐々に増えてきました。

無くしたら困る荷物や鍵に付ける、タグの形をした小型IoTデバイス。荷物を紛失したときに音で知らせてくれたり、GPSで見つけ出してくれるものです。

モノを無くさないための予防策が、たくさん増えてきました。

今回は、幕張メッセで開催された技術の祭典「SEATECJAPAN」にも出典していた落とし物トラッカー「MAMORIO」のレビュー。そして、MAMORIOは使えないのか?についてレビューです。

MAMORIO(マモリオ)

SEATECJAPAN2017のMAMORIOブース。薄くオシャレだったので衝動買い。

「なくすを、なくす」世界最小の落とし物トラッカー。と強気なキャッチに惹かれました。

MAMORIOは落とし物を知らせてくれるIoTタグ

MAMORIOはキーケースに付けられるサイズ感

マモリオは、無くしたら困るもの・よく置き忘れしててしまうようなものに付けておく「タグ」です。

基本的に、普段の生活が変わることはありません。タグを付けて、そのまま生活する。

その大切なものが無くなりそうになった時に使います。

スマートフォンに「荷物落としたよ!」と通知され、落とし物を未然に防ぐリスク回避のガジェットです。

マサオカ

よく財布を無くす私にピッタリのガジェットですねぇ!
そうやって開き直ってるから落とし物が多いんだよ…

ヨメ

MAMORIOはこんなガジェット

  • 世界最小サイズの落とし物トラッカー
  • 電池持ちは最大1年間
  • 電池交換は自分ではできない
  • 落とし物があったらiPhoneに通知される
  • Bluetoothタイプ

MAMORIOは、無くしたら困るものに付けます。鍵、財布、カメラ、カバンですね。

すでに自宅はQrioスマートロックでキーレス化しているので、今回は財布とカバンにつけてみることにしました。

あわせてよみたいQrioで自宅がスマートロックになる日が来た【1年レビュー】

MAMORIOをレビューしてみる

マモリオは、スマートフォン専用アプリをダウンロードしてタグを紐づけて動作させます。Bluetooth経由の設定でとても簡単に登録ができるのでスマホが苦手な人でも大丈夫。

2つ買いました

MAMORIOで変わったこと

無くしても大丈夫、という変な安心感ができました。一番役立つのは「本当にモノが無くなったとき」なので、MAMORIOの恩恵はまだ受けていません。

そして、できれば恩恵を受けることなく(落とし物することなく)電池が切れるまで使い切れればいいなと思っています。

アプリの初期設定をしてしまえば他にやることはありません。

落とし物に気づいたとき、MAMORIOを付けたこと自体を忘れないかが今一番心配していることです。

 

MAMORIOを使った口コミ

MAMORIOの類似アイテム

購入にあたって、比較したのはこの2社です。

TrackR bravo Item Tracker

60g、コインサイズのBluetoothトラッカー。

Qrio Smart Tag

マサオカの自宅キーレス化の立役者「Qrioスマートロック」と同じシリーズのスマートタグ。SONY。

Qrioで自宅がスマートロックになる日が来た【1年レビュー】

保証期間は3ヶ月

メーカーによる保証期間は3ヶ月になっています。4,000円以下の商品なので、妥当でしょうか。

電池交換が自分でおこなえないため、メーカーが行っている電池交換プログラムを使わないといけません。

MAMORIOが使えないポイント

MAMORIOは、安価で位置情報をトラックしてくれるタグとしての機能は申し分ありません。

ただ、使ってみて「これは使えない」と感じたことをまとめておきます。

MAMORIOが使えないポイント1

「みんなで探す」クラウドトラッキング機能について。

紛失したときに、周辺にいる「MAMORIO」ユーザの周辺に行くと落とし物を見つけられる機能があるのですが、私の住む四国では、MAMORIOユーザー少なすぎて使えませんでした。ユーザー数まで考えていませんでした。

田舎に住んでいる方は気をつけて下さい。人口が少ない地域では、実質この機能は使えません。

メイン機能の「無くなった瞬間に通知がきて教えてくれる」部分は問題なく使えます。安心してください。

MAMORIOが使えないポイント2

電池交換について

電池交換が自分でできないからほぼ消耗品です。MAMORIOには年に一回のメーカー電池交換サービスがあります。

OTAKIAGE(おたきあげ)という名前のサービスで、ネーミングセンスは面白いですね。

OTAKIAGEとはお守りを年に1度寺院等でお焚きあげをして新しいものと入れ替える日本の文化をもとにした、MAMORIOの電池交換サポートです。

初回ペアリング開始から180日後以降にアプリ内に出現するOTAKIGEフォームより申し込みいただくと、定価の半額(税別1,750円)にてリフレッシュしたMAMORIOをご購入頂けます。

定価の半額の金額を支払えば交換ができます。自分で電池交換をさせてもらいたいものです。

さいごに

 

電池持ちは1年とかかれていますが、実際の電池持ちなど長く使わないとわからないことは、またお伝えしたいと思います。

落とし物が多い方は検討してみてはいかがでしょうか。

マサオカ

落とし物を未然に防ぐというアイデアはとても素晴らしい!

 

マモリオに新型が登場!

MAMORIOから、性能とスタイルにこだわったスペシャルバージョンの「MAMORIO S」が発売されました。
位置情報能力が向上し、接続可能な範囲が2倍の60メートルにアップしています。
従来のMAMORIOよりも20%スリム化されたモデルです。

財布やキーホルダーにつけて利用する場合にも、よりスマートになりました。

使われている素材も代わり、耐久性もアップしています。

 

貼るタイプのMAMORIOも!

電池残量はそのままに、失くしたくないアイテムにそのまま貼ることができるMAMORIOが登場しました。

有効距離も、従来のMAMORIOの2倍60メートルにアップしています。キーホルダーとしてつけることができないアイテムも、守ることができます。

本日紹介したMAMORIOはこちら

 

類似するトラッカー

60g、コインサイズのBluetoothトラッカー。

類似するトラッカー

Qrioスマートロックと同じシリーズのスマートタグ。

Qrioで自宅がスマートロックになる日が来た【1年レビュー】

スマートロックキュリオQrioで自宅がスマートロックになる日が来た【1年使ってみた】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です