Music Unlimited 【3ヶ月無料】〜5/24まで

Lilnob Shareレビュー/卵サイズの4ポート充電器! USB-C×3 USB-A×1対応 G65W3C1A

5 min

ガジェッターのマサオカ(@iMassa07)です。

充電器を刺しすぎて、コンセント足りなくなっていませんか?

最近のガジェットの充電端子はUSB-Cにどんどん切り替わっていますが、USB-Cポートがたくさんついた充電器ってなかなかないんですよね。

コンセントに刺す充電器がどんどん増えていく・・・

ヨメ

ヨメ

そんな悩みを解決するUSB充電器が Lilnob リルノブ Share シェア CIO-G65W3C1A」です。

Lilnob Share 65W

合計4ポートなのに卵のようなコンパクトサイズ。USB-C端子が3ポートついた充電器です。最大65W出力、イヤホン・スマホ・タブレットの充電に最適な充電器になります。

マサオカ

マサオカ

小物をまとめてUSB-C充電するならコレ

本日は、Lilnob Shareをレビュー。

特徴
  • USB-C単独で65W
  • USB-C×3 でコンパクト
  • 用途に合わせた使い方ができる
  • USB-A QC3.0(30w)の高速充電

Lilnob Shareのデザインとサイズ

Lilnob Share 65W
本当に4台充電できるのかと思うくらい小さい

まずLilnob Shareの外観をチェックをしていきましょう。大きさが50.0×40.0×28.0mm、重さ140g。卵一個分くらいしかありません。

4ポート/65W対応モデルとは思えない軽量設計。一般的な4ポート充電器の二分の一です。

Lilnob Share 65W
4つ端子があった、よかった

ポートはUSB-C×3+USB-A×1の合計4ポート。最大出力はUSB-C1とC2が65W、C3とAが30Wになります。

Lilnob Share 65W
もはや定番の折り畳みプラグ

コンセントプラグは必要なときだけ取り出す親切設計。カバンに入れても傷付かず安心です。

一度に4台充電
65Wクラスなのにコンパクト

これ一つでiPhone12 Pro+iPhone11 Pro+iPad Pro+AirPods Proを一度に充電できちゃいます。パワフル!そして小さい!

Lilnob Share
充電80%を超えるとバッテリー消費を抑えるため自動で充電速度を落とす

USB-Cにはデバイスに最適な電圧を自動調整する機能があり、USB-Aよりも速く・効率よく充電できます。

Lilnob Shareの特徴

Lilnob Share

Lilnob Share(リルノブ シェア)の特徴を紹介していきます。

USB-C ×3 合計4ポート 最大65W

Lilnob Shareは、大阪のスマホガジェットメーカー「CIO」が販売するUSB充電器。最大の特徴は「最大65W出力・3つのUSB-C端子」ですね。

USB-A端子と合わせると、4つの端末を充電可能。

Lilnob Share W数

USB-C1とC2は最大65W、C3とAは最大30W出力に対応しています。

マサオカ

マサオカ

65Wあるので、MacBook Proなら13インチまでカバー!

モデル必要W数
MacBook Pro 13インチ61W
MacBook Pro 15インチ87W
MacBook Pro 16インチ96W
MacBook Air31W

急速充電 USB PDに対応

Lilnob Share

充電速度も速く、USB-CポートはUSB PD・USB-AポートはQuickcharge3.0の急速充電に対応しています。

iPhone12 Proなら30分でバッテリー0%から50%まで充電できました。5Wの充電器と比べると2.5倍。

PD(PowerDelivery)

USB PDは、自動で効率の良い充電を行う最先端の充電規格です。接続機器の「最適な電圧・電流」の組み合わせを読み取り、USB 2.0の20倍の高速充電を行います。

USB PDを使うには、ケーブルもPD対応でなければいけません。

QuickCharge 3.0(QC3.0)

クイックチャージ3.0は、USB充電の4倍のスピードで充電ができる規格です。接続機器の充電に最適な電圧値、電流値を調節して充電します。

用途に合わせた二つの使い方

もう一つの特徴は、用途に合わせた使い方ができる点です。

単独ポート65W、2ポートで45W+20Wになるので、ノートPCの充電に最適な仕様。3ポートになると20W ×3となり、スマホ・タブレット・イヤホンなどのガジェット充電にピッタリです。

1ポート最大65W
2ポート最大45W+15W
3ポート最大20W+20W+20W
4ポート最大20W+20W+15W
(C3とAの合計が15W)
Type-C1 (PD)出力65W Max
Type-C2 (PD)出力65W Max
Type-C3 (PD)出力30W Max
Type-A (QC3.0)出力30W Max
C1+C2 or C345W+20W
(65W Max)
C2+C345W+20W
(65W Max)
C1 or C2+A45W+18W
(63W Max)
C3+A(15W Max)
C1+C2+C320W+20W+20W
(60W Max)
C1+C2+A20W+20W+18W
(60W Max)
C1+C2+(C3+A)20W+20W+15W
(55W Max)

ガジェット充電用に利用しつつ、緊急時にノートPCだけ繋いで65W充電するのが最適な使い方。

ノートパソコンを充電するときは、2ポートまでにしましょう。

ヨメ

ヨメ

マサオカ

マサオカ

3ポート使うと最大20W×3の出力になりPC充電に足りません。常にPC充電したいなら、3ポートでも最大45W+15W出力できるLilnob 65Wがおすすめです。

Lilnob 65W のポート数
Lilnob 65W
製品名Lilnob Share
ポート数4
サイズ50.0×40.0×28.0mm
重さ140g
価格約6,000円
Type-C1 (PD)出力65W Max
Type-C2 (PD)出力65W Max
Type-C3 (PD)出力30W Max
Type-A (QC3.0)出力30W Max
C1+C2 or C345W+20W
(65W Max)
C2+C345W+20W
(65W Max)
C1 or C2+A45W+18W
(63W Max)
C3+A(15W Max)
C1+C2+C320W+20W+20W
(60W Max)
C1+C2+A20W+20W+18W
(60W Max)
C1+C2+(C3+A)20W+20W+15W
(55W Max)

Lilnob ShareとLilnob 65Wの違い

Lilnob / Lilnob Share

CIOには、Lilnob Shareとよく似た「Lilnob 65W」という製品も存在します。両方とも最大65W出力のUSB-C充電器です。

LilnobLilnob Share
最大65W最大65W
USB-C ×2USB-C ×3
USB-A ×1USB-A ×1
66.0×40.9×29.9mm50.0×40.0×28.0mm
110.5g140.0g

どう違うの?

ヨメ

ヨメ

マサオカ

マサオカ

使い方によっておすすめ製品が分かれます。

常にノートPCを充電したいならLilnob

Lilnob-65w

USB-C全ポート使用時も1ポート目は45Wを維持するので、ノートPCを常に充電するならLilnobを推奨します。

マサオカ

マサオカ

自宅でノートPC充電用に使うならLilnobがおすすめ!

ガジェット充電に使い、たまにPC充電したいならLilnob Share

Lilnob Share

USB-C ×3ポート使用時は各ポート最大20Wになるので、スマホやタブレット機をメインとする場合はLilnobShareを選びましょう。USB-C ×2ポート使用時は最大45W充電になるので、緊急時のPC充電として利用できます。

マサオカ

マサオカ

PCに使わないor 持ち運び用の充電器ならLilnob ShareでOK!

Lilnob Share のW数をチェック

Lilnob Share 65W

Lilnob Shareに4ポート繋いだ時の電気の動きがわかりづらいので実験してみました。

USB-Cは最大で65W出力ですが、充電端末を増やすとポートあたりのW数が減っていきます。

4つ同時に充電したときはこんな計算になります。

C1 +C2+(C3+A)=20W+20W+15W

USB-C1とC2は最大20W、USB-C3とUSB-Aの合計が15Wです。4つ繋ぐ場合、USB-C3とUSB-Aはイヤホンやスマートウォッチなど、推奨W数が少ないものを選んだ方が良いでしょう。

今回は、実験のためこの機材を充電しました。

  1. iPad Pro 11インチ
  2. iPhone12 Pro
  3. iPhone11 Pro
  4. AirPods Pro
端子デバイスデバイス推奨W実測W
USB-C1iPad Pro30W18.1W
USB-C2iPhone12 Pro18W17.6W
USB-C3iPhone11 Pro18W11.2W
USB-AAirPods Pro2.35W1.7W

C3とAに繋いだデバイスの推奨W数が15Wを超える場合、電力供給が制限される様です。タブレットやスマホの充電はC1・C2のポートを使い、C3・Aはイヤホンやスマートウォッチに利用しましょう。

マサオカ

マサオカ

1〜3ポート使うなら、何も考えず使ってOKです!

Type-C1 (PD)出力65W Max
Type-C2 (PD)出力65W Max
Type-C3 (PD)出力30W Max
Type-A (QC3.0)出力30W Max
C1+C2 or C345W+20W
(65W Max)
C2+C345W+20W
(65W Max)
C1 or C2+A45W+18W
(63W Max)
C3+A(15W Max)
C1+C2+C320W+20W+20W
(60W Max)
C1+C2+A20W+20W+18W
(60W Max)
C1+C2+(C3+A)20W+20W+15W
(55W Max)

まとめ:USB充電器を減らしてコンパクトに持ち運ぶならLilnob Share

USB-C充電器Lilnob Shareのレビューでした。

65Wの4ポート搭載充電器なのに、めちゃくちゃコンパクトで使いやすい。私はUSB-Aを撤廃しているので、Type-Cの3ポートをメインで使っていくことにします。

ノートパソコンを充電するときは2ポートまで。これだけ気をつけていれば何の問題もありません。

「外出先・旅先でこれ一つ持っていればなんとかなる」そんな安心感を与えてくれるUSB充電器でした。

あなたのガジェットのお供に一ついかがでしょうか。

マサオカ

マサオカ

文句なしで一軍ガジェットポーチにランクインです。

本日はここまで。ありがとうございました。マサオカ(@iMassa07)でした。

10/10

ここが良い

  • USB-C×3+USB-A×1
  • 単独で最大65W
  • USB PD対応
  • 折りたたみプラグ
  • 持ち運びに最適

ここが残念

  • ノートPC充電時は2ポートまで

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です