TP-Link Tapo P105レビュー/超ミニマムなスマートプラグ!コンパクトで邪魔にならないシンプルなスマートプラグ

4 min

フロアライト・扇風機の電源を毎回つけるの、面倒ですよね。

部屋に入る度にパチパチ電源入れるのがたいへん・・・

ヨメ

ヨメ

マサオカ

マサオカ

スマートプラグをコンセントに繋ぐだけで、スイッチを使わずに家電操作できるよ!

コンセントに繋ぐWi-Fi機器「スマートプラグ」を使うと、今使っている間接照明や加湿器・フロアライトに

  1. 遠隔操作
  2. 外出先からの操作
  3. タイマー機能

の機能を追加できます。

今回紹介するのは、そんなスマートプラグの中でも最小のモデル。「Tapo P105」です。

マサオカ

マサオカ

とにかく小さく、場所を取りません!!

スマートプラグ「Amazonスマートプラグ」や「TP-Link HS105」と比べてもこの小ささ。圧倒的なミニマルサイズです。

スマートプラグは、コンセントの電流をスマートホームで操作可能にするIoT家電。このコンセントに挿したフロアライトやサーキュレーターを、スマホやアレクサから操作できるようになります。

本日は、TP-Linkさんからサンプルを提供いただいたのでレビューしていきます。

スマートプラグとは?

スマートプラグは、コンセントに刺して使うスマートデバイス。家電に流れる「電流のオンオフ」をスマホやアレクサでコントロールします。

つまり、これを買ったらどんなことができるの?

ヨメ

ヨメ

マサオカ

マサオカ

扇風機やフロアランプなどのレトロ家電を、スマホやアレクサでコントロールできます。

スマートプラグは、スマートホーム化できなかった古い家電をスマートホーム化できる最後の砦。

コンセントを挿すだけなので、初めてのIoT家電にピッタリです。

プラグに繋いだ家電を、スケジュールを組んでオンオフしたりスマホから起動したりできます。

TP-Link Tapo P105の特徴

  • アレクサやスマホから家電操作
  • 離れた場所から家電を操作
  • スケジュールを組んで家電を自動オンオフ
  • 歴代スマートホーム最小
  • ささらないタコ足配線(電源タップ)がある

Tapo P105は、レトロ家電のコンセントに挟んで使うスマートホームガジェット。赤外線やWi-Fi通信機能がないレトロ家電を、

  1. スマホ・音声操作
  2. 部屋から離れた遠隔地からのコントロール
  3. スケジュールを組んだ家電の自動化

できます。

例えば扇風機・サーキュレーター・フロアライト・ヒーターなどに使うと便利です。ただし、ヒーターなど温度を操作する家電への利用は非推奨となっています。

火事の危険があるからね!!

ヨメ

ヨメ

Tapo P105は、最大1000Wまでの電力に耐える設計。サーキュレーターやランプは、30〜120W程度の電力消費のため、ほとんどの家電に利用できます。

また、接続する家電の電源が物理スイッチ(照明のスイッチのようなイメージ)でないと通電できない点も注意が必要です。

逆に、スイッチがついてたらどんな家電でも操作できるってことだね

ヨメ

ヨメ

Tapoの最大の特徴は、その小ささ。「Amazonスマートプラグ」「TP-Link HS105」と比べて圧倒的な小ささで、場所を取りません。

Tapo P105
Amazon /Tapo P105 / HS105
Tapo P105
Amazon /Tapo P105 / HS105
Amazon Smart PlugTP-Link Tapo P105TP-Link HS105
サイズ70 x 38 x 36mm60 x 38 x 33mm 66.5 x 38 x 40 mm
重さ81.0g50.5g83.0g
ネットワークWi-Fi 802.11 b/g/n
2.4GHz
Wi-Fi 802.11 b/g/n
2.4GHz
IEEE 802.11b/g/n
2.4GHz
価格1,980円1,100円〜1,864円〜

Tapo P105の外観とデザイン

Tapo P105のサイズは60 x 38 x 33mm。他社スマートプラグと比べとても小さくなっています。

丸みのあるデザインで、ホワイトが美しい。

スマートプラグはWi-Fi経由で電流のオンオフを操作するのですが、左側にある物理ボタンを使って電源のオンオフも可能。

重さは50.5gです。

付属品は説明書のみ。専用のアプリを使ったセットアップを行うので説明書は不要です。

コンセントの左右の太さが違っているので、一部のタコ足電源タップには挿せないので注意が必要です。

コンセントタップに「N」や「W」とマークがあれば挿すことが可能。

購入前に、使っている電源タップを確認してみてください。コンセントの左右幅が違っていれば、P105を挿すことができます。壁についているコンセントタップには挿せます。

名称Tapo P105
サイズ60 x 38 x 33mm
重さ50.5g
ネットワークWi-Fi 802.11 b/g/n
※2.4GHzのみ
価格1,100円〜

専用アプリでセットアップ

マサオカ

マサオカ

全て専用アプリで行うので、スマホの指示通りにするだけでOK

TP-Link Tapo

TP-Link Tapo

TP-LINK無料posted withアプリーチ

  1. STEP

    Tapo P105をコンセントに刺す

  2. STEP

    TP-Link Tapoアプリを起動

    TP-Link Tapo

    TP-Link Tapo

    TP-LINK無料posted withアプリーチ

  3. STEP

    TP-Link IDを登録する

    メールアドレスを使ってTP-Link IDを登録します。他にTP-Link製品を持っている場合、同じIDでログインできます。

  4. STEP

    マイホーム画面からデバイスを追加

    +ボタンを押してデバイス追加画面に移動します。

    プラグカテゴリーのTapo P105をタップ。

  5. STEP

    Wi-Fiネットワークに接続

    Wi-Fiネットワークに接続します。パスワードが必要です。

    接続に成功したら、スマートプラグに名前をつけましょう。こちらは後から変更ができるので、「スマートプラグ」としておきます。

    設置する場所や接続する家電の名前をつけておくと、管理しやすくおすすめです。

  6. STEP

    マイホームにTapo P105が表示

    設定が完了しました。操作ができるようになります。現在の電源状態もリアルタイムで更新されます。

セットアップの注意点

Wi-Fiを使ってスマホと連携しますが、Wi-Fiは2.4GHzのみに対応です。スマートコネクト(バンドステアリング)機能のあるルーターでは設定がうまく行かない場合があります。

Deco X60
スマートコネクト対応ルーター

セットアップには注意が必要です。

マサオカ

マサオカ

セットアップ時だけ「スマートコネクト」をオフにするとうまく繋がります!

アプリでできること

マサオカ

マサオカ

Tapoアプリでは、電源オンオフだけじゃなくて様々な操作が可能です!

スケージュールの追加では、時間によるオンオフだけでなく 現在地情報を使った「日の出」「日没」での操作ができます。

お出かけモードは、時間を決めてランダムにオンオフする設定です。電気がついたり消えたりして外出中も自宅に人がいるかのように演出する「防犯向け」の機能です。

タイマー機能では、指定時間だけ電源操作できます。

まとめ:めちゃくちゃ小さくて良いね!

ここが良い

  • スマートプラグ最小サイズ
  • レトロ家電をスマホ操作できる
  • スケジュール管理可能
  • アレクサ対応

ここが残念

  • 無極性プラグには挿せない

Amazon Smart Plugよりも小さなスマートプラグ「TP-Link Tapo P105」のレビューでした。

シンプルコンパクトで、邪魔になりません。

各社スマートプラグよりも40%くらい安くなっているので、いまからスマートプラグを購入するのならTapoがおすすめです。ただし、N極対応のコンセント口にしか挿せないので注意してください。

本日はここまで。ありがとうございました。マサオカ(@iMassa07)でした。

9/10

Amazonのスマートプラグはこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です