FlexiSpot V9 レビュー/”ながら運動”で健康も仕事も捗るデスク付きフィットネスバイク

5 min
FLEXISPOT V9

在宅ワーカーのマサオカです。「30歳を超えると痩せにくくなる」と言いますが、まさにその通り。この自粛期間で5キロ太りました。

そんなところに、FlexSpotさんから「ダイエットできるデスク使いませんか?」とお話をいただきました。

届いたのはこちら、「FlexiSpot V9 デスクバイク」です。1週間使った感想をレビューしていきます。

FlexiSpot V9 レビュー
マサオカ

マサオカ

FlexiSpotなのにデスクじゃない・・・?

ここが良い

  • 時間を忘れて有酸素運動できる
  • 夜中に使えるほどペダルを漕ぐ音が静か
  • 移動が楽

ここが残念

  • 設置スペースが一畳ほど必要
  • 本体重量34.5kg
  • デスクに遊びがある

この製品は提供していただきました。いつも通りガチレビューしていきます。

FlexiSpotのレビューはこちら

FlexiSpot EG8FlexiSpot V9FlexiSpot EF1
8/10
10/10
6/10
FlexiSpot EG8 レビューを読むFlexiSpot V9 レビューを読むFlexiSpot EF1のレビューを読む

FlexiSpot V9とは?

ざっくり紹介
  • デスク付きフィットネスバイク
  • マグネット負荷方式
  • 一畳分のスペース

昇降式スタンディングデスクの有名メーカー「FlexiSpot」が、昇降デスクのノウハウをエアロバイクに取り入れたのがFlexiSpot V9。

昇降デスクがついたフィットネスバイク、通称「デスクバイク」です。

FlexiSpot V9 レビュー

なんでデスクメーカーがチャリ?と思いましたが、仕事しながら運動する発想は斬新です。運動嫌いのテレワーカーに突き刺さるアイデア。

ランニングマシンやフィットネスバイクを使うと「つらい・しんどい・もうやめたい」と弱音を吐きたくなりますが、これは仕事に意識が向くので、余計なことを考えず無限に漕いでいられます。

マサオカ

マサオカ

ランニングマシンって、10分でも体感時間めちゃくちゃ長いよね。

ただ、スペースは一畳分くらい必要。なので自宅デスクでの作業時間が少ない人は向きません。自発的に運動する時間を作れる人もメリットを感じにくいでしょう。

これは、運動嫌いの在宅ワーカーにおすすめのフィットネスバイク。

おすすめの人
  • テレワークで運動不足の人
  • 自発的に運動しない人
  • でも健康のために運動しないと!と思っている人

基本情報

サイズW590× D777~955× H883~1200mm
耐荷重130kg
重量約34.5kg
付属品コースター、六角レンチ、ネジ
負荷方式マグネット式
天板高さ無段階調整
サドル高さ無段階調整

FlexSpot V9のデザイン

まずは外観の特徴をチェックします。

FlexiSpot V9 デスクバイク

本体は、白基調のシンプルなデザイン。サイズはW590×D955で、一畳弱のスペースが必要です。重さは34.5kg。

FlexiSpot V9 ペダル

ペダルは自転車のパーツが流用されています。反射板はいらないですね、コストダウンでしょうか。

FlexiSpot V9 ペダル収納

使わないときは折り畳めます。

FlexiSpot V9 レビュー

デスクは15インチのノートパソコンが楽々乗るサイズ感。写真は13インチです。

FlexiSpot V9 リストレスト

デスク手前に高反発ウレタンのリストレスト付き。長時間のタイピングも疲れません。

FlexiSpot V9 サドル

サドルは幅のあるデザインで弾力があります。

FlexiSpot V9 デスク
FlexiSpot V9 サドル
FlexiSpot V9
FlexiSpot V9

デスクとサドルはレバーを使って無段階で高さ調節ができます。

FlexiSpot V9
FlexiSpot V9

デスクは上下だけでなく、前後に動かせます。デスクをサドル側に引いて高くすると、スタンディングデスクとしても利用可能。

FlexiSpot V9 キャスター

フィットネスバイクには珍しいキャスター付きです。片付けに便利。

FlexiSpot V9 本体

本体中心にはドリンクホルダー・モニター・負荷調節するノブが付いていました。

モニターでは経過時間やカロリーなど、6つの情報を確認できます。

FlexiSpot V9モニター
  1. TMR(経過時間)
  2. SPD(1分間のペダル回転速度)
  3. DIS(距離)
  4. CAL(消費カロリー)
  5. ODO(総距離)
  6. PRM(ホイール速度)
FlexiSpot V9電池

ドリンクホルダーの底は電池を入れるスペースになっています。

スマホ連動やWi-Fi接続して運動量を記録する機能はない、アナログ仕様です。

FlexSpot V9の特徴

FlexiSpot V9 レビュー
  • ハンドル部が昇降デスク
  • 静音性の高いマグネット式
  • キャスター付きで移動が楽

FlexSpot V9の特徴をかんたんに紹介します。

フィットネスバイク(エアロバイク)にはガチ勢向けからエンジョイ勢向けのものまで種類がありますが、FlexiSpot V9は「体に負荷をかけない有酸素運動」が得意な、ダイエット向きのフィットネスバイクです。

4万円と高価なので、痩せたい・健康になりたい目標がないと手を出しづらいかもしれません。

ハンドル部が昇降デスク

FlexiSpot V9

FlexiSpot V9は、本来ハンドルがあるべき場所にガス圧式の天板がついています。

FlexiSpot V9

デスクの端には高反発ウレタンのリストレストがついていて、長時間タイピングしても肘が疲れません。

胸の位置程度までデスクを上げれるので、タイピング中も背筋が伸びた状態を維持できます。

深夜も使える静かさ

FlexiSpot V9

FlexiSpot V9は「マグネット式」の負荷タイプを採用しています。永久磁石を使ってフライホイールに負荷をかけるのが特徴で、摩擦がなく可動音が静か。深夜でも気にせず使えるくらい静かです。

FlexiSpot V9

負荷強度は、股下のノブを使って8段階で調整します。軽い運動(ストレス解消やウォームアップなど)は1〜4が推奨で、ダイエットにはそれ以上の負荷は必要ありません。

それより高い負荷をかける場合は、連続30分までにしましょう。部品の劣化を早めてしまいます。

キャスターで移動が楽

FlexiSpot V9 キャスター

エアロバイクは土台がパイプで備え付けの製品が多いですが、FlexiSpot V9はキャスターが付いています。本体が34.5kgもあるので、移動する時にキャスターが助かります。

キャスターがあっても自重とバイクの重さがあるので、ペダルを漕いでいるときは全く動きません。

FlexSpot V9の組み立て

組み立ては、本体とデスクを繋いで付属の六角レンチで締めるだけ。かなり簡単でした。

FlexiSpot V9
FlexiSpot V9 本体
FlexiSpot V9
天板
FlexiSpot V9
繋ぐ
FlexiSpot V9
六角レンチで締める

後は電池を入れるだけで終わりです。

むしろ大変なのは、ギチギチに詰まった発泡スチロールを段ボールから出す作業。

FlexiSpot V9

上から引っ張ってもびくともしないので、段ボールをひっくり返して取り出しました。

FlexiSpot V9

30キロを超える段ボールを持ち上げるのはかなり骨の折れる作業でした。二人での作業をおすすめします。

メリット・良いポイント

  • ながら運動で時間が速く感じる
  • 運動しながら仕事すると効率UP!
  • ペダルを漕ぐ音が静か
  • 移動がかんたん

メリット・いいなと思ったポイントをピックアップして紹介します。

“ながら運動”に最適

FlexiSpot V9

FlexiSpot V9一番のメリットは、作業に没頭して漕いでいることを忘れられることです。

ダイエット(脂肪燃焼)には30分以上の有酸素運動が効果的なのですが、この有酸素運動が結構しんどい。フィットネスバイク・ランニングマシンって同じ場所で体を動かすので、時間が長く感じるんですよね。

マサオカ

マサオカ

単調な作業が苦手なので、昔から嫌いでした。

FlexiSpot V9では付属のデスクで仕事しながら有酸素運動ができます。

FlexiSpot V9

昇降デスクの下に入れてもOK。

FlexiSpot V9とFlexiSpot EG8
FlexiSpot EG8

頭を使う作業に意識が持っていかれるので「あと何分だろう・・・」と余計なことを考えない。これが、心理的に楽でした。

「嫌な作業は長く感じるけど、集中できると一瞬で終わる」ってやつだね!

ヨメ

ヨメ

ダイエットが続かない理由は「辛さ」にありますが、毎日やる作業のついでに有酸素運動をするので精神的な辛さも全然ありません。

「同じ1時間でも、単純作業は長く感じるけど、集中したら一瞬で終わる」を体現したエアロバイクです。

運動しながら仕事すると効率が上がる

この仕事をしながら有酸素運動をする仕組み、実はGoogleをはじめとしたシリコンバレーの企業も採用している働き方です。

体を動かしながら話し合った方が職場の士気が上がり、生産性の向上に繋がるということで取り入れています。

座っているときよりも創造力が6割増しで発揮されるという研究もあるほど。

この考えをそのまま取り入れられるのがV9の魅力ですね。

「暗記は歩きながらのほうが覚えが早い」とも言うよね!

ヨメ

ヨメ

キャスター移動が楽

FlexiSpot V9 キャスター

フィットネスバイクは置く場所に困ります。大きい家に住んでいればトレーニングルームを作ればいいですが、我が家はそんな部屋作れません。

使い終わったら壁に避けているのですが、キャスターがついていないとこの使い方はできませんでした。

キャスターといっても両手でしっかり押さないと動かないので、漕ぎながらズレたりはしません。床へのダメージもなさそうです。

デメリット・残念なポイント

  • 設置スペースが一畳くらい必要
  • 脚を折りたたむのが大変
  • 本体重量43.5kg
  • デスクに遊びがある
  • 裸足で漕ぐと痛い

続いてデメリット・残念だと思ったポイントの紹介です。

脚を折りたたむのが大変

FlexiSpot V9 レビュー

FlexiSpot V9のデメリットは、サイズ感。エアロバイクはめちゃくちゃ場所を取ります。

畳一畳の大きさが必要なので、賃貸住宅には厳しいんですよね。背が高いので、部屋も圧迫されて狭く見えてしまいます。

折り畳めば少し小さくなるのですが、脚には事故防止のロックがついていて折り畳みが少し面倒。

  1. STEP

    本体を倒す

    FlexiSpot V9
  2. STEP

    脚の根本のボタンを押す

    FlexiSpot V9
  3. STEP

    脚をおりたたむ

    FlexiSpot V9

現実的に考えると、折り畳まずに壁に寄せるのが日常的な収納方法でしょう。

置きっぱなしにするスペースがあるなら、この商品に弱点はなし!

ヨメ

ヨメ

デスクに遊び(ガタ付き)がある

FlexiSpot V9

デスク伸縮部の”遊び”が気になりました。肩肘に体重をかけると微妙にガタつきます。人によっては気にならない程度の微妙なガタ付きですが少し気になりました。

マサオカ

マサオカ

致命的な問題ってわけではなく、タイピング程度の力ではガタつきません。

まとめ:テレワークで運動不足気味のあなたにおすすめのデスク

FlexiSpot V9 レビュー

ここが良い

  • 時間を忘れて有酸素運動できる
  • 夜中に使えるほどペダルを漕ぐ音が静か
  • 移動・収納が楽

ここが残念

  • 設置スペースが一畳ほど必要
  • 本体重量34.5kg
  • デスクに遊びがある

上半身と下半身を超効率的に使えるエアロバイク FlexiSpot V9のレビューでした。

提供前は「フィットネスバイクにデスクくっつけてどうなの?」と思っていたのですが、評価がこんなに変わった商品も珍しいです。

マサオカ

マサオカ

自然に有酸素運動ができて感動しました。

私のような運動嫌いでも、ストレスなく有酸素運動ができ非常におすすめです。

部屋は狭くなりますが、運動ズボラの私でも毎日続けられそうです。

ただし、フィットネスバイクのために一畳の場所を用意しないといけません

外出自粛の間に、健康な体を取り戻したいと思います。

本日はここまで。ありがとうございました。マサオカ(@iMassa07)でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です