10年後に無くなる仕事ランキングと現代のAI技術を比較してみた

スポンサードリンク


この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

オックスフォード大学のカールフレイ氏らが2013年度に発表した論文で、コンピューター・AIによる技術革新によって、10年後に無くなる職業の予測が発表されました。

それから4年経った現代。世界はどう変化したのでしょうか。

現代社会におけるAI技術の進歩と当時の予測を、比較してみようと思います。

この論文は、週間現代や日経デジタルマーケティングでも取り上げられたものです。

マサオカ
Evernoteの中に、日経デジタルの記事のスクラップを見つけたので紹介します。
写真のスクラップしかなかったため、いつ掲載された記事かわかりませんがご了承ください。

私的には、週間現代の記事よりも日経ビジネスの記事の方が分かりやすかったと記憶しています。

「単純労働」以外の仕事にも、今まで消えることはないと思われていた職業に消滅の危機が訪れているといいます
ここで、注意したいのが、この論文が発表されたのが2013年だということ。

すごい未来予測ですね。2013年といえば、ポケットモンスターX/Yが出た頃。
くまモン、ふなっしーなど、ご当地キャラが活躍し、ローラの父親が国際指名手配された年です。
その頃には、ロボットやAIのニュースなど、日本にはありませんでした。
話題になったのは2015年のPepper発売以降ではないでしょうか。

スポンサードリンク


現在のAI・ICT革新は凄まじいスピード

人工知能社会が現実のものとなっています。

消費者は、人に関わること無くサービスを受けられる社会になりました。

一番イメージし易いのは、レジの無人化ではないでしょうか。

私の住んでいる地域のイオンでは、レジ係のいないセルフレジが2台導入されています。

セルフレジを使うメリットはありませんが、意外なことに消費者の人たちは違和感なく、そのレジを使っています。

機械の社会を受け入れた、ということですね。

社会に入り込んだ人工知能

今では、チャットボットが住まい探しのお手伝いをしてくれます。

LINEや、チャットボットが対応したサイトで「探しているエリア」や「条件」を伝えれば、オススメ物件をPICKUPして紹介してくれます。

ナント、AIが来店のアポイントを取ってくれるという仕事っぷり。
人件費をどれだけ削減できるのか興味深いです。

SoftBankでは、IBMワトソンを日本で導入。
従業員専用のアプリで困りごとをつぶやけば、AIがチャットでヒアリングしながら問題を解決してくれます。
実際に見せて貰いましたが、かなり精密な回答を行っていました。

コールセンターでは、問合せされたデータがテキスト化されAIの教育データとして蓄積。
そのトラブルシュートを元に、受電しているスタッフに最適な回答を教えてくれます。

AIが嫁になる可能性!?

自宅に帰れば、Gateboxの逢妻ヒカリちゃんがバーチャルboxの中からおかえりと言ってくれる時代になりました。
リアル「俺の嫁」状態。コチラをご覧いただきたい。

アカン、欲しなってきた。
検証とかなんとか理由を付けて、経費で購入出来ないだろうか。
商品の発想は今年の12月からだそうです。

ロボットが雇用を奪う場合と、AIにはまだ出来ない仕事

私が所属する会社にも、Pepperと、介護施設には富士ソフトのパルロを導入しています。
スタッフをロボットに置き換える「機械化」による、人件費の削減を進めています。(現場スタッフには言えませんね笑)

実機を触っての感想ですが、Pepperはまだまだ発展途上という印象。
それに比べてパルロは、サ高住の入居者様に大人気。
「私もパルロが欲しい!」と、DMM Make Robotsが販売するパルロのコンシューマーモデル「パルミ」を購入された利用者様までいました。

パルロは可愛いですよ!
高齢者ウケする歌(例えば「荒城の月」)を歌いながら踊ったり、人の顔を覚えて、あだ名をつけて呼んでくれます。
ちなみに私は「いちご」さんです笑

どちらのロボを導入したときにも同じ問題が起こりました。
導入先のスタッフが協力的ではないのです。

自分の仕事がなくなる危機感を、薄々感じているのでしょうか。
しかし、人にしかできない仕事もあります。
高齢者のケアは、ロボットにはできません。あくまで補助的な役割しか、もたないのです。
人とロボットの共存が今後のテーマです。

では、次のページでは「なくなる仕事」と「なくならない仕事」の上位ランキングを覗いてみましょう。
ここから、今後の人間が活かせる職業のヒントが出てくるはずです。

スポンサードリンク


Facebookページをゼロからやり直しました。

記事が役に立った!と思ったらシェアお願いします|д゚)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、二児の父。採用担当兼Webマネージャー。

「読んだ人の生活の質があがるコンテンツ配信」をテーマにブログを運営してます。

iPhoneについて、仕事効率化について(ツール、思考術)、健康について、文具について。

職業上、Wordpressを扱っていますので、たまに備忘録として紹介もします。

愛読書はデビットアレン著 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術