大人が夢中になるおすすめ漫画特集

大人が夢中になるおすすめ漫画ベスト15【完結】

大人へおすすめしたい漫画
  • なんとなく懐かしい気持ちになる
  • 難しいテーマも扱っている
  • 子供の頃とは違う解釈で読める

男性向け・女性向け関係なく、名の知られてない漫画を選びました。

掘り出し物を探す気持ちでご覧ください。

マサオカ

今回は、私のリアル本棚とWeb本棚の中から本当に好きな漫画を引っ張り出して紹介しています。

 

マンガを読むならeBookJapanがオススメです。9,000タイトル以上が無料で読み放題ですので、好みのマンガがあるか探して見ましょう。

eBookJapan公式サイト

大人におすすめの完結漫画TOP3

1.ちょびっツ:CLAMP

おすすめマンガ

全8巻

人型パソコンと人間の、初恋の物語。

こんなおはなし
記憶を失った(データが消えた)女の子の形をしたパソコン「ちぃ」を拾った浪人生の主人公の秀樹は、小さなアパートの一室で彼女との不思議な共同生活を始めます。

生活の中でたくさんのコトを覚え、慕ってくれるちぃ。いつからか彼女へ、特別な感情が芽生えます。愛とはなにか、パソコン(いわゆる生物ではないもの)との心の距離のあり方に戸惑い悩み苦しんでいきます。

データでしかない彼女に、感情はあるのか。嬉しいと笑ってくれる彼女の心は、存在しているのか。読みやすいラブコメストーリーの端々に隠された強いメッセージ性が魅力の作品です。

実は「別漫画の世界観」と物語がリンクしています。「エンジェリックレイヤー(全5巻)」から三原一郎(いっちゃん)が登場。世界観のリンクも、CLAMP作品を楽しむポイント。

マサオカ

ちぃちゃんの健気さと可愛らしさがヤバイ。
恋に落ちます。

ヨメ

私もCLAMPが好きで、この本持ってます
夫婦それぞれが独身時代に買っていたので、ちょびっツは2冊づつあります。

2.きみのカケラ:高橋しん

全9巻

ヒトガタと差別されてきた王女が、笑顔を取り戻すまでの物語。

こんなおはなし
文明は廃れ閉鎖された世界で、その国の王女イコロは「何かが欠けてしまった子」と言う意味のヒトガタと差別されていました。彼女は「笑う」と言う感情が欠けたヒトガタでした。

そこで、記憶を失った、「痛み」が欠けたヒトガタの少年シロと出会い、狭い世界の中で、はるか昔に失われたと言われる「太陽」を探す冒険をしていきます。

高橋しんの代表作は、「最終兵器彼女」「いいひと」。きみのカケラは、あまりピックアップされない作品です。

マサオカ

ストーリーが進むにつれ、画力が上がっていきます。
幻想的な作画だけでも見る価値あり。

3.ダブルアーツ:古味 直志

全3巻

手を離したら死ぬ。死の病を引き受けた少女と少年の冒険譚。

こんなおはなし
死の病「トロイ」が流行する世界で唯一、トロイを治せるものをシスターと呼んだ。彼女たちは患者から病を吸収し、患者を延命する。
その為、20歳まで生きることができない。

主人公のキリは触れている間だけトロイの発生を抑えることができる能力を持っていた。

ある日、少女のシスターエルレインに寿命が訪れたがキリが触れたことで、シスターは死を免れた。この日から、二人は手を離せなくなくなった。

丁寧な描写、主人公の内面などを細かく掘り下げる進め方。主人公の特殊能力「フレア(手を繋いだ分だけ強くなる能力)」のアイデア。「ヒロインと手を離したら死ぬ」という重さ。そしてちょっぴり入るラブコメ要素。本当に面白い作品です。

マサオカ

手を繋いで戦う、今までにないバトルアクション。

大人買いするべき完結漫画

 

4.僕だけがいない街:三部けい

全9巻

「勇気ある行動の結末が、『悲劇』でいいハズがないだろう?」

こんなおはなし
伏線が半端ないミステリー作品。漫画読んで一番興奮したかもしれません。一気読みしてしまう中毒性がとても強い。この漫画は、まとめ買いをおすすめします。

物語の主軸は、「18年前に起きた同級生誘拐事件の真犯人」の真相を探る。

漫画家の主人公が奔走するのだが、この作品が他と違うのは、彼はタイムリープの能力を持っていること。話の途中から2周目、3周目の人生を送りながら物語の真相に近づいていきます。

再上映(リバイバル)のタイミングを主人公はコントロールできません。サスペンス、謎解きを、過去に遡って行っていくという点が新しく面白い。

マサオカ

物語の舞台や、ベースになる事件も何処かリアルで、本当にあった事件をみているようで面白い。

5.寄生獣:岩明均

全8巻

『悪魔』というのを本で調べたが…いちばんそれに近い生物はやはり人間だと思うぞ…

こんなおはなし
近代漫画史に名を残す傑作。
生物の身体に寄生し人間を殺害する謎の生物。主人公は、寄生生物に右手を乗っ取られる。生き残るために右手に住み着いた寄生生物「ミギー」と共に、寄生生物との殺し合いを始める。

タイトル「寄生獣」とは何を指すのか…

哲学的な内容と切迫した殺し合いの場面が合わさり、知的な興奮と満足を得られる作品。かなり残酷に人が死にます。最終話は、激アツの展開。漫画はこうでなくてはいけません。

6.いぬやしき:奥浩哉

全10巻

突然「最強兵器」になった犬屋敷一郎の苦悩を描いたSFの傑作

こんなおはなし
最近では珍しい、おじさんが主役のマンガ。

末期ガンと宣告された日に、宇宙人の手によって機械兵器の身体となった2人を取り巻く活躍や苦悩、救済される人々や殺害される人々を描く作品。

死の描写がナマナマしく書かれていて、一家惨殺のシーンでは被害者の反応がリアル。子を持つ親はチョット引いちゃうくらい細かく書かれています。

人助けをしたとき、「自分は生きている」と実感する犬屋敷と、人を殺したときに「自分は生きている」と感じる獅子神。二人の兵器の心情や繊細な想いが描写された作品。

マサオカ

一巻の、3歳くらいの男の子が浴槽で溺死するシーンは、子持ちの親にはトラウマです。

7.ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編:竜騎士07

全2巻

昭和の村を舞台にした、正解率1%ミステリーの出題編。

こんなおはなし

ほのぼの日常漫画かと思う絵のタッチですが、ある村で起こった「連続怪死事件」をテーマにしたミステリー作品です。
主人公の圭一は、雛見沢村に引っ越してきて、土着信仰「オヤシロ様」の祟りを知ります。

毎年、同じ日に必ず人が死ぬ。オヤシロ様の祟りを巡った長編ミステリー。
当時から「正解率1パーセントのミステリー」と呼ばれ、出題編として四編、解答編として四編が作られました。その出題編の最初の「鬼隠し編」では、全てが謎のまま、終わってしまいます。もやもやが収まらなかった。

当時、鬼隠し編だけを買って失敗しました。続きが気になる気になる。夜自転車で書店まで走ったのを覚えています。そして続編の綿流し編から始まって当時出ているだけ全てまとめ買いしました。

当時は、まだ回答編のネタバレが出ていなかったので、続刊を楽しみにしていたのが懐かしいです。

8.未来日記:えすのサカエ

全12巻

「だって、ユッキーがこの女と仲良くなったりしたらユッキー、この女を好きになるかもしれないから。だから、殺さなきゃあ。」

こんなおはなし
自分の日記が未来まで見える特殊能力を得た主人公たち12名が、「時空王」という神の座を争って殺し合いをする。物語の根幹になるネタバレになるので言えませんが、当時は珍しかった「あるネタ」を扱いました。

ヒロインはヤンデレのゆのちゃん。主人公は頼りない男の子。

葛藤具合が碇シンジ君のようです。

9.アライブ 最終進化的少年:あだちとか

全21巻

現代版寄生獣。殺人ウイルスに耐えた者たちは、特殊能力に目覚める。

こんなおはなし
特殊能力系。ある日、自殺ウイルスに感染する人間たち。心に深い闇を持った人たちは、自殺をすることなく、その心の闇が反映された特殊能力を持つことになる。

能力バトルもので、適役の描写が人間味溢れている。主人公はその手で触れたものを熱する「再生と死滅」の能力者。

2部構成になっていて、一部は能力者対能力者のバトル。二部は二能力者対非能力者の戦い。途中からの展開が速く、少しついていけない感じもあるが面白く作画もいい。

驚くほど人が死ぬ。

10.最終兵器彼女:高橋しん

全7巻

「ごめんなさい、しゅうちゃん。私、こんな身体になっちゃった。」兵器になった少女。

こんなおはなし
北海道で交換日記から徐々に距離を縮め、恋人になった高校生のシュウジとちせ。

ある日、得体の知れない的に街が襲われます。

突然、「最終兵器」に改造されてしまった高校生の彼女ちせと、シュウジの恋愛物語。
次第に感情を失っていく様は、切ない。戦闘描写などは無く、あくまで「兵器になってしまった彼女との恋愛」を描く。

戦争・世紀末・ヒロインが儚げ。読むとこのカップルのちいさな幸せを願ってしまう。淡いタッチの絵柄に残酷な描写がスゴイ世界観を作っている。

泣ける名作‬。

11.鋼の錬金術士:荒川弘

全27巻

錬金術の禁忌を犯し身体を失った兄弟が、肉体を取り戻す旅に出る。

こんなおはなし
錬金術が科学の世界。エルリック兄弟は、錬金術の世界では神童でした。ある日、病気で亡くなった母を復活させようと、禁忌である人体錬成して失敗します。兄は左足を、弟は体全部を失います。兄は自分の右腕を代償にして弟の魂を「鎧」に定着させます。

自分たちの体を元に戻す旅をする兄弟の物語です。7つの大罪をモデルにした7人のホムンクルス(適)がかっこいい。
錬金術の能力バトルもののダークファンタジーです。

12.PUPA:茂木清香

全5巻

「食べたい食べたいお兄ちゃんを食べたい!!」

こんなおはなし
幼い頃の父親の家庭内暴力、母親も家出。

二人きりで生きてきた長谷川現と夢の兄妹。あることをきっかけに人を食う怪物になってしまった妹と、自分の肉を餌として与える兄、二人だけの家族。究極の兄妹愛の物語です。(!?)

カニバ作品なので苦手な人は注意です。ビレッジヴァンガードで偶然見つけました。

13.ハムスターの研究レポート:大雪師走

全9巻

児童向け4コマ漫画の姿をした、強烈なハムスターのステマ本。

こんなおはなし
この中では異色の4コマ漫画。作者が飼っているハムスターのこと、生態のこと、細かく載っています。小学校のころから図書室に置いてありました。必ず誰かが借りていて中々読めなかった本です。

これを読むと、必ずハムスターが飼いたい衝動に駆られます。

家が動物禁止だったため大学までハムスターを飼えませんでした。
この本のせいで、たくさんの家庭でハムスターを飼うことになったでしょう。作者とハムスターの日常が書かれたほのぼの飼育日記。

14.うさぎドロップ:宇仁田ゆみ

全9巻

りんちゃんめっちゃかわいい。

こんなおはなし
二部構成の作品。
1部では、主人公のダイキチが、祖父の死によって発覚した隠し子「りん」を引き取って育てていく家族の物語。いわゆる日常系。

アニメ化もされました。
ダイキチの「俺がもし会社をやめても会社は回る、それが組織ってもんだ」っていうなんのことはない、普通のワンカットのセリフが、当時の私に妙に残りました。

2部はりんちゃんが成長して高校生になってからのお話なのですが…読者の「もう…そうなればいいのに」っていう気持ちを組んでくれたような驚きの結末になります。

マサオカ

りんちゃんめっちゃかわいい。

15.ホムンクルス(山本英夫)

全15巻

頭蓋骨に穴を開けるとどうなると思う?

こんなおはなし
ヤバイ本です。この本は義理の姉から全巻セットで貰い、その日に読み終わりました。

読み終わった時は、狂気に満ちすぎて、作者と義理姉の精神状態を心配したことを覚えています。そして、義理姉も相当本が好きなんだなと思いました。

頭蓋骨ににドリルで穴を開けるトレパレーションと呼ばれる手術の人体実験を受けた主人公。トレパレーションを行うと第六感が冴えると言われる。

主人公の名越は手術以降、周囲の人間が奇妙な形に見え始めます。砂の女とか、ロボットのヤクザとか。最後には自分で頭蓋骨に穴を開けまくるという、狂気の漫画。
なにを読んでるかよくわからなくなります。狂気を楽しむ漫画です。

ホムンクルスの正体。最終巻だけでも見て欲しい漫画。

さいごに

この記事を書くに当たって、意外と内容を忘れていたので読み返していたため時間がかかりましたが、好きな漫画を読み返すいい機会になりました。

今日紹介した中で、あなたが知らない漫画があったなら嬉しいです。

あまりに定番の作品、ワンピースやブリーチ、ジョジョ、エウレカセブン、エヴァなどは除外しています。

マサオカ

ついでに、未完で注目の「続きが気になる漫画」を2つだけ紹介します。

君を死なせないための物語:吟 鳥子

連載中

宇宙を舞台にした幻想的なSF漫画

こんなおはなし

どこかCLAMPの様な世界観をもつ作品。SF、宇宙ものです。超説明しづらいんですが、宇宙時代に適応した人類の何倍も寿命が長いという新人類「ネオニティ」のこどもたちの物語。

まだ、タイトルの伏線回収が全く終わってないので気になっています。

魔王の秘書:鴨鍋かもつ

連載中

魔王に囚われた人間の秘書がめちゃくちゃ有能で世界征服が捗る。

こんなおはなし

最近ではかなり面白かったネタ漫画。魔王にさらわれた秘書の人間が、魔王側について人類を根絶やしにするために世界征服を行っていく漫画。Web版もあります。

Webコミック魔王の秘書コミックアース・スター

マンガを読むならeBookJapanがオススメです。9,000タイトル以上が無料で読み放題ですので、好みのマンガがあるか探して見ましょう。

eBookJapan公式サイト

コメントを残す