緊急用に。薄型名刺入れCardRidgeをスマホケースに入れておこう

スポンサードリンク


読了の目安は約3 分です

社畜をやっています。マサオカ(@iMassa07)です。
サラリーマンのあなた。こんな経験ありませんか?

お仕事がオフの時に(例えば居酒屋で)取引先の人と出会いました。その人は上司を連れていた。チャンス!名刺交換だ!
おや?そんな時に限って名刺入れが手元にない。

マサオカ
今手元にお名刺がなくて…申し訳ありません…
上司の方
いえいえ!構いませんよ!お渡しするだけでも(ニッコリ

珍しいことに、1ヶ月で2回続きました。それ以来、いつでも名刺交換できるように、緊急用の名刺入れを準備するようになりました。

できるだけ薄くて、質感のいい奴。私が使っている、超オススメの名刺入れを紹介します。

ロンド工房のCardRidge dunn(カードリッジデュン)です。

いつでも名刺交換

日本人の悲しい性でしょうか。どんな状況でも、名刺交換は付いてまわります。もはやビジネスマンの挨拶は名刺!と言っても過言ではありません。

社名と役職を相手に伝えることで、不信感を払拭する効果もあります。

目上の方と連絡先を交換するために

年上の方と、お知り合いになる場合は、名刺があれば楽ちんです。LINEやメールアドレスでの連絡交換が見込めない方にも、名刺を渡して置くだけでオッケー。人脈を広げる場なんかでも、サッと渡せるので名刺は重宝します。

特に、私の周りでもだいたい50歳以上の方は名刺の交換作法に厳しいように思います(偏見)私は、そういう人の第一印象を上げる為に名刺交換の作法はシッカリとしたいという考えです。

名刺交換の作法なんていう当たり前のことを、ただ当たり前にできるだけで、最近の20代は評価されるんですね。第一印象の操作なんて楽なもんです。(ゲス顔

名刺入れの予備はたくさん用意

私は、いつ、どのタイミングでも交換だけはできるように、カバン、財布、手帳、IDケース、スマホケースなど、いろんなところに名刺を2〜3枚忍ばせています。
関連出来る男のIDケース!名刺を潜ませておこう

だけど、いくら急だと言っても財布から裸の名刺を取り出して渡すのは失礼だよなーという気持ちがありました。そんな悩みを解決する最適なアイテムがあります。

革製の薄型名刺入れCARDRIDGE dunn(カードリッジデュン)

このカードリッジは、名刺が3枚程度入るだけのシンプルさ。極限まで機能を削り、極限まで薄さを追求した、まさにTheサブ名刺入れ。

しかも革製です。(カードリッジには紙製の安いVerもありますが、名刺入れは革製が基本です)

裸で財布に名刺を入れていたら擦れて汚れることがありますが、この名刺入れのお陰でど名刺が汚れることはなくなりました。

ある程度質感もいいので恥ずかしくもありません。金箔を押されているので、ちょっぴり高級感もあります。

DSC_0237内側に切り込みが入っているので、名刺も取り出しやすい。

DSC_0242

薄さが数ミリしかないので、iPhoneケースのポケットに忍ばせています。iPhoneを手放すことは絶対にないので安心です。

薄型iPhoneケースに名刺を入れておく

名刺を入れる薄型iPhoneケースは、ベルロイの本皮レザーケースがおすすめ。
カード収納はマグネット開閉式なので、ピタッと閉まるので落ちません。

Phone Case 3 Card (フォンケース3カード) for iPhone7/7Plus

画像をクリックするとBELLROY正規販売店に飛びます。たくさん種類があるので「iPhone」と検索してみてください。

予備名刺にカードリッジでリスクヘッジ

緊急時にこれを使ってスッと名刺交換出来ると、なんか出来るやつ感が出せてるんじゃないかと自己満足に浸ります。

あくまで自己満足です。メインの名刺入れを常に持つとか無理ですから!

色は五色あるので、落ち着いた色も選べます。私は、あえての赤を選択しました。

オススメ私がモノにこだわる理由

スポンサードリンク


記事が役に立った!と思ったらシェアお願いします|д゚)

ちょっと生活の質を上げるメディア
マサオカブログ

学んだ知識をアウトプットして、自分のため、そして読んでくれたあなたの生活の質が上がるコンテンツを公開しています。Twitterもゆるくやってます。フォロー大歓迎!
こんな記事も読まれています



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、二児の父。採用担当兼Webマネージャー。

「読んだ人の生活の質があがるコンテンツ配信」をテーマにブログを運営してます。

iPhoneについて、仕事効率化について(ツール、思考術)、健康について、文具について。

アクセスアップ術やSEO・Wordpressについても発信します。

愛読書はデビットアレン著 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術