18.12.12 ブログテーマPORIPUをアップデート

薄型名刺入れCardRidgeをスマホケースに入れておこう

薄い名刺入れのレビュー

本日は、最高のサブ名刺入れを紹介します。

 

外出中に偶然、取引先の方が上司といるところに出くわしました。

おや?そんな時に限って名刺入れが手元にない。

マサオカ

今手元に名刺がなくて…申し訳ありません…

上司の方

いえいえ、構いませんよ。お渡しするだけでも(ニッコリ)

珍しいことに、1ヶ月で2回続きました。それ以来、いつでも名刺交換できるように、緊急用の名刺入れを準備するようになりました。

本日は、私が愛用している最強のサブ名刺入れを紹介します。

ロンド工房のCardRidge dunn(カードリッジデュン)です。

革製の薄型名刺入れCARDRIDGE dunn(カードリッジデュン)

この名刺入れには、名刺が3枚しか入りません。

マサオカ

たった三枚…

いえ、たった3枚ではなく、あえて3枚だけ入るように作られてます。これがカードリッジの最大の特徴、メリットなのです。

この名刺入れは、「急な名刺交換の時、サブの名刺を手帳からスマートに出して交換したい」というユーザーの声を元に開発された商品です。

CARDRIDGE dünn(カードリッジ デュン)公式サイトより引用

極限まで機能を削り、極限まで薄さを追求した名刺入れ。

元からサブ用として開発された名刺入れは、カードリッジ以外にあるのでしょうか。

カードリッジが名刺入れに最適な理由

カードリッジデュンには、3つの特徴があります。

カードリッジの3つの特徴

  • 薄くても名刺が取り出しやすい「クロソイド曲線」
  • 名刺切れを防ぐ「残量チェッカー」
  • 本革なのに薄さ1.5mm

かなり薄い名刺入れなので、財布・手帳・バッグどんなところにも忍ばせて置くことができます。

カードリッジのレビュー

名刺を裸で財布に名刺を入れたことはありませんか?しばらく入れておくと、名刺は擦れて汚れてしまいます。

しかし、この名刺入れでカバーしているお陰で財布の中の名刺が汚れることはありません

革の質感もいいので恥ずかしさもありません。

カードリッジデュンを使ってみた

ワンポイントの金箔がちょっぴり高級感をだしてくれます。

 

カードリッジのクロソイド曲線

内側に切り込みが入っているので、名刺も取り出しやすい。(クロソイド曲線)

名刺を入れてた状態でも薄さが数ミリしかないので、iPhoneケースのポケットにだって入れることができます。

iPhoneを手放すことがない人には、スマホケースに入れておくのが一番おすすめですね。

予備名刺にカードリッジでリスクヘッジ

緊急時にこれを使ってスッと名刺交換出来ると、「なんか出来るやつ感」がでます。

サブ用の名刺入れとして生まれてきたカードリッジデュン。価格も、本側の名刺入れとして価格もリーズナブルで、おすすめしたい一品です。

名刺入れを忘れて困る前に、買っておきましょう。

イルビゾンテの名刺入れイルビゾンテのヌメ革名刺入れをレビュー!1ヶ月日光浴させてみた ブロガー・アフィリエイター名刺の作成手順まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です