PORIPUの名前の由来

珊瑚礁はひとつひとつの小さな”ポリプ”が集まってできています。
珊瑚礁をつくるポリプの1つとして、補い合いながら共にSANGOとして成長したい。

という意味で名付けました。

一つひとつのサンゴは(中略)ポリプと呼ばれる本体と石灰質の骨格の部分でつくられています。(中略)それが幾重にも積み重なって、サンゴ礁という複雑な「地形」をつくるのです。(中略)細胞内には藻を共生させ、互いに補い合って生きています。

参照:サンゴ礁とは|三菱商事

ぽりぷ

ホントのつづりはpolypですが、読みにくいので「PORIPU」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA