bitcoin変動中!初めての口座開設はビットフライヤーがおすすめです

WordPress 500内部エラーの詳細を調べる方法

だいたい 2 分で読めます。

[voice icon=”https://oldno07.com/wp/wp-content/uploads/2015/02/prof-icon500-500.png” name=”マサオカ” type=”l”]今回は、Wordpressが500エラーを出したときの確認方法をお伝えします。デバッグモードで問題点を洗い出しましょう。[/say]

WordPress管理画面が500内部エラー

function.phpをいじっていたので、いつかはこの問題にぶち当たるだろうと思っていました。

念の為に、バックアップを取りながら編集を行っていましたが、残念なことに置きました。500内部エラー。

バックアップから復元しても、問題は解決せず。

今回の500エラーは、投稿画面などには影響せず、カテゴリの編集や、ユーサープロフィールの詳細画面、編集画面で起こっていたので、.htaccessあたりか、散々触りまわったfunction.phpのプログラムエラーだろうと予想してチェックを行っていました。

しかし、問題は解決せず。

[voice icon=”https://oldno07.com/wp/wp-content/uploads/2015/02/prof-icon500-500.png” name=”マサオカ” type=”l”]500エラー。それだけ言われても。
詳細を見れると助かるのにな。[/say] と思ってググってみると、ありました。

500内部エラーのチェック方法

これは、嫌がらせで詳細を表示していないのではなく、セキュリティ上あえて一般の人にはどこでどんなエラーが起きているかを伏せているのだそうです。

なるほど。

というわけで、500内部エラーの確認方法です。

wordpressが格納されている階層に存在する「wp-config.php」

ここに以下のコードを記述すると表示されるようになります。

define('WP_DEBUG', true);

これは、問題の特定するためのエラーメッセージを表示させるコードになります。

デバッグモードというのが、Wordpressにはあるようです。

これだけ。あとは500エラーが表示されるページへアクセスすると、しっかり教えてくれます。

さて、今回の原因は。。。

プラグインのエラー

悪さをしていたのは「Advanced Custom Fields」というカスタムフィールドを更にカスタムするプラグインでした。

盲点!!

しかし、このプラグインを別のものに置き換えないと運用が開始できません。

困った。仕様を検討中です。

とりあえず、デバッグモードの紹介でした。

なお、特定が終わったらデバッグモードを解除して置いてくださいね。

コメントを残す