夢リストを使ってWithings Smart Body Analizerを手に入れる

スポンサードリンク


読了の目安は約4 分です

こんばんは正岡です。今回は、私のEvernote内の欲しいものリスト(夢リスト)から一つ、アイテムをご紹介します。

欲しいものリスト in Evernote

4年間使い続けている、私のEvernoteには、本当に沢山のデータが蓄えられています。なんでも突っ込むので、今やノート数は5000ページを超えました。

ノート数が増えすぎたのもあって、ビジネス用と個人用を分けEvernoteBusinessも有償契約しているくらいの依存度だったりします。

個人用アカウントでのライフログ用ノートではTweet履歴ログやら、instagramの投稿ログやら、 自動で保存されるようにしてますので、入れ忘れることもないです。

こう書いていて思ったのが、私はログを取るのが好きなのかなということ。

スポンサードリンク


自分の家の本棚なんかもリスト化していれるようにしているのですが、 最近はできてないです。

自分の持っている本、今度読みたいと思った本を覚えて置きたいと思ったとき、どうしてますか? 漫画の単行本、何巻まで読んだかわからず第8巻が二冊あったりしませんか?

私はこのアプリを使ってEvernoteに記憶させています。

気になった時にいつでも検索できる状態を保つのが大事だと思っています。

EverCoder

Evercoder
100円
(2014.05.03時点)

App Store

posted with ポチレバ

本のバーコード読み込んだら、バーコード情報からその本を見つけ出してネット上で金額や表紙の画像を検索してくれます。

まぁ、実は本じゃなくてもPOSコードがあれば何でも検索できるんですけど。

そして、その情報をEvernoteに飛ばしてくれるアプリ。重宝してます。詳細は今度紹介するとして。

さて、こういったリストは、思い立ったら見返すのがコツです。

引き寄せの法則をご存知ですか?

欲しいものリスト、夢リストはこの考えの延長にあります。

気になったら調べてみてください。入りはオカルトチックですけど、内容は実に理に適っています。

 

クラウドで体重管理 Withings

欲しいものはこれ

体重計です。 しかし、ただの体重計ではありませんよ。私がただの体重計を欲しがるわけがないですね。

デジタルガジェットですよ。 体重計に乗るだけで、計測した体重、体脂肪率をWi-Fiで自動送信し、 iPhoneアプリからグラフで確認できる便利なヘルスメーター その名も『Smart Body Analizer

  • 体重・体脂肪を測定
  • のるだけで測定値をWi-Fi経由で自動送信
  • iPhone・iPad・Webでグラフを確認
  • 登録した人(家族など)を8人まで自動で判別
  • 薄型でスタイリッシュなデザイン

このような特徴があります。 しかし、この話を誰にしても共感してくれません。 なぜでしょうか。

普通の体重計と比べるとお値段が張るので、まだ購入できずにいます。

しかし、アプリ単体で体重管理にも使えるので、気を紛らわせるために使っています。

現在は手動でコツコツと入力しています。(;_;) 目標体重の設定やなどもあり、期日を設定すると今週どれくらい体重ダウンしないと目標達成出来ません、とか教えてくれるので体重管理に役立ちます。 リマインダー機能もあるので、毎日決まった時間に体重を測るようお知らせしてくれます。 今は、普通の体重計で測りアプリに入力しているので若干のめんどくささがありますが、 これなら乗った時点でデータのアップが完了しますし、 どうやっているかわかりませんが、乗っている人を判別してくれるので 本当に「乗るだけ」で全てが完結します。

こういった行動ログ、健康ログをとるのが最近流行っています。

以前紹介したNIKE FUELBAND SEも、この健康ログ、行動ログをとるガジェットでしたが、今回は体重などのログを一か所にまとめて管理するガジェットの紹介となりました。

 

もう一つの体重計Runtastic Libra

ちなみに、類似するデータ連動型の体重計として、Runtastic LIBRAという商品があります。

このRuntasticLibra、フィットネスの記録をつけるアプリ「Runtastic」というのがはしりとなっていまして、ランニング、腹筋、腕立て伏せなどそれぞれのアプリのデータをRantasticアカウントで統合することで行動(トレーニング)のログをまとめようというのが目的となっています。

その会社が、体重や組成も管理しようと開発したのがRuntastic LIBRAになります。これはトレーニング系の会社が開発しているため、Withingsにはない「筋肉量」や「骨質量」などを図ることも可能です。

どうも日本でまだ未発売ということで手に入れるには並行輸入しか方法がなさそうですが、RuntasticアカウントでトレーニングログをつけているのでWithingsよりもこっちのほうがいいかなとか考えたりしています。値段はほぼ同じですね。

アプリはこちら

Runtastic Libra: 体重管理 & カラダ分析
無料
(2014.05.18時点)

App Store

posted with ポチレバ

同じ体重計なのですが、作成された目的や体質が違うので内容も若干異なります。

出来れば両方欲しい。。。

サイクルコンピュータもほしいし。物欲がとどまることがありません。

スポンサードリンク


記事が役に立った!と思ったらシェアお願いします|д゚)

ちょっと生活の質を上げるメディア
マサオカブログ

学んだ知識をアウトプットして、自分のため、そして読んでくれたあなたの生活の質が上がるコンテンツを公開しています。Twitterもゆるくやってます。フォロー大歓迎!
こんな記事も読まれています



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、二児の父。採用担当兼Webマネージャー。

「読んだ人の生活の質があがるコンテンツ配信」をテーマにブログを運営してます。

iPhoneについて、仕事効率化について(ツール、思考術)、健康について、文具について。

アクセスアップ術やSEO・Wordpressについても発信します。

愛読書はデビットアレン著 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術