社会人2年が終わる。発想を変える、ものの見方を変える考え方

Think Different

スポンサードリンク


読了の目安は約2 分です

年末、12月と言う事でとても忙しい。
社会人として2年目の冬を迎えたわけですが、きっと去年の今の自分と比べると、楽になっていると思います。

この一年間で様々な環境を整えたこと、
闇雲にですが沢山のことを経験し業務内容を改善し短縮化できたこと、
周囲の人に恵まれ手助けして頂けること、
ある面で私が思っている以上に動いてくれる仲間が加わったこと、

沢山の幸運が幸いし
去年の、引き継ぎなし、暗中模索の一年間と比べ、とても楽しく仕事が出来ているように思います。

一年目と二年目を比べて

一年目、何もわからない状態で責任を負いながらも、誰も教えてくれる人がいない環境は辛かったですが、ある意味でとても成長できました。
自分で調べて、確かめて、経験することが、一番物を覚えるのに適しているのかもしれません。

2年目になると、違う気遣いもありますが、自分がやりたかったことを少しずつですが出来るキャパシティができてきました。
できることが増えたことで仕事自体も増えましたが、経験した仕事が増えたことで心理的なプレッシャーは少なくなりました。

無駄な残業もなくなりました。
今、とても楽しいです。

ただ、うちの部署が生産力をつけるためにどうすればいいか、まだ明確な答えが出ていないことが辛くあります。

事業部に生産性を持たせる為に

間接部門として、ネットからの集客を増やすことが第一ですが、そのまま評価に繋がるようなビジネスをIT事業部発信で行わなければいけないと思っています。
これから増えるであろう後輩のモチベーションを維持していくには難しいのではないか、と考えています。
もちろん、考えるだけでは何も始まりません。行動に移すパワーと、その行動を行う為にタスク管理を今以上に徹底する必要があります。

長期的なビジョンを明確に持つ

向こう三年間で、営業の提案方しかり、社内システムしかり、IT部としてのビジネスしかり、沢山の環境を整える必要があります。
例えが壮大になりますが、シリコンバレーの企業に比べると、うちの方法ははとても古い。

できているところの真似をする

私の知っている企業では、社員満足を上げることで生産性をあげています。
今と比べ、見ている場所が高すぎてバカにされたり、相手にされないことも多いですが、売上を上げている企業を見習うことは大切だと思っています。

むしろ、色々と社会で経験してしまった結果、無理だと言い切ってしまう人を見るととても残念でなりません。
限られた範囲でしか成長を、可能性を感じられないからです。

まぁ。
そんな人も含めて、意識と環境を変えたい。

自分の理想に近づくために、何をするべきか。
色々考えてしまいます。

スポンサードリンク


Think Different

記事が役に立った!と思ったらシェアお願いします|д゚)

ちょっと生活の質を上げるメディア
マサオカブログ

学んだ知識をアウトプットして、自分のため、そして読んでくれたあなたの生活の質が上がるコンテンツを公開しています。Twitterもゆるくやってます。フォロー大歓迎!
こんな記事も読まれています



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、二児の父。採用担当兼Webマネージャー。

「読んだ人の生活の質があがるコンテンツ配信」をテーマにブログを運営してます。

iPhoneについて、仕事効率化について(ツール、思考術)、健康について、文具について。

アクセスアップ術やSEO・Wordpressについても発信します。

愛読書はデビットアレン著 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術