SSD価格下落の原因はビットコインバブル崩壊が関係するらしい

スポンサードリンク


この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

SSDの価格が下がってきているようですね。消費者としてはありがたいです。

どうやら、今回のSSDの価格下落の原因に、「ビットコインの暴落」が関係しているようです。

ビットコインの価格暴落によりPCマイニングのニーズが減って、SSDの価格が下がるらしいです。

あまりビットコインに詳しくはないので、いつどのタイミングから値下がりが起きたのか調べてみました。

ビットコインとSSDの価格の関係

とある社長さん(ベップ社長)から、SSDの価格下落と中国ビットコインバブルの崩壊が関係しているという面白い話を聞きました。

「風が吹いたら桶屋が儲かる」みたいな話です。理由を聞いたらなるほどって納得できました。

ビットコイン高騰がストップ

仮想通貨ビットコインを扱う世界の事業者間で分裂騒動があったりと、ビットコイン相場の急騰が終りを迎えました。

バブル崩壊するとか、まだこれからだとか言われてますが、チャートをのぞいて見るとビットコインの急騰は終わっているようにみえます。

参考:ビットコインリアルタイムチャート

ビットコインの発掘作業の需要が減る

これまではビットコインの発掘(マイニング)作業が盛んに行われていました。ビットコインが高騰していたからです。

このビットコインの発掘作業の7割は、中国の山奥の工場で行われているそうです。

この「発掘」と呼ばれるマイニングの作業には、たくさんのハイスペックPCが必要です。

PCが必要ということは、PCにつかうSSDの需要が上がります。SSD特需で価格が高騰していました。

ところが、今回のビットコインバブル崩壊で、特需が落ち着きSSD価格が下落しているんです。

画像は価格コムのSSD価格推移グラフからお借りしております。

2017年6月を契機に値下がりが起こっていますね。

前述のビットコイン相場の急騰が終わったタイミングと、SSDのチャートで値下がりが起きたタイミングが一致しました。

こういうことなんでしょうか。

ビットコインをよく知らないので調べた

マサオカ
「すみません。マイニングって何でしょう。」
ベップ
「マイニングっていうのは、コンピュータを使ってビットコインを発行することですよ!」
マサオカ
「なるほど。それじゃ、マイニングすることでコンピュータの需要が上がるのは何故ですか?」

スポンサードリンク


ベップ
「マイニングは誰でもできるんです。だから中国では、マイニング専用のPCをたくさん用意した「マイニング工場」が作られています。今回の騒動で、マイニング作業を辞める工場が出てきたんです。」
マサオカ
「それで工場の需要がなくなったから、PCの買い控えが起こると予想された?」
ベップ
「そういう感じ!それが今回のSSDやレアメタルの価格変動に関係しているようですよ!」

なるほど。わかったようなわからなかったような。

社長さんから話を聞いている時は、「何故SSDの値段が下がったか」について聞いた流れでビットコインの話が出てきました。

大枠については簡単に教えてくれたので、理解した内容があってるか、調べてみました。

大体ビットコインってなによ

マサオカ
ビットコインビットコインってウェブではみんな言ってるけど、なんなのさ。仮想通貨なのはわかる。

「ビットコインは仮想通貨」という認識しかありません、マサオカです。何故こんなに投機的な話になってるんだろうって疑問を持ちました。

ビットコインについて調べていたらホリエモンが対談している記事がわかりやすかった。為替「みたいな」感覚で、ビットコインを使ってマネーゲームを楽しんでるということですね。

堀江:ビットコインってすごく面白くて、確か9年前ぐらい前から始まったんじゃないかな。その頃はタダの石ころみたいなものだったのが、その石ころをせっせと集めていた人たちが、今は億万長者になってるわけですよ。……ただ日本では、3年ぐらい前にマウントゴックス事件っていうのがあって。

参考:MoneyVoice

だいたいマイニングってなによ

ビットコインの「採掘(マイニング)」っていう言葉もよくわかりませんでした。

マサオカ
ネット上で何をどうやって掘るの???
採掘するって金とか?

ビットコインは、すべての取引記録をネットワークに保存された取引台帳に追記します。取引のデータと、その台帳に間違えがないかを確認しながら記録して行く必要があります。

膨大な量のため、その計算を行うコンピュータはハイスペックな能力が求められます。驚くことに、PCを使った追記作業を行っているパソコンの一部はビットコインのものではありません。

有志のコンピューターリソースを借りて、計算を行うことで、膨大な量の処理を行います。その見返りとして、追記の処理を手伝ってくれた人には、新規発行されたビットコインが支払われます。

この一連の流れでビットコインを新規発行する作業を「採掘(マイニング)」と呼びます。

はい、調べていた結果、私はこう思いました。

人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない。
何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる。
それが、錬金術における等価交換の原則だ。

鋼の錬金術師より

マサオカ
マイニングは錬金術です。

PCパーツビットコインとマイニングについてまとめ

今回は、ビットコインの価格暴落によりPCマイニングのニーズが減って、SSDの価格が下がるというお話でした。

今日学んだこと

マサオカ
ビットコインのマイニングは等価交換の錬金術ですね。
ベップ
まあ、間違っていませんね笑
レアメタルやSSD・CPUなどのパーツは、情勢に価格が影響されやすいんですよ。なので、僕らはお客様に良い物を安く提供するためにこういう情報をいつもチェックしているんです。
マサオカ
ベップさん…!!!(カッケーっす)

情報提供していただいたベップ社長に感謝

この方にはいつも学ばせて頂きます。この小さなまちで数少ない有識者です。

「とあるパソコンのクローンを作って欲しい」という依頼を、b社長にお願いしたところこの話になりました。

技術とコミュ力がすごくあって有益な情報をくれるので大好きな人生の先輩です。歳も私の1個上で、昨年起業して社長やってます。

しかも高校時代に同じ町でバンドをしていて、少し知っていたとかいう偶然なんかもあり、親しくなりました。

それから何かあれば月一くらいでお話しさせて貰ってます。絶対この人と会うと有益な情報をくれます。勉強になるから大好きです。

今回は、SSDの価格が落ち着いてきたこと、それがビットコインと関係していること、レアメタル、マイニングについて教えて頂きました。

ありがとうございます。

スポンサードリンク


Facebookページをゼロからやり直しました。

記事が役に立った!と思ったらシェアお願いします|д゚)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、二児の父。採用担当兼Webマネージャー。

「読んだ人の生活の質があがるコンテンツ配信」をテーマにブログを運営してます。

iPhoneについて、仕事効率化について(ツール、思考術)、健康について、文具について。

職業上、Wordpressを扱っていますので、たまに備忘録として紹介もします。

愛読書はデビットアレン著 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術