千円貰えるチャージキャンペーン再開!

【SANGOカスタマイズ】モバイルフッターにリボルバーシェアボタンを設置する

SANGOカスタマイズシェアボタン

私のサイトでは、SANGOのスマホフッターにリボルバー型のシェアボタンを設置しています。

SANGOカスタマイズフッターシェアボタン
リボルバー型のシェアボタン
/img/masaoka_b.jpgマサオカ

「くるくるフッターボタン」と名付けよう!!

/img/yome_c.jpgヨメ

ネーミングセンスェ・・・・

この「くるくるボタン」のSANGOカスタマイズを優しく解説しましょう。

難易度は星4つ!FTPソフトを使うので「ちょっと難しい」といった感じです。

4.0

WordPress管理ページでの設定

まずは、Wordpressの管理ページで行う設定です。簡単な作業から説明します。

修正するファイル
  • style.css
  • footer.php
  • prp-int.php(functions.php)

ボタンのデザインを決める(style.css)

テーマフォルダstyle.css

style.css

SANGOのstyle.cssに、以下のコードをコピペして追記してください。

style.css
/*--------------------------------------
モバイルフッターくるくるボタン
--------------------------------------*/
.footer-menu {
    width: 30%;
    display: block;
    position: fixed;
    bottom: 2px;
    left: 6px;
    opacity: 1!important;
	z-index:99;
}

.reset{
	padding:0!important;
	/*margin:0!important;*/
	border:none!important;
}
.circle-nav ul {
  position: absolute;
  left: 30%;
  bottom: 3px;
  margin:0  -20px;
}
.circle-nav li {
  width: 40px;
  height: 40px;
  line-height: 40px;
  -moz-border-radius: 50%;
  -webkit-border-radius: 50%;
  border-radius: 50%;
  position: absolute;
  left: 0;
  bottom: 0;
  -moz-transition: all 0.5s 0;
  -o-transition: all 0.5s 0;
  -webkit-transition: all 0.5s 0;
  transition: all 0.5s 0;
}
.circle-nav.is-open li:nth-child(3) {
  -moz-transform: translate(75px, 0px);
  -ms-transform: translate(75px, 0px);
  -webkit-transform: translate(75px, 0px);
  transform: translate(75px, 0px);
}
.circle-nav.is-open li:nth-child(4) {
  -moz-transform: translate(60.67627px, 44.08389px);
  -ms-transform: translate(60.67627px, 44.08389px);
  -webkit-transform: translate(60.67627px, 44.08389px);
  transform: translate(60.67627px, 44.08389px);
}

.circle-nav.is-open li:nth-child(1) {
  -moz-transform: translate(23.17627px, -71.32924px);
  -ms-transform: translate(23.17627px, -71.32924px);
  -webkit-transform: translate(23.17627px, -71.32924px);
  transform: translate(23.17627px, -71.32924px);
}
.circle-nav.is-open li:nth-child(2) {
  -moz-transform: translate(60.67627px, -44.08389px);
  -ms-transform: translate(60.67627px, -44.08389px);
  -webkit-transform: translate(60.67627px, -44.08389px);
  transform: translate(60.67627px, -44.08389px);
}

.open-circle {
  -webkit-tap-highlight-color: rgba(0, 0, 0, 0);
	margin: 0 0 14px 0;
}
/*p.open-circle{
	margin: 0 200px 15px 15px;
    width: 45px;
    height: 45px;
}*/
.open-circle span {
  width: 54px;
  height: 54px;
  line-height: 50px;
  -moz-border-radius: 50%;
  -webkit-border-radius: 50%;
  border-radius: 50%;
  position: relative;
  z-index: 10;
	right: 20%;
}

/* theme-circle-nav */
.theme-circle-nav {
  text-align: center;
  padding-top: 70px;
  position: relative;
}
.theme-circle-nav li {
  color: #fff;
  display: inline-block;
  font-size: 16px;
	background: #6fd0de;
}
.theme-circle-nav li.tw{
	background: #76d9ff;
}
.theme-circle-nav li.fb{
	background: #4e71ba;
}
.theme-circle-nav li.hatena{
	background: #17c2ff;
}
.theme-circle-nav a {
  color: #fff;
  text-decoration: none;
}
.theme-circle-nav .open-circle span {
	position:relative;
  color: #fff;
  display: inline-block;
  font-size: 18px;
  font-weight: bold;
  background: #F48FB1;
}
.theme-circle-nav .open-circle span:after {
    position: absolute;
    content: "Share";
    font-size: .5em;
    top: 13px;
    left:15px;
}

リボルバーボタンを設置する(footer.php)

テーマフォルダfooter.php

footer.php

footer.phpの <?php wp_footer(); ?>の下の行にコピペします。

SANGO子テーマはfooter.phpファイルがないので、SANGO親テーマからコピーしてください。

footer.php
<?php if(wp_is_mobile() ) :?>
<div class="footer-menu">
	<nav class="circle-nav theme-circle-nav">
    <ul class="reset">
		<li class="reset tw"><a href="https://twitter.com/share?url=<?php echo get_the_permalink(); ?>&via=★アカウント名★&text=<?php echo get_the_title(); ?>" rel="nofollow" target="_blank"><i class="fab fa-twitter" aria-hidden="true"></i></a></li>
		<li class="reset fb"><a href="http://www.facebook.com/share.php?u=<?php echo get_the_permalink(); ?>" rel="nofollow" target="_blank"><i class="fab fa-facebook-f"></i></a></li>
		<li class="reset hatena"><a href="https://b.hatena.ne.jp/entry/panel/?mode=confirm&url=<?php echo get_the_permalink(); ?>" rel="nofollow" target="_blank"><span class="futo">B!</span></a></a></li>
    </ul>
    <p class="open-circle"><span><i class="fas fa-heart"></i></span></p>
	</nav></div>
<?php endif; ?>
/img/masaoka_a.jpgマサオカ

★アカウント名★の部分を、自分のTwitterのアカウント名に変更してください。

私の場合は「@iMassa07」なので「imassa07」と入力します。

JSを読み込む設定を書き込む(prp-init.php)

/img/masaoka_a.jpgマサオカ

「SANGOの子テーマ」を使っている場合と「PORIPU」を使っている場合で、少し違います。

以下のコードを指定した位置に追記してください。

SANGO子テーマの場合

テーマフォルダfunctions.php

functions.php

SANGO(子テーマ)の場合はこちら。

function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_script( 'kurukuru', get_stylesheet_directory_uri() . '/library/js/kurukuru.js' );
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );

PORIPUの場合

テーマフォルダlibraryfunctionprp-int.php

SANGOカスタマイズのJS修正位置

PORIPUの場合はこちら。

参考

function theme_enqueue_styles(){
/****この位置に追記してください****/
}
add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );

wp_enqueue_script( 'kurukuru', get_stylesheet_directory_uri() . '/library/js/kurukuru.js' );

サーバーのファイルを編集する

注意

この章での作業は、FTPソフトを使ってください。

追加するファイル
  • kurukuru.js

JSを追加する(kurukuru.js)

テーマフォルダliblaryjskurukuru.js

JSフォルダを作成する
フォルダ「js」を作成する(非PORIPUの場合)

「liblary」の下にディレクトリ(フォルダ)「js」を作成してください。

PORIPUには、あらかじめjsフォルダを用意しているのでこの「STEP1」の作業は不要です。

テキストファイル「kurukuru.js」を作成

パソコン上でテキストファイルを作成し、以下の文をコピペします。

$(function(){
    $(".open-circle").on("click",function(){
        $(".circle-nav").toggleClass("is-open");
    });
});
jQuery(function() {
    var topBtn = jQuery('.footer-menu');
    topBtn.hide();
    jQuery(window).scroll(function () {
        if (jQuery(this).scrollTop() > 100) { // 200pxで表示
            topBtn.fadeIn();
        } else {
            topBtn.fadeOut();
        }
    });
});

ファイル名は「kurukuru.js」にしてください。

作成したファイルをアップロード

「js」フォルダに「kurukuru.js」ファイルをアップロードします。

kurukuru.js
$(function(){
	$(".open-circle").on("click",function(){
		$(".circle-nav").toggleClass("is-open");
	});
});
jQuery(function() {
    var topBtn = jQuery('.footer-menu');
    topBtn.hide();
    jQuery(window).scroll(function () {
        if (jQuery(this).scrollTop() > 100) { // 200pxで表示
            topBtn.fadeIn();
        } else {
            topBtn.fadeOut();
        }
    });
});

これで完成です。スマホで実際の動きを確認してみましょう。

シェアボタン
/img/yome_a.jpgヨメ

ハートの方が「いいね!」感があるよね!

スマホのキャッシュ削除を忘れないようにしてくださいね。

SANGOカスタマイズ「リボルバーボタン」まとめ

SANGOカスタマイズ「くるくるフッターボタン」の設置方法の紹介でした。

手数が多いので混乱するかもしれませんが、ひとつひとつは簡単なものです。落ち着いてやればきっとできますよ。

footer.phpのリボルバーボタンのリンクやアイコンをいじると、シェアボタン以外の利用も可能です。

/img/masaoka.jpgマサオカ

色々な使い方ができるので、試してみてください。

本日はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました。

マサオカでした。

SANGOカスタマイズまとめマサオカブログで紹介したSANGOカスタマイズ総まとめ

コメントを残す