仕事効率化が加速するGTDのススメ

GTD(Getting Things Done)とは

GTD(Getting Things Done)とは、物事を効率よく処理し、生産性を上げるためのワークフローシステムです。
仕組みや考えを見ていくと複雑に見えますが、その最終目標はいたってシンプル。
「しなければならないこと」をする時間を短縮し、「やりたいこと」をする時間を増やすことです。

GTDはとても複雑なルールに基いて動かして行きます。まずはこの記事でGTDについて触れてみてください。

デジタルでGTDを実施するには

Omnifocusが必須

OmniFocus(オムニフォーカス)は、Mac・iOSで提供されているタスク管理アプリ。
OmniFocusはGTDのために作られた唯一無二のアプリケーションです。
他のタスク管理システムと大きく異なる点は、多視点(Omni)からプロジェクトを俯瞰できること。
常にレビューを繰り返すことで完璧なシステムへと昇華させます。

未来の自分が楽になるために今の自分が苦労しようという考え方です。

GTDを使えば、常に仕事に追われるストレスから開放されるようになります。

GTDについて知るため最低限必要な項目はコチラで説明しています。

もっと細かく知りたくなった方は、GTDの生みの親デビットアレンによる著書「はじめてのGTDストレスフリーの整理術」がオススメです。