大人が夢中になるおすすめ漫画特集

アドセンスのリンク広告を設置してクリック数1.5倍に上げよう

Adsenseリンクユニット広告の付け方

Googleアドセンスの「リンク広告(リンクユニット)」をご存知だろうか?

効果が低いイメージがあり使っていなかったのだが、広告のクリック数が1.5倍に上がるケースがあるようだ。

ツイ廃と罵られ汚いものを見る目で見られがちなマサオカだが、実は上級アドセンサーの発言を注意深くチェックしている。

ある日、上級アドセンサーの一人、クロネ氏のこんなツイート(リプ)を見つけてしまった。

「リンクユニットは”条件付き”ではあるがクリック数1.5倍の効果がある」という会話の一部である。


また、上級アドセンサーのあお氏も何気ないツイートでこう語った。

「リンクユニットはアドセンス収益の1割を底上げするユニット」だという。


同じ時期・同じタイミングでアドセンサーから語られるリンクユニットのシンクロニシティ。まるで唐突に物理法則が変わったかのような衝撃である。

マサオカ

上級アドセンサーたちよ…口を滑らせたな…

となれば、試すしか無い。自分のブログにもリンクユニットを入れてみることにした。Adsense広告を使っているあなたも、同じように興味をもったのではないだろうか。

今回は、Adsenseリンクユニットの入れ方について簡単に解説していこう。

アドセンスリンクユニット広告の違い


ヨメ

リンクユニットってなに?

アドセンス広告ユニットは「ディスプレイ広告+テキスト広告」を使っている方が多い。この広告は、クリックされると報酬が貰える「クリック報酬型広告」だ。

ディスプレイ広告は1クリックで報酬

 

リンクユニット広告は、少しだけ違う。「2クリックで報酬が発生する」という仕組みだ。

Adsenseリンクユニットの場合

リンクユニットは2クリックで報酬

 

1クリックで報酬が発生するよく使われるアドセンス広告と比べると、リンクユニットは報酬までの距離が遠い。

このハードルの高さが、敬遠される理由だろう。

ヨメ

クリックされにくいなら使わなくていいんじゃない?
リンク広告を使うメリットもあるよ。

マサオカ

その代わり、よりユーザーにマッチした広告を提供できることがリンク広告のメリットだ。

2回クリックするということは、ミスクリックが少なくなる。その後のユーザー行動もプラスになるためクリック単価が上がる傾向にある。

リンクユニットの特徴

  • 2回クリックしないと報酬が発生しない
  • ミスクリックが減るのでクリック単価があがる

この広告が自分のブログにマッチするかは、実際に設置してみないとわからない。

という訳で、リンクユニットの設置方法を紹介する。ぜひあなたのブログでの効果を試していただきたい。

ヨメ

よーし、試してみよう!

アドセンスリンクユニット広告の設置方法

今回は、クリック率バリ高いことで定評のある「記事タイトル下」に挿入してみよう。東京で例えると銀座の一等地にあたる場所だ。さすがの私もドキドキしている。

 

リンク広告ユニットはアドセンス管理画面「コンテンツ」→「広告ユニット」から作成を行う。いつも通りの広告作成方法と変わりない。

新規ユニットに名前を付けて、広告サイズから「リンク広告」を選択する。

ヨメ

ここにあったんだね!

リンク広告の作成で注意する2つのポイント

注意点(というかこだわるべきポイント)は二点。

  1. 配置場所のサイズに広告を合わせること
  2. 広告デザインをブログに溶け込ませること

アドセンス広告は「とにかくブログに溶け込ませる」ことが大切だ。

ヨメ

違和感を持たないようにするのがイイんだね

広告のスタイルをデフォルトのままにしている人はもったいない。一度設定しておけば使いまわせるので、最初だけやっておこう。

選ぶのは3つだけなので、面倒でもない。自分のブログのテーマカラーとタイトルカラーをそろえるだけでいい。

  • 枠線の色
  • タイトルの色
  • 背景の色

以上設定ができたら生成されたコードをコピーして、ワードプレスの広告枠に設置する。

ブログにアドセンスのコードを貼り付ける

ヨメ

どうやるの?

私が愛して止まないテーマ、SANGOとSTORKで設置方法を紹介する。それぞれのテーマの良さは以下の記事で語っているのでよければご覧いただきたい。

この2つのテーマはウィジェットでアドセンス広告管理ができる。

  • SANGO…「記事タイトル下広告」
  • STORK…「[広告]記事タイトル下」

ウィジェット内に「カスタムHTML」のウィジェットを設置してAdsense広告コードをコピペするだけで完了だ。

 

 

これで、ブログにリンクユニット広告が設置された。

広告ユニットが表示されない人は、表示までに数十分くらい時間がかかることがあるので少しだけ待ってみよう。

 

アドセンス広告ユニットの効果を計測しよう

リンク広告ユニットはブログで扱うテーマによって効果が違うので、設置してから数週間、しっかりとクリック数の確認を行おう。

私はアドセンスの計測をするときに、管理を簡単にするためにこんなことをしている。

  1. 広告タイトルに日付をいれる
  2. パフォーマンスレポートのメモに何を行ったか書き込む

「パフォーマンスレポート」から何を行ったかを把握できるようにすると、数週間後に効果を確かめるときに何をいつ行ったかを把握しやすいので試して貰いたい。

 

これでアドセンスリンク広告ユニットの設置は完了。

最後まで読んでいただきありがとうございました。あなたのアドセンス広告のクリック率が上がることを祈っています。

ヨメ

アドセンスについて役に立つ記事はまだまだあるよ!

参考:リンクユニットの例

 

5 Comments

ぬこ

マサオカさんはじめまして!
分かりやすい記事参考になりました。
質問させていただきたいのですが
マサオカさんのご使用されてます
Google関連コンテンツユニット広告のカスタムサイズを
教えていただけますでしょうか?

お忙しいところすみません
よろしくおねがい致します。

返信する
マサオカ

ぬこさんはじめまして!
コメントありがとうございます。
私が利用している「関連コンテンツユニット」はレスポンシブサイズを使っています。
(リンクユニットも同じくレスポンシブです。)

現在の考えでは、関連コンテンツはレスポンシブで問題ないと思っています。
お役にたちますでしょうか?宜しくお願いいたします。

返信する
長谷川

まさおかさん、はじめまして。
長谷川と言います。

リンクユニットについてお聞きしたいのですが、レスポンシブだとスマホでキチンと表示されないので横長の大で広告を取得後、カスタマイズしなければいけないと聞いたのですが、まさおかさんはリンクユニットをレスポンシブで使っていると書かれています。

スマホ表示で問題はありませんか?

ご教授よろしくお願いします。

返信する
マサオカ

長谷川さんはじめまして。
まさおかです。リンクユニットについてですが、私のサイトではそういった現象は全く起こっていないですね。
ご心配であればそのカスタマイズをするほうが良いかもしれませんが、SANGOではそのようなことが起こるとは聞いたことがありませんでした。

という感じですが、よかったでしょうか。コメントありがとうございました。

返信する

コメントを残す