実際に利用しているWordPressプラグインまとめ

WordPressプラグイン

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

WordPressのプラグインは、数えきれない程存在します。
沢山のブログで紹介はされていますが、自分の使っているテンプレートとの相性や
目指すブログが違う以上、全ての情報を鵜呑みにして全てのプラグインを入れていては
WordPressの読み込み速度も落ちてしまい、元も子もなくなってしまいます。
こちらでは、私が調べた上で、自分のWordPressに実際に導入しているプラグインを紹介します。
まあ、基本的にはプラグインを入れずに直打ちしていくのが一番なのですが。
時間も技術もないので、先人の教えを活用しましょう。

このページは随時更新していきます。

管理系プラグイン for WordPress

一つのプラグインで複数の効果があるもので、管理画面をより使いやすくするプラグインをまとめます。

All in One SEO Pack

WordPressで行う、SEO対策はこちらから行うようにしています。
メタタグやディスクリプションを記事ごとに設定することができるようになります。
Googleアナリティクスのトラッキングコードの埋め込みも可能な有能プラグイン。

Jetpack by WordPress.com

wordpress.comのアカウントとの連携で利用しています。
簡単なアクセス解析も、専用アプリや管理画面から確認が可能。

Google Analytics Dashboard for WP

ダッシュボードに、登録したGoogleAnalyticsでの測定結果を表示してくれます。
測定の度にAnalyticsにログインする必要がなく、WordPressにログインするだけでめんどくさがりな私には最適なプラグイン。
でも、細かな情報はAnalyticsから見た方がいいので頼りすぎないようにしたい所。

記事投稿系 for WordPress

記事投稿内容を最適化することで、ページ内の巡回の確率を向上させます。

Crayon Syntax Highlighter

ソースコードを記述する場合に、見やすく編集してくれるプラグインです。
< pre>< /pre>で囲んだ文字列を、そのままのテキストで表示してくれます。
ソースコードを書く必要がある場合にお薦めです。

Table of Contents Plus

投稿記事のHタグを検知して、自動で「目次」を生成してくれるプラグイン。
Wikipediaの目次を似せているのでしょうか。

WordPress Popular Posts

ブログ内の人気記事を表示させるプラグイン。
基本的にサイドバーに表示させることが目的です。

WordPress Related Posts

「関連する記事」を表示させるプラグイン。
デザインがオシャレでテーマも複数の中から選べるので、自分のテーマにあったものを選べます。

Newpost Catch

最新の投稿に、サムネイルをつけることのできるプラグイン。
投稿に設定されたアイキャッチ画像を、サムネイルとして出力します。

VK Post Author Display

記事投稿者の情報と、その投稿者が書いた最新記事を記事最下部へ表示するプラグイン。
投稿記事の巡回頻度を挙げてユーザー毎のページビューを増やすのに一役買っています。

WordpressプラグインVK Post Author Display

WordPressプラグインVK Post Author Display

保守系プラグイン

サイトの高速化や、保守にまつわるプラグインを纏めます。

Head Cleaner

ページのソースを最適化して、ページの読み込み速度をあげてくれます。
Google先生によると、ページの反応が0.5秒遅くなるとアクセス数が20%低下するそう。
そうならないように、良いコンテンツ(=記事)を揃えるだけでなく、サイト高速化も意識しましょう。

BackWPUp

データのBackupはあらゆるリスクに備えていく上で必要なものです。
Wordpressも例外ではありません。
Wordpressの場合、一番の資産はその書かれた「記事」、そして「テーマデザイン」です。
このプラグインは、WordpressのBackupを自動で、決められた日時に行ってくれます。
私の場合は、ファイルとデータベースに分けてBackupの頻度を変更しています。
ファイルは一週間に一回、3ヶ月分のデータを、日曜日の午前3時に
データベースは毎日、1ヶ月分のデータを、午前3時にとっています。
ファイルに含まれるデータは「メディアファイル、テーマ、プラグイン」
データベースに含まれるデータは「投稿記事、コメント、functions.phpの情報、カテゴリ等」です。

W3 Total Cache

キャッシュやサーバーの設定を行ってくれるプラグイン。
サイト表示速度を改善してくれます。
私のサイトで行った結果、こちらが一番効果があったと思っています。
キャッシュの扱いには注意が必要ですが。

EWWW Image Optimizer

アップロードした画像を圧縮してサイト表示速度を短縮してくれるプラグイン。
これを使うと、今までメディアにアップした画像を一括で圧縮してくれます。
更には、今後アップロードするメディアファイルは自動で圧縮してくれるのです。
サイトの表示速度については、以下のリンクを利用させて頂いております。

http://gtmetrix.com/
http://tools.pingdom.com/fpt/

Broken Link Checker

掲載しているリンク内に、エラーが無いかブログ内をチェックしてくれるプラグインです。
見つかった場合は、ダッシュボードで通知を行ってくれます。
メール通知にも対応。

その他 for WordPress

ジャンル分けできなかったものをまとめます

Akismet

コメントの中からスパムと思われるものを一旦保留にできます。

Contact Form 7

サイトにお問い合わせフォームを簡単作成できる人気のプラグインです。

PS Auto Sitemap

ユーザー用のサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

php関連(直打ち)

プラグインではありませんが、phpに書き込むことで動作させるものです。完全な備忘録。

記事毎の読了時間を表示する

所定のphp内に記述するだけで、Post(投稿記事)の読了時間を計算し、表示してくれます。
各投稿記事毎に表示させたい場合は、themesディレクトリの特定テーマディレクトリにあるsingle.phpの中から表示させたい位置に以下のコードを記述してください。

phpの格納箇所

コピペ

以上です。自身のサイトに追加するプラグインは、ここに随時更新していきます。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

興味のあるジャンルに絞って、執筆しています。 2012年から、色々なブログサービスを移設しながらブログを続けてきました。 移り気ですが興味のあるジャンルは偏ってまとまっています。 Apple製品について、仕事効率化について(ツール、思考術双方)、健康について、文具について。 職業上、Wordpressを扱っていますので、たまに備忘録として紹介もします。 愛読書は「ストレスフリーの整理術」 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 デビッド・アレン 二見書房 2008-12-24