映画 君の名は。 

thumbnail.jpg

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

君の名は。映画

映画を久しぶりにみました。

新海誠監督の「君の名は。」です

映画の評論をできるほどの人間ではありませんが、中々良かったので記録しておくことにします。

※ネタバレ含みます。

世界観

糸、繋ぐ、命。そんなテーマを感じました。

君の名は。最近では珍しい、やたらメディアに取り上げられ続ける映画です。

作画の美しさや、世界観が良かったとか、学生から大人まで楽しめるストーリーがいいだとか。

前評判は凄く良いものでした。

その中で私が惹かれたのはタイトル「君の名は。」

どういうストーリーでいくと、このタイトルに行き着くんだろうという興味でした。

作中歌

元々、この映画の劇中歌を手がけたアーティストRADWIMPSの、熱心なファンであります。

そのRADWIMPSが、初めて映画の主題歌を手がけた、ということで興味を持っていました。

君の名は?

タイトルと表紙絵、主題歌の歌詞から、多分学生の恋愛もの。

名前を知れない環境にある。

例えばタイムリープとか、絶対に出会うことが出来ない状況にある2人の物語だと予測していました。

良い具合に裏切ってくれました。

人格の入れ替わり+3年間のタイムラグが、物語をいい感じに展開していきます。

入れ替わり

ストーリーの主軸となるのは東京に住む普通の高校生、17歳の主人公「瀧くん」と、田舎に美人巫女さん、17歳のヒロイン「三葉」の人格の入れ替わり。

なんかよくある内容だなと思っていたのですが、ストーリーが進むにつれまさかの展開に進みます。

瀧くんと三葉の間には3年のタイムラグがあったのです。(劇中では最後の方にわかります。完全ネタバレ)

入れ替わり+タイムリープ(3年)

三葉側が、3年過去の人です。

だから携帯も通じません。

三年後に合うはずの瀧くんに、三年前の三葉が会いに行っても、瀧くんは三葉のことを知りません。

瀧くんはその三年後に三葉と出会うのですから。

その時に、知らない三葉から髪留めを貰っています。

三年後にそのことを薄っすらと覚えていましたが、その記憶はつながりません。

入れ替わった時の記憶はあいまいになり、最終的に忘れていくからのようです。

一週間に2〜3回のペースで、眠りに落ちることがトリガーになり入れ替わりが起こります。

その間は、お互いにスマホに残したメモを使って連絡を取り合います。

しかしある日、なんの前触れもなく三葉との入れ替わりが起こらなくなりました。

それを境に、2人の目線で進んでいたストーリーの展開が瀧くん目線のみとなります。

三葉と連絡が取れなくなったわけ

瀧くんは、メールを送っても、電話をしても通じない、出会ったことがないけれど、ある意味一番親しかった(自分と入れ替わっていた)彼女と原因を知ろうとしました。

自分が三葉と入れ替わっていた時の景色、風景を頼りに、探しにいきます。

そこで知った事実。

彼女が住んでいる筈の「糸守町」は、三年前の隕石の落下で壊滅していました。

隕石落下による死亡者のリストの中には三葉の名前が。

そこで、初めて三年前の三葉と入れ替わりをしていたことに気づきます。

そこから、もう一度の入れ替わりを行おうと瀧くんは奔走します。

三葉の身体で神社に奉納した三葉の半身であると言われる「口神酒(口噛み酒)」を思い出します。

これを身体に入れる(飲む)ことで、もう一度入れ替わりを祈る。

と。

はやく出会ってくれよ

この辺りから鳥肌が立ちまくってました。

「いつ、この2人は出会うんだろう。」

「はよ出会ってくれよ」

という視点で物語を見ていたので、三葉の死、時間の差など2人が出会えるはずがない現状がどんどん重なっていき、感情移入が進みかなり切ない気持ちになっていました。

口神酒の力で、隕石落下当日の朝にまで戻って入れ替わりが起きた後は、SFばりの未来改変を行う方向にストーリーの方向性が変わります。

そこでなんとか三葉は死ぬ運命を回避することが出来ました。

しかし、入れ替わりの副作用(?)で入れ替わっていたこと自体を忘れていってしまう。

瀧くんは、もはや三葉を探す旅に出たのか、という肝心なことも忘れてしまいます。

彼の中に残ったのは、「ずっと誰か、何かを探し続けている。」という感覚のみ。

それが何なのかわからない。

そんなまま5年が過ぎます。

5年?まじかよ。

そしてクライマックス。

最後に

「泣き所」はないですが、全体を通してとても楽しく見ることが出来ました。

これ大丈夫か?バッドエンドじゃないよな。

という不安と戦いながら観た珍しい映画でした。

映像、音楽、ストーリー、全てが楽しめる、何度見ても楽しめる映画でした。

小説も買ったので、読んで見ることにします。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

興味のあるジャンルに絞って、執筆しています。 2012年から、色々なブログサービスを移設しながらブログを続けてきました。 移り気ですが興味のあるジャンルは偏ってまとまっています。 Apple製品について、仕事効率化について(ツール、思考術双方)、健康について、文具について。 職業上、Wordpressを扱っていますので、たまに備忘録として紹介もします。 愛読書は「ストレスフリーの整理術」 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 デビッド・アレン 二見書房 2008-12-24