万年筆用一本挿しペンシース

thumbnail.jpg

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

万年筆をそのままペンケースに入れたくない

万年筆や、少し高いボールペンを購入して一番困るのが持ち運ぶ方法。

ロールペンケースや、手帳のペンホルダーに挿して持ち運んでいると気にならないのですが

ペンケースに入れてると文具同士が当たって細かな傷が付きそうな気がするのです。

自分が使いながらついていく傷は、歴史と割り切ることが出来るようになりましたが、ペン同士が当たってついた傷は納得出来ません。

そんな時に使えるのがペンシース。

これにペンを挿して、ペンケースに入れると傷がつきにくい。

そしてペンケースを分ける必要がない。

画像ではモンブランのボールペンを挿してます。

カンダミサコさんのレザーペンシースを購入しました。

合わせて、ロメオのペンシースも購入。

入れる万年筆はこちらで紹介したペリカンを予定

[万年筆]Pelikan souveran M400は普段利用の万年筆 | マサオカブログ WP

少し使ってみましょう。

Posted from SLPRO X for iPhone

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

興味のあるジャンルに絞って、執筆しています。 2012年から、色々なブログサービスを移設しながらブログを続けてきました。 移り気ですが興味のあるジャンルは偏ってまとまっています。 Apple製品について、仕事効率化について(ツール、思考術双方)、健康について、文具について。 職業上、Wordpressを扱っていますので、たまに備忘録として紹介もします。 愛読書は「ストレスフリーの整理術」 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 デビッド・アレン 二見書房 2008-12-24